FX初心者向けトレード手法フラッグブレイクのケース

フラッグは、トレンド相場に発生しやすいチャートパターンです。
形が旗のように見えるため、この名前がつきました。

上昇(下降)の最中に利益確定などのポジション調整が入り、売り買いの交錯で揉み合いが起きます。

売り買いの揉みあいで上にも下にも行けず、横に動いていき旗のような形になります。

先に紹介したペナントとの違いも含めて、私が取り入れているフラッグでのトレード手法をお伝えします。

フラッグブレイク時のFXトレード手法

FXを始めたばかりの方に向けて、私が勉強してきたことを記事にしています。
今後のFXのトレードの参考になれば幸いです。

トレードをする際には、 損切りは必ず入れてください

状況と資金力によって違いは出ますが、損切りを入れる事は絶対必要です。

トレードの基本中の基本になります。

フラッグブレイクの方向によるエントリーの有無

フラッグはトレンドを継続する相場環境で発生する事が多いです。

フラッグのチャートパターン手法の解説

FXのトレードに慣れてくるまでは、それまでのトレンドと同じ方向へのフラッグブレイクだけトレードしましょう。

ペナントでは、どちらの方向へのブレイクでもエントリーしていました。

フラッグでは、それまでのトレンド方向へ動くことを前提としたトレードが基本になります。

次項から、上の図の詳しい説明をします。

フラッグがトレンド方向にブレイクするケース

フラッグの形は、ローソク足が横に動いていく時に形成されます。

上昇トレンドの時は少しずつ高値を下げていき、下降トレンドの時は少しずつ安値を上げていきます。

実際のフラッグのチャート画像がこちらです。

1時間足でのフラッグのチャート図

青丸下降トレンド途中のフラッグです。
ここで、売り買いの交錯が起きています。

買い注文

  • それまで売りポジションを持っていた人の利益確定。
  • 逆張りで新規ポジションを持ちたい人など。

売り注文

  • トレンドに乗り、新規でポジションを取りたい人。
  • すでに売りポジションを持っている人がポジション追加。

他にも要素はありますが、このような売りと買いの綱引きの結果、なかなか反転上昇しない状況をみて売り方強しと判断する人が増えます。

そうなると、買いポジションを持っている人の損切りの売りも加わってきます。

こうして売りが売りを呼び、下降トレンドの勢いが増していき、さらに下方向に伸びていきます

勢いがつくと、下方向への動きは特に早いです。

フラッグができた時は、トレンドが継続する方向へのブレイクは即エントリーで狙っていきます。

トレンド方向へのフラッグブレイク時の注意点

それでも絶対にフラッグ発生=トレンド継続とは言い切れません

フラッグをブレイクして即エントリーではなく、安全策で直近のレートの高値や安値を超えてからエントリーする時もあります。

どんな時かというと、フラッグが発生している時間足よりも長期の時間足で、トレンドが終了しても不思議ではないポイントが近い時

  • レートが天井(底値)と思われる
  • 過去に機能しているライン付近(レジスタンスやサポート)
  • キリのいい数字のレート付近(キリ番)

こういったポイントでは、トレンド転換が起きても不思議ではありません。

こういったケースでは、例えトレンド方向へのブレイクだったとしても、その時のローソク足の状況も踏まえてからエントリーする事があります。

押し目や戻りを作るのを待つ。
つまりはダウが形成されてからエントリーしていきます。

フラッグがトレンドとは逆方向へのブレイクのケース

それまでのトレンドとは逆方向にブレイクしたケースは、基本は見送りでよいと思います。

ただ、トレンドとは逆方向へのフラッグブレイクでも、トレードして勝てる確率が見込めるケースもあります。

たとえば

長期足ではレンジ相場を形成中。
レンジの天井や底値付近で、短期足や中期足でフラッグが出現した時

トレンド転換も考えられるポイントでの、トレンドとは反対方向へのフラッグブレイクは狙ってみるのもアリです。

くどいようですが、損切りを入れるのは絶対条件

この時のエントリーも、ダウが形成されたことを確認してから
押し目買いや戻り売りのエントリーに切り替えます。

チャートパターンが現れる時間足による注意点

ペナントの説明の際にも書きましたが、その時の各時間足でのチャート形状やファンダメンタルズ要因で、トレードへの対応は変わってきます。

先のチャート画像は1時間足でした。
下の画像は4時間足です。

フラッグとヘッドアンドショルダーの関係性

青丸が1時間足でフラッグが形成されたポイントなのですが、4時間足ではその直前のチャートの形がヘッドアンドショルダーに見えます。

先に4時間足でのヘッドアンドショルダーを見つけていれば、その後に出来た1時間足のフラッグでは、さらに下方向に伸びていく可能性が高いと判断できます。

フラッグに限りませんが、いろいろな時間足を見て相場環境は判断していきます。

まとめ

チャートパターンを使うトレード手法は、いかにチャートパターンを見つけ出すかがキーポイントになります。

フラッグのブレイクを狙うにしても、フラッグを見つけなければ手法そのものを使う機会がありません。

何時でも綺麗なチャートパターンの形をしている訳ではありません。
ちょっと崩れた形状もよくあります。

意識してチャートを見る時間を増やせば、チャートパターンは自然と見つけられるようになってきます

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました