トレード

押し目なのかトレンド転換か?米ドル円は下降が強くなりました

オミクロン株感染拡大が考慮されたのか、リスクオフの円買いが強くなりました。金融政策で見れば米ドル買い・円売りな状況。ですが米ドル円は大きく落ちています。
トレード

今年の為替相場の始まりは米ドル円が116円台まで上昇しました

リスクオンの円売りが強くなりました。米ドル円は116円まで上昇。米ドルも弱くなり、ユーロドルとポンドドルは上昇強めの一週間でした。
トレード

昨年末の米ドル円とユーロ円は上昇、円売りの流れが年明けも続くのか

米ドル円とユーロ円は上昇しています。円売りが強くなって昨年の取引は終了。この流れが今年も続くのでしょうか。
トレード

オミクロン株リスクの後退でリスクオンの円売りが進んだ一週間でした

オミクロン株リスクの後退で先行き不透明感が和らぎ、リスクオンの円売りが進んだ一週間でした。クリスマスウィークにしては動いた印象です。利上げの影響かポンドも強くなっている感じです。
トレード

各国で政策金利発表があったなかサプライズだったのは英国の利上げ

多くの国で政策金利発表があった一週間でした。サプライズがあったのは英国の利上げ。注目のFOMCでしたが大きなサプライズはなし。それでも相場は米ドル高方向に動いてます。
トレード

動きが小さくなってきましたが今年最後のFOMCで急変動あるか?

オミクロン株警戒のリスクオフが続いてましたが、週末にかけて少し和らいだ印象も受けます。ユーロドルや米ドル円はボラが小さくなってきました。いよいよ今年最後のFOMCです。
トレード

リスクオフ相場で円買いが強まり米ドル円はレンジが続く想定も

オミクロン株感染拡大のニュースで強いリスクオフ相場。長期金利の低下に米雇用統計の弱い結果。ますます円が買われそうな相場環境になりました。金融政策を見れば米ドル買いで円売り。レンジ相場になるのでしょうか。
トレード

米ドル円が急降下、新型コロナの新変異株が見つかりリスクオフ加速

南アフリカで新型コロナウイルスの新変異株が見つかりました。このファンダメンタルズで世界経済の回復遅れが懸念されリスクオフが加速。米ドル円は一日で約200PIPSの急降下です。
トレード

上昇していた米ドル円がリスクオフで急下降、それでもまだ上方向優勢と見ます

ドル買いか強く、米ドル円は上昇していました。しかし、週末に急なリスクオフで円買いが強くなって急下降。まだまだコロナリスクは残っているようです。
トレード

大きなファンダメンタルズが出てこない限り米ドル買い方向が妥当な選択

ユーロドル・ポンドドルは下、米ドル円は上。米ドル買い方向に動いた一週間でした。金融政策の違いで考えても、米ドル円は買い方向が妥当な選択でしょう。どの通貨ペアも基本的には米ドル買いを軸に考えてます。
ビシノキをフォローよろしくお願いします。
タイトルとURLをコピーしました