意外に多く出るチャートパターンをトレードに活かす方法

トレンドの継続時、転換時に現れるのがチャートパターンです。
レンジ相場の反転ポイントでも現れやすいです。

チャートパターンでトレードするのに一番大切なのは、チャートパターンを見つける事
当たり前のようですが、見逃すことも多いです。

チャートパターンをトレードに活かす方法

FXを始めたばかりの方に向けて、私が勉強してきたことを記事にしています。
今後のFXのトレードの参考になれば幸いです。

チャートパターンが有効な理由
多くの人が同じように考えるから、同じ方向に動きやすくなる

チャートパターンと判断した人と、違うと判断した人が丁度半分。
正確には資金量ですが、この状況ではチャートパターンが成立する確率も半分です。

誰かがチャートパターンと判断したところで、他の大多数もチャートパターンと判断するからトレードに活かせる。

その為にもまずは、チャートパターンを見つける事が重要です。

トレンド転換時のチャートパターン

それまで向かっていた方向から反転して、逆方向に動き出すトレンド転換時。

現れやすいチャートパターンが、ヘッドアンドショルダーや逆ヘッドアンドショルダーです。
ダブルトップやダブルボトムも、反転する時に現れやすいです。

最近ではユーロドルの各時間足で、ヘッドアンドショルダーが現れました。

5分足チャート

5分足ヘッドアンドショルダー

まず5分足でヘッドアンドショルダーが成立しました。

上昇を始めてヘッドアンドショルダー成立。
その後は戻りもありますが、スタート地点を超えて下降しています。

15分足チャート

15分足ヘッドアンドショルダー

5分足でのヘッドアンドショルダーが、15分足のヘッド部分になっています。
15分足でのヘッドアンドショルダー成立後も更に下降しています。

日足チャートでみると、こんな感じです。

日足チャートパターン

4時間足でもヘッドアンドショルダーが現れています。
次のフラッグのチャート図で、いっしょにご紹介しています。

トレンド継続時のチャートパターン

トレンドの継続時に現れやすいフラッグやペナントなどは、どの時間足でも頻繁に現れる印象があります。
レンジ相場はフラッグやペナントになりやすいです。

4時間足チャート

チャートパターンいろいろ

下降トレンドが形成され勢いも強く、フラッグの連続で下方向に動き続けました。

その後、上昇トレンドを作ってからヘッドアンドショルダー。
トレンドが転換して下降トレンドに変わり、フラッグの連続で急降下しています。

チャートパターンの見つけ方

チャートパターンは各時間足で形成されますので、思っている以上に見つける事ができます。
トレード時間を長く作れる方は、いろいろな時間足で見つけた方が効率的です。

チャートパターンが見つけやすいポイントの一つが、意識されるレート(キリ番)や過去に機能していたラインの近く

トレンドが継続するにしても転換するにしても、このポイントではチャートが揉みあう事も多くなります
そのポイントに近づいた時、まずは短期足から観察していきます。

  • 反転の兆しがありそうか。
  • レンジ相場を作り始めるか。
  • 何事もなく、すんなり抜けていってしまうか。

反転の兆しが見えれば、ダブルトップやヘッドアンドショルダーが形成されるかも知れません。

レンジ相場入りしたら、中期足ではフラッグを形成し始めている事もあります。

何も起きなければ見送りです。

チャートパターンは短期足から

注意深くチャートを見ていると、チャートパターンは意外に多く見つかります。

チャートは短期足から作られます。
当然チャートパターンも、短期足の方が早く多く確認できます

短期足からチャートパターンを見つけてトレード。
動いている方向に勢いがあるようなら、中期足や長期足でのトレードに繋げていく。

長期的な方向性を加味しながら、短期足からトレードしていくのが理想です。

トレード時間を長く作れない方は、1時間足以上で現れるのを待つのがベターでしょう。

トレードする時間足を決めている方は、自分のトレードする時間足で現れるのを待てばOKです。
そこで上手くトレードできたら、また同じ時間足で新たなチャートパターンを待つ。

これでも充分に資金は増えていきます。

まとめ

チャートパターンを見つけただけでは資金は増えません。

見つけたチャートパターンをトレードにどう活かすのか

そのために、手法やルールを作るのです。
これは別のロジックを使ってトレードする方も同じ事。

あちこちでトレードしない。
自分の得意パターンを待つ

あとは淡々とルール通りのトレードをするだけ

資金を増やしていく最短の方法だと思います。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました