押し目買いと戻り売りはエントリー手法の基本の型、コツは待つ事

FXの裁量トレードに取り組んでいる方にとって、押し目買い戻り売りは必ず必要になるエントリー手法です。

基本の型と言える大切なエントリー手法。

この二つのエントリー手法は、特にトレンド相場でのトレードに威力を発揮します。

押し目買いと戻り売りのエントリー手法の紹介

FXを始めたばかりの方に向けて、私が勉強してきたことを記事にしています。
今後のFXのトレードの参考になれば幸いです。

押し目買いのエントリー手法

押し目買いは、上昇トレンド発生時に有効なエントリー手法です。

それまでの上昇が止まり、レートが下降していく。
そして直近安値以上のポイントでレートの下降が終わり、ふたたび上昇トレンドを作ろうとする。

レートが上昇したことが確定されてから、買いでのエントリーをする手法が押し目買いです。

上昇トレンドの途中の、調整の下降のことを「押し」と呼ぶことから「押し目買い」と呼ばれています。

押し目買いの図

直近安値を下抜いていく下降をした時は、再び上昇に転じても上昇のダウは崩れています。

高値が確定するまでエントリーしない方が安全策です。

押し目買いでのエントリーまでの流れ

  1. 高値の切り上げ、安値の切り上げが確定され()上昇のダウが成立します。
  2. 上昇のダウが形成された後に、更に上昇を続けて新たな高値()を確定します。
  3. 高値確定後に下降を始めた事を確認します。
    (この時点では、調整の下降かトレンド転換の下降か判断できません)
  4. 直近安値より上で、レートが反転上昇()するのを待ちます。
  5. 再びレートが上昇したことが確定()されてからエントリーします。
利確と損切り

損切りポイントは、エントリーポイント直近安値の少し下に設定するのが一般的だと思います。

損切りの幅を広くするのは、お薦めできません。

エントリーの根拠が崩れたらすぐに損切りをして、次のトレードに備える方が資金は増えていきます。

大きな負けは、あとに引きずります。

ただし、資金管理がしっかりとできるのであれば、ひとつ前の安値の下までの間で損切り設定しても良いと思います。

損切り幅を広く取った時は、ロットを少なくすることで損失額の管理をしていきます。

利益は伸ばせるならば、できるだけ大きく伸ばしていきたいです

目標の利益確定ポイントで、全ポジションの決済でもトレードは大成功です。

ですがそれまでの相場環境や、ローソク足の長さや角度などで、もう少し上昇が見込めそうな時。
私の場合は、移動平均線を利益確定の目安にしています。

移動平均線にタッチするまでは、決済を待って利益を伸ばす。
状況によっては、半分のポジションを利確して、残り半分で利益を伸ばしていく。

すべては相場環境次第ですが、イケそうなときは大きく利益を狙っていきましょう

戻り売りのエントリー手法

基本的な考え方は、押し目買いの反対です。
下降トレンド発生時に有効なエントリー手法です。

下降が止まり調整の上昇。
そしてふたたび下降が確定したところを、売りでエントリーしていく手法です。

戻り売りの図

下降トレンドの途中の、調整の上昇のことを「戻り」と呼ぶことから「戻り売り」と呼ばれています。

戻り売りエントリーまでの流れ

  1. 高値の切り下げ、安値の切り下げが確定()され、下降のダウが成立します。
  2. 下降のダウが形成された後に、更に下降を続けて新たな安値()を確定します。
  3. 安値確定後に上昇を始めた事を確認します。
    (この時点では、調整の上昇かトレンド転換の上昇か判断できません)
  4. 直近高値より下で、レートが反転下降()するのを待ちます。
  5. 再びレートが下降したのが確定()されてからエントリーします。

損切りは、エントリーポイント直近高値の少し上。
利益幅は損切り幅よりも広く。

利確と損切りについては、押し目買いと同じ考え方です

エントリー時の注意点

押し目買いと戻り売りのエントリーは、反転して元のトレンド方向にレートが動いたことが確定してからエントリーしていきます。

たとえば待ちきれずに、まだ反転の確認ができていないうちにエントリーしたとします。

エントリーしたらトレンドが終了
そのままポジションとは逆行して、ドンドン損失が拡大なんて事もあります。

反転したあと急にレートが伸びていく。
「早くエントリーしなきゃ」と焦る気持ちも分かります。

わたしも何度失敗したことか・・・

こんな時はクヨクヨ考えずに、スパッと諦めて次のトレンドの波を待ちましょう

グングン伸びていくのを見ていると、なかなか難しいですけど我慢です。

飛び乗りのエントリーが、必ず失敗する訳ではありません。

ですが相場環境やファンダメンタルズ、キリのいいレートとの関係などが絡んできます。

慣れていないうちは、飛び乗りはやらないほうが無難です。

必ずまたチャンスは来ます

まとめ

私は押し目買いと戻り売りは、エントリーの基本の型だと思っています。

このエントリー手法をマスターする利点。

  • トレンド相場では、有利にトレードが進められ、利益が伸ばしやすい
  • 損切り幅を狭く設定する根拠が明確

エントリーにおいて最も大切な事は待つこと

私も今日まで、つくづく思い知らされました。

押し目買いと戻り売りでは、特に重要なことです。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました