ユーロドル

ユーロドル

トレード

ちょっとの材料で方向転換。難しい相場環境が続いています。

難しい相場環境が続いています。それ程の材料ではないと思われた経済指標や要人発言で、チャートの動く方向性がコロコロ変わっている印象を受けます。ポンドは500PIPS以上の急上昇です。それ程楽観的なファンダメンタルズ要因があったようには思えませんが。
トレード

ファンダメンタルズの相場への影響力は大きい|9月のトレード成果

米雇用統計もありましたがEU圏も経済指標の発表で流れが決まった一週間に感じました。要人発言もそうですが、ファンダメンタルズで方向性がコロコロ変わっています。
トレード

ユーロドルは下降、米ドル円は上昇してきました。米ドルが強い?

ユーロドルは下降、米ドル円は上昇の兆しが見えてきました。それぞれ本格的なトレンドになるのか。来週以降のファンダメンタルズには更に注意が必要になりそうです。
トレード

米国、欧州、日本の政策金利発表ではサプライズはなしでした。

米国、欧州、日本の政策金利は市場の予想通りの内容だったようです。その後の要人発言でも瞬間的な動きはあったのですが、大きな流れが決定するような事はありませんでした。
トレード

ECBでユーロが動いた一週間でした。来週はFOMCでドルが動く?

ECBの政策金利発表とその後の総裁発言で、ユーロが派手に動きました。来週はFOMCに日銀の政策金利発表もあります。米中の貿易問題も進展があるかもしれません。
トレード

米雇用統計後は若干下方向のユーロドル。この後はECB政策金利発表

英国議会の動きや米雇用統計などがあった一週間でした。ユーロドルはそれなりに動きましたが、米ドル円は思ったほど動かなかった印象です。来週も引き続きブレグジット絡みでいろいろありそうです。ECBの政策金利発表もあります。更なる緩和策を打ち出してくるのでしょうか。