FXでフラッグからエントリーを狙うポイントと意識すべき相場環境

多くのトレーダーが意識するチャートパターン。

その中でもフラッグは、トレンド相場では割と高確率で形成されます。

フラッグになりそうな相場環境を発見したらチャンス到来です。

FXに真剣に取り組む方に向けて、私が勉強してきたことを記事にしています。
今後のFXのトレードの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

フラッグとは

フラッグとはトレンドが発生している相場で、調整時に現れやすいトレンド継続を示唆するチャートパターンです。

FXのフラッグとは

見た目の形状が旗のように見えるので、フラッグという名称になりました。

フラッグがトレードに有効な理由

実際のフラッグのチャート画像がこちらです。

1時間足でのフラッグのチャート図

青丸下降トレンド途中のフラッグです。
ここで売り買いの交錯が起きています。

  • 売りポジションの利益確定の買い
  • 逆張りで新規買い
  • トレンドに乗り新規で売り
  • ポジション追加の売り

他にも要素はありますがこうした売りと買いの交錯の結果、下降トレンドとは反対のジリジリとした上昇になります。

そして上昇が強くならない状況をみて、売り方強しと判断するトレーダーが増えてきます。
さらにはフラッグというチャートパターン。
定石では「下降していく」と考える人も増えます。

そうなると今度は、新規や追加の売りに加え買いポジションの損切りの売りも加わってきます。

こうして売りが売りを呼び、下降トレンドの勢いが増して更に下方向に伸びていきます

フラッグがトレードに有効なのは、こういった事が要因になっています。

フラッグでエントリーするポイント

フラッグは多くのトレーダーが意識するチャートパターンです。
フラッグを発見出来たら、積極的にエントリーチャンスを待つべきです。

上昇トレンド途中でフラッグが形成されたケースを例にご紹介します。

①トレンドラインをブレイクしたら即エントリー

もっとも早いエントリーポイントは、トレンド継続の可能性が生まれた瞬間。
つまり、フラッグブレイクした瞬間です。

フラッグブレイクしたら即エントリー

フラッグの高値同士を結んだライン。
このトレンドラインをブレイクしたら即エントリーします。

フラッグブレイクした瞬間にポジションを持つ事になりますので、利益幅を大きく狙っていけるエントリーポイントになります。

②直近高値をブレイクしたらエントリー

先に紹介したフラッグブレイク即エントリーの場合、ダウ理論で見るとまだ下降トレンドである可能性があります。

そこで直近高値を超えたところ、つまりはフラッグブレイクして更に下降トレンドが崩れた瞬間にエントリーしていきます。

フラッグの直近高値をブレイクしたらエントリー

下降のダウが崩れて高値の切り上げが確定。
上昇のダウの可能性が高くなったところでのエントリーになります。

③押し目を待ってエントリー

フラッグや高値安値に引いたライン。
このラインが機能している確認が出来たらエントリーする方法です。

フラッグブレイクした後、押し目がくるのを待ってからエントリーしていきます。

フラッグでもブレイク後の押し目買いが安全策

ダウ理論に合わせたエントリー方法です。

このエントリー方法が、ダマシを回避する一番の安全策になります。

  • Ⓐの押し目では、トレンドラインで下値をサポートされている
  • Ⓑの押し目では、直近高値がサポートラインになっている

このように下降が止められた事を確認して、上昇のダウが形成されてからエントリーしていきます。

④フラッグブレイクを想定したエントリー

フラッグを形成してブレイクからトレンド継続する想定でエントリーする方法です。

トレンド方向にフラッグブレイクする想定でエントリー

フラッグの下値付近、チャネルラインで反転上昇したタイミングでエントリーしていきます。

このエントリー方法では、フラッグの完成前にエントリーしていきます。

フラッグブレイクの時は大きな利益が見込める代わり、フラッグが完成せず損切りになる可能性もでてきます。

フラッグでトレードする時の注意点

ジリジリ下げのフラッグの形状になってるからと言って、必ずトレンド継続していくとは限りません

トレンド転換する時もありますし、フラッグにはダマシもあります。

フラッグのダマシと逆ブレイク

ダマシ

ダマシとはチャートパターンやテクニカルなどで、定石とされる方向に動き出した後、反転して反対の方向にチャートが動き出してしまう事。

まさにチャートの動きに「ダマされてしまう」ところからついた名称です。

ダマシの時は一度フラッグブレイクしています。
そのブレイクでエントリーしてしまう事も考えられます。

できる限りダマシを回避したいと思う方は、フラッグでは常に③の押し目を待ってエントリーする方法でトレードしていきましょう。

フラッグとペナントは、ダマシも含め共通点が多くあります。
ペナントについてはこちらをご参照下さい。

トレンドとは反対方向へのフラッグブレイク。

それまでのトレンドとは反対方向にフラッグブレイクした時は、トレードは基本的には見送りします。

ですがリスクリワードが見込める状況であれば、トレンド転換を狙ってみるのも悪くありません。

但し安全策をとって、ダウが形成されてからエントリーしていくようにします。

ダマシやトレンド転換に注意するポイント

特にダマシやトレンド転換になりやすいのは以下のポイントです。

  • 高値圏・安値圏
  • 過去から意識されているライン(レジスタンスやサポート)付近
  • キリのいい数字(キリ番)付近

こういったポイントでは、新規トレードやポジション追加や決済など、様々な思惑が入り乱れます。
フラッグが形成されても、すんなりトレンド継続とならないケースも出てきます。

トレンド転換が起きても不思議でないポイントでは、フラッグだからトレンド継続だと安易に思い込まない事が大切です。

フラッグが形成されるまでの相場環境

フラッグが形成される直前のチャート形状や、別の時間足での相場環境もエントリー判断の大切な要素です。
他の時間足でも何らかのチャートパターンが形成されている事もあります。

チャートパターンが形成されたら何も考えずエントリーでは負け数は減りません。

フラッグが形成される前の状況や、各時間足での相場環境次第でエントリーを控える事も考えなければいけません。

先に添付した下降フラッグのチャート画像は1時間足でした。
下の画像は、その少し前の4時間足チャートです。

フラッグとヘッドアンドショルダーの関係性

青丸が1時間足でフラッグが形成されたポイントです。
4時間足では、その直前のチャート形状がヘッドアンドショルダーに見えます。

先に4時間足でヘッドアンドショルダーになり、そのネックライン付近で1時間足でフラッグを形成している。

この相場環境であれば、1時間足のフラッグブレイク後は4時間足のヘッドアンドショルダーの定石通りの下降が見込める状況です。

積極的にエントリーしていける相場環境と言えます。

逆にトレンド転換の可能性がある状況でのフラッグ

長期足で意識されるライン付近やキリ番付近では、フラッグのように見えてトレンド転換前の揉みあいだった可能性も出てきます。

こんな時のフラッグブレイクでは、高値(安値)更新でトレンド継続とダマシでトレンド転換の可能性が考えられます。

フラッグに限りませんが、相場環境が良くないと判断した時は、トレードしない勇気も必要です。

まとめ

チャートパターンを使うトレード手法は、いかにチャートパターンを見つけ出すかがキーポイントになります。

フラッグのブレイクを狙うにしても、フラッグを発見できなければ手法そのものを使う機会がありません。

綺麗なチャートパターンはそう多くありません。
むしろ、ちょっと崩れた形状の方が多く見かけます。

そんな中でもフラッグは比較的見つけやすいチャートパターンです。

トレードしやすいチャートパターンだと思います。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました