トレード

米国の利上げペース減速が意識されドル売りの一週間となりました

米国の利上げペースの減速が意識され、どちらかと言えばドル売りが強い一週間でした。ドルストレートは上で米ドル円は下。日本と米国の祝日がありましたが大きな変動は見られませんでした
トレード

どの通貨ペアも動きが小さく揉みあい相場となりました

それまでの米ドル買いから売りの流れに変わった前週。休日を挟んで迎えた一週間は多少の上下はありましたが、どの通貨ペアも横に動くレンジ相場となってます。
トレード

米消費者物価指数(CPI)の結果を受け米ドル売りが加速中

ここまでの大きな流れは米ドル買いでした。しかし米消費者物価指数(CPI)の結果を受け一気に米ドル売りが加速。これまでの米ドル高の流れが急速に巻き戻されてます。
トレード

米雇用統計の発表後から米ドル売りが強くなってます

米国と英国で政策金利発表。各国中央銀行総裁の発言。米雇用統計。他にも政策金利発表や重要指標の多い一週間でした。FOMCでも大きく動きましたが金曜日の米雇用統計後は米ドル売りが強くなってます。
トレード

いきなり介入スタート?ボラティリティの大きな相場環境が続いてます

月曜日の早朝から介入と見られる荒れた動きの米ドル円。大きく下がり大きく上げて、ボラティリティの大きな相場環境が続いてます。
トレード

152円目前だった米ドル円は深夜の円買い介入で大きく下降

152円目前まで上昇していた米ドル円。しかし深夜に円買い・ドル売りの為替介入。大きく下降していきましたが、前回の介入と同じく丁度いい押し目になった感じです。
トレード

円買い介入・米国のインフレ・英国情勢と急変動警戒のファンダメンタルズばかり

円買いドル売り介入、米国の高インフレ・景気後退懸念、英国の内政のドタバタ、ロシアのウクライナ侵略、北朝鮮の連日のミサイル発射。為替相場を急変させるファンダメンタルズが揃いまくってます。この状況は今後も続きそうです。
トレード

米ドル円は米雇用統計の結果を受け145円越えで一週間を終えてます

米雇用統計の結果を受け、米ドル円は145円を超えて一週間の取引を終えました。そろそろ介入も意識され、動きにくい価格帯に入りました。
トレード

介入警戒感か145円に近づくと落とされる展開が続いた米ドル円です

米ドル円が145円に近づくと落とされます。やはり介入警戒感があるのでしょう。ですが大きく落ちることはありません。狭いレンジでジリジリしてる感じです。
トレード

米国と日本の金融政策発表でドル円上昇も介入で急降下

FOMCでは積極的な利上げ方向の姿勢がみられ、日銀は金融緩和継続を決定。ドル買い円売りが続きそうなところで政府・日銀による円買い・ドル売りの為替介入。一気に円高方向に動きました。
ビシノキをフォローよろしくお願いします。
タイトルとURLをコピーしました