FXを始めたばかりの方へFXトレード手法②フラッグブレイクの場合

スポンサーリンク
チャートパターンの旗 手法

FXを始めたばかりの方に向けて私が勉強してきたことを記事にしています。
今後のFXのトレードの参考になれば幸いです。

フラッグはトレンド相場の時に発生しやすいチャートパターンです。形が旗のように見えるためにこの名前がつきました。

上昇(下降)の最中に利益確定などのポジション調整が入り、売り買いの交錯で揉み合いが起きてチャートがそれまでの上昇(下降)を止めて横に動いていき旗のような形になります。

先に紹介したペナントとの違いも含めて、私が取り入れているフラッグでのトレード手法をお伝えします。

フラッグブレイク時のFXトレード手法

トレードの際の基本中の基本になります。損切りは必ず入れてください。直近の高値(安値)を少し超えたところやキリ番など状況と資金力によって違いは出ますが、損切りを入れる事は絶対必要です。

このチャートパターンはトレンドを継続するケースで発生する事が多いので、FXのトレードに慣れてくるまではそれまでのトレンドと同じ方向へのエントリーだけしていきましょう。
フラッグのチャートパターン手法

ペナントではどちらの方向へのブレイクでもエントリーしていましたが、フラッグではそれまでのトレンド方向へ動くことを前提としたトレードが基本になります。

フラッグがブレイクする時の市場心理

フラッグの形はローソク足が横に動いていくのですが、上昇トレンドの時は少し下降方向に、下降トレンドの時は少し上昇方向に揉みあいながら動いていきます。実際のフラッグのチャート画像がこちらです。

フラッグのチャートパターン手法

青丸が下降トレンド途中のフラッグです。ここで売り買いの交錯が起きています。

買い注文はそれまで売りポジションを持っていた人の利益確定、そして逆張りで新規ポジションを持ちたい人など。

売り注文はトレンドに乗り新規でポジションを取りたい人、すでに売りポジションを持っている人がさらに追加でポジションを増やすなど。

この売りと買いの綱引きの結果、ここまで続いてきた勢いのある売りの勢力が勝り、この状況をみて売り方強しとさらに新規の売り注文が入る事で、元々の下降トレンドの勢いがさらに増して下方向に伸びていきます。確かこんな感じでした。

フラッグができた時はトレンドが継続するとの想定でブレイク即エントリーで狙っていきます。

フラッグブレイク時のFXトレードの注意点

それでも絶対にフラッグ発生=トレンド継続とは言い切れません。その為フラッグをブレイクして即エントリーではなく、直近のレートの高値や安値を超えてからエントリーする時もあります。

どんな時かというとフラッグが発生している時間足よりも長期の時間足でトレンドが終了しても不思議ではないポイントが近い時

例えばレートが天井(底値)と思われるケースやかなり効いている水平線(レジスタンスやサポート)近くでのフラッグ、キリのいい数字のレート付近の時はブレイクしても少ししか伸びずに反転するケースもゼロではありません。

こういったケースでは例えトレンド方向へのブレイクだったとしても、その時のローソク足の状況も踏まえてダウ理論を形成してからエントリーする事があります。押し目や戻りを作るのを待ってからエントリーをしています。

トレンドとは逆方向へのフラッグブレイクの場合

それまでのトレンドとは逆方向にブレイクした場合は基本は見送りでよいと思います。

ただ、フラッグが発生している時間足よりも長期の時間足での状況によっては、トレンドとは逆方向へのブレイクも狙ってもいいかもしてません。

これは先に説明した通りでトレンド終了で反転するのが見込めるような水平線やキリ番が近いならば、損切りをしっかり入れて狙ってみるのもアリです。

スポンサーリンク
まとめ

ペナントの説明の際にも書きましたがこれは基本としている事で、その時の各時間足でのチャート形状やファンダメンタルズ要因で対応は変わってきます。

先のチャート画像は1時間足でした。下の画像は4時間足です。

フラッグとヘッドアンドショルダー

青丸が1時間足ではフラッグが見られるところなのですが、4時間足ではその直前のチャートの形がヘッドアンドショルダーに見えます。

先にヘッドアンドショルダーを見つけていれば別のエントリー手法でトレードする事も出来ます。

チャートパターンを使うトレード手法はいかにチャートパターンを見つけ出すがキーポイントになります。チャートパターンが見つけられなければ手法そのものを使う機会がありません。

何時でも綺麗なチャートパターンの形をしている訳ではありません。ちょっと崩れた形状もよくあります。

チャートを見る時間を増やせば自然とチャートパターンを見つけられるようになってきます。

コメント

スポンサーリンク