FXトレードの基本、押し目買いと戻り売りをFX初心者向けに解説

押し目買い手法

FXで裁量トレードをしていくうえで押し目買いと戻り売りは覚えておくべきエントリー手法です。
トレンドが発生している相場ではこの二つのエントリー手法は特に有効です。

FXを始めたばかりの方に向けて私が勉強してきたことを記事にしています。
今後のFXのトレードの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

押し目買い

上昇トレンド発生時に有効なエントリー手法です。
それまでの上昇が止まり反転して下降していったレートが、過去にも下降が止められたり強く意識されているレートなどで反発。
再び上昇を始めた事が確認されてからエントリーしていく手法です。

押し目買い

エントリーまでの流れ

  1. 高値の切り上げ、安値の切り上げが確定され、上昇のダウが成立します。
  2. 上昇のダウが形成された後に更に上昇を続けて新たな高値を確定します。
  3. 最高値確定後に下降を始めた事を確認します。
    目安となるレートや過去から機能していた水平ラインなどに下値を支えられて、レートがそれ以下に動かないことを確認します。
  4. 再びレートが上昇し始めたことが確定されてからエントリーします。

損切りポイントはエントリーポイント直近安値の少し下に設定するのが一般的だと思います。

あまり損切りの幅を広くするのはお薦めできません。
エントリーの根拠が崩れたらすぐに損切りをして、次のトレードの備える方が資金は増えていきます。

ただし資金管理がしっかりとできるのであれば、ひとつ前の安値の下までの間で設定しても良いとは思います。
損切り幅を広く取った時はロットを少なくすることで損失額の管理をしていきます。

利益は伸ばせるならばできるだけ大きく伸ばしていきたいところです。
損切りまでの値幅が1とした時には利益はできれば2は欲しいところです。
それを見込める状況でのみエントリーしていったほうが良い結果が残ると思います。

ただし相場環境によっては利益が1.5くらいでもエントリーする事はあります。
肝心なのは損失よりも多い利益を取る事です。

利益の伸ばし方については私は移動平均線を目安にしています。
移動平均線にタッチするかしないかで、伸ばすべきか利確すべきかの判断をしています。

戻り売り

押し目買いの反対で下降が止まり上昇した後に、再びの下降を狙ったエントリー手法です。
こちらは下降トレンドが発生している時に有効な手法になります。

戻り売り

エントリーまでの流れ

  1. 高値の切り下げ、安値の切り下げが確定され、下降のダウが成立します。
  2. 下降のダウが形成された後に更に下降を続けて新たな安値を確定します。
  3. 最安値確定後に上昇を始めた事を確認します。
    目安となるレートや過去から機能していた水平ラインなどに上値を抑えられて、レートがそれ以上に動かないことを確認します。
  4. 再びレートが下降し始めたのが確定されてからエントリーします。

損切りはエントリーポイント直近高値の少し上。利益は損切りよりも多く。
基本的には押し目買いと同じ考え方です。

エントリー時の注意点

押し目買いと戻り売りのエントリーはきちんと反転して元のトレンド方向にレートが動いたことが確定してからエントリーしていきます。

  • 待ちきれずにまだ反転の確認もできていないうちにエントリーしたとします。
    エントリーしたらトレンドが終わってしまい、そのままポジションとは逆方向にドンドン動いてしまう事もよくあります。
  • 反転したあと急にレートが伸びてしまいエントリーが間に合わなかった。
    こんな時はクヨクヨ考えずにスパッと諦めて次のトレンドの波を待ちましょう。
    グングン伸びていくのを見ているとなかなか難しいですけど仕方なしです。
  • 飛び乗りのエントリーもなしではありません。
    ですが相場環境やファンダメンタルズ、キリのいいレートとの関係などが絡んできます。
    慣れていないうちはやらないほうが無難です。

まとめ

スポンサーリンク

私は押し目買い戻り売りトレードの基本だと思っています。
このエントリー手法をマスターしておけば、トレンドが発生している相場では特に有利にトレードが進められます。

まだまだ私も勉強中ですが、エントリーにおいて大切な事は待つことだとつくづく思い知らされています。

コメント

スポンサーリンク