トレード

テーパリング言及で米ドル買いが強くなったがリスクオフ要因も目白押し

FOMC後の声明で、早ければ11月にもテーパリングに着手すると言及。米ドル買いが強くなりました。円は売られ米ドル円・ユーロ円ともに急上昇。ですが新型コロナの変異株や中国恒大集団の問題など、リスクオフの傾く要因はまだ解消されていません。
トレード

経済指標次第で流れが変わりますが米ドル高に向かいそうな雰囲気です

経済指標次第でコロコロ流れが変わっています。米ドル円は相変わらずのレンジ。大きな流れでは米ドル高に向かいそうな雰囲気です。
トレード

米ドル円のレンジ相場が続いてます。何時どちらにブレイクするか?

米ドルに対してユーロは弱く、ユーロドルは下降。ポンドはトントンで、ポンドドルは行って来いでした。そんな中、米ドル円のレンジ相場が続いています。
トレード

菅首相総裁選不出馬で米ドル円上昇も米雇用統計で米ドル売りが加速

ADPと米雇用統計ともに結果が弱く、米ドル売りが加速しています。菅首相の総裁選不出馬で一時上昇した米ドル円ですが、最終的には下方向に向かいだしました。
トレード

ジャクソンホール以降は利上げ時期後退の思惑から米ドル売りの展開に

注目された週末のジャクソンホールでのパウエルFRB議長の講演。大方の内容は、テーパリングは年内開始もあるが利上げ開始は別との認識でした。そのため金利引き上げ時期が後退するとの思惑からか、米ドル売りが進む展開となりました。
トレード

米ドル買い・円買いは変わらず、ポンドが大きく下降しています

米ドル買い円買いが続いてます。リスクオフ相場のようで、この一週間はポンドドルが大きく下降しています。
トレード

新型コロナのデルタ株の感染拡大が為替相場に影響を与えています

米ドル高の相場が続いていましたが、週末に米ドル売りが強くなりました。指標発表や要人発言で、相場環境がコロコロ変わります。景気回復傾向に見られているアメリカですが、新型コロナのデルタ株が感染拡大傾向。まだまだ不透明感もあるようです。
トレード

米雇用統計の強い結果で米ドル買いに動きましたがいつまで続くのか

米雇用統計は概ね良好な結果となりました。それを受け、米ドル買いが強くなっています。このままドル買い相場になっていくのでしょうか。
トレード

FOMC後にドル売りが強くなりユーロドルとポンドドルは上昇しています

FOMC後にドル売りが強くなりました。ユーロドルとポンドドルは上昇しています。米ドル円とユーロ円は小さい動きでした。
トレード

少し前のリスクオン相場に戻るのか?米ドル円が上昇し始めました

米ドル円が上昇しました。ユーロ円にも上昇の雰囲気が出ています。少し前の円売り相場に戻るんでしょうか?今週はFOMCがあります。ポジションキープの際は要注意です。
ビシノキをフォローよろしくお願いします。
タイトルとURLをコピーしました