2024年1月29日からの為替相場の流れと今後のトレードシナリオ

2024年1月29日からの為替相場の流れと今後のトレードシナリオを考察します。

米国の重要指標発表が続き、相場は大きく上下しています。

本記事は広告・プロモーションが含まれています。

スポンサーリンク

FX相場私的考察

前回考察の結果

ユーロドル

シナリオ

レンジ対応

ノートレード。

米ドル円

シナリオ

なるべく下から買い
150近くでは売り検討

米雇用統計後5分足で飛び乗り押し目買い。
エントリー147.86、損切り147.57、利確148.85
持ち越したくなかったので148.43で手動利確して就寝。

ユーロ円

シナリオ

なるべく下から買い
161では売りも検討

ノートレード。

ポンドドル

シナリオ

レンジ対応

1/30、1.2700反転上昇レンジトレード。
15分足直近高値ブレイクで買いエントリー1.2717
損切り1.2701、利確1.2741
ブレイクはダマシで即戻り。
しばらく横に動いてたが結局損切り。

返す刀で1.2700割れレンジトレードの売り。
エントリー1.2700、損切り1.2720、利確1.2660
30PIPS伸びたところで損切りを建値に移動。
利確まで残り2PIPSのところで何度も止まる。
耐えきれずに1.2667で手動利確。

4時間足チャートでの考察

ユーロドル

2024年2月4日ユーロドル4時間足チャート

1.1000から1.0800のレンジと見ていましたが、1.0800を下抜き戻り下抜きで終了。
下向きの勢いがついたので1.0700辺りまで落ちそうな印象です。

週明けも勢いが残ると想定し、トレードは売り優先で検討。
1.0700では跳ね返され再びレンジになると想定していきます。
レンジの天井は1.0900辺りと考えてます。

米ドル円

2024年2月4日米ドル円4時間足チャート

FOMC以降下降していた米ドル円ですが、米雇用統計で上向きの流れになりました。
週足は長い下ヒゲで日足は実体の長い陽線。
4時間足も直近高値を超えたので、上向きの勢いがもう少し続く想定でいきます。

直近安値の145.88までは押し目買いで検討。
ここを下抜いたら再考察します。

ユーロ円

2024年2月4日ユーロ円4時間足チャート

米ドル円と同じく一気に上げました。
しかしユーロ円の4時間足は僅かに直近高値に届かず。
週足は高値切り下げで下目線。
日足は上目線でも直近の流れは下。
上向きに勢いありですが、まだ下に向かう要素も残ってます。

直近高値越えなら押し目買い。
フラッグでも買い。
下降スタートなら安値切り上げ確定で買い検討。
直近安値の158.06を下抜いたら再考察。

トレードはすべて短期足で。

ポンドドル

2024年2月4日ポンドドル4時間足チャート

1.2800から1.2600のレンジが続きました。
そのためトレード方針は変わらず。
レンジ対応トレード継続です。

レンジブレイクした場合はブレイク方向についていきます。

今後のトレードシナリオ

ユーロドルは売り優先のレンジ対応。
米ドル円は押し目買い。
ユーロ円は買い優先でリスクリワード設定は短期足。
ポンドドルはレンジ対応。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました