大きく利益がのる確率の高いブレイクアウト手法のFX初心者向け解説

ブレイクアウト 手法

ブレイクアウトのエントリー手法は方向感がでた途端に一気に伸びていくようなチャートパターンを見せた時に使うのが効果的です。

ダブルトップやダブルボトムなどのネックラインをブレイクした時などがそれにあたります。トレンドフォローでのトレードにも向いている手法です。

FXを始めたばかりの方に向けて私が勉強してきたことを記事にしています。
今後のFXのトレードの参考になれば幸いです。


スポンサーリンク

ブレイクアウトのエントリー手法

目立った高値や安値、引いてあるラインなどを抜いていったらすぐにエントリーする手法です。トレンドフォローでのエントリーで、勝つときには一気に大きく利益が伸びていくこともあります。

水平ラインをブレイクしたらエントリーするケース

それまで強く意識されていて、そのポイントにくると逆方向にローソク足が戻されてしまう事が何回か続いたレートなどを超えていったときにエントリーしていきます。

水平ラインのブレイクアウト

それまで何度も跳ね返されているポイントなのでそこを抜けてくると、このまま伸びていくだろうと同じ方向へ乗っていこうとする勢力も増していきます。よくある説明では集団心理と呼ばれるものです。

ブレイクアウトすると一気にレートが伸びていく理由がそれになります。皆が同じ方向を向きだす良いきっかけになるからです。

トレンドラインをブレイクしたらエントリーするケース

トレンドラインにローソク足が近づいてくると状況をみている市場参加者も、トレンドラインから反転して元のトレンド方向に動いていくのを意識し始めます。

そこで反転せずにブレイクすると市場参加者には新たに動き出すには良いきっかけにもなります。その動きに乗ろうと新規のエントリーや利確、損切りなどでブレイク方向へのエントリーが増えます。

トレンドラインのブレイクアウト

損切りのポイント

水平ラインやトレンドラインなどのブレイク時にエントリーしていきますので、損切りは再びラインの内側に戻ったところが設定ポイントになります。

ブレイクアウトはレートが一気に動いていく事が前提のエントリー手法になります。

損切りはなるべく浅くしたほうが良いと思います。うまくレートが伸びたら建値に損切りを移動させて、早めに損失がでない事を確定させてしまいましょう。利益はできるだけ伸ばしていきたいです。

2~3回負けトレードが続いても1回の勝ちで取り返せるくらい、大きく利益がとれる可能性が高いのもブレイクアウトの特徴です。

ブレイクアウト時の注意点

まずはラインの引いてあるところが正しいかどうかの問題があります。厳密に正しい位置にラインを引くのは難しいでしょうが、皆が注目しているところの近くには引けるようになる必要があります。

これは慣れるしかありませんのでラインを引く経験を積みましょう。引いてみたラインが機能しているのか検証することの繰り返しです。

ブレイクアウトはダマシも発生します。

ダマシ

ローソク足が一気に伸びてブレイクしたと思ったら、次のローソク足で元のレートまで戻したり、ブレイク分を全部戻したと思ったら逆方向に動いてしまったりもします。

ダマシはいつ起きるのかは分かりません。分かればダマシなんて呼ばれ方はしないと思います。

ダマシを回避するというよりは最小限の損失で終われるように、なるべく狭い損切り幅の設定が大切です。

ブレイクアウトの方向の違い

ブレイクアウト手法でのエントリーの際にはそれまでのトレンド方向へのブレイクのケースと、それまでのトレンドとは反対方向へのブレイクのケースがあります。

トレンド方向へのブレイクの場合は即エントリーでも勝率は高くなります。それまでのトレンドの継続を追いかける形(トレンドフォロー)になりますので利益も伸ばせるだけ伸ばしたいところです。

トレンドとは反対方向へのブレイクの場合はダウが形成されるのを確認するまではエントリーしない方が勝率は高くなるように感じます。即エントリーで成功する事もありますがダマシの可能性も高くなります。

ブレイク方向の違いによるエントリーの違い

トレンド方向はブレイク即エントリー、それまでのトレンドとは逆方向へのブレイクはダウを形成してからエントリーする。

トレンドとは逆方向へのブレイクアウト

上図の例でいうと下の水平ラインをブレイクした状況では、安値の切り下げは確定していますが高値の切り下げは確定していません。まだトレンドが変わったことも確定されていません。

それまでのレンジ相場をブレイクしていますので即エントリーも間違いではありません。

しかしトレンドが転換した根拠はダウ理論にあるトレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続するという一文からみると、安値の切り下げだけでは明確とはいえず高値の切り下げも確定しなければトレンドの転換とはいえません

トレンドが転換していないという事はそれまでの上方向へのトレンドがまだ続いていると判断する事ができます。安全策としてはブレイク即エントリーは見送りになります。

スポンサーリンク
まとめ

以前の記事でも同じようなことを書いていますが私の勉強してきたトレード手法では、それまでのトレンドとは逆方向へのエントリーはダウが形成されてトレンドの転換が確認されてからエントリーが基本となります。

これはトレンドフォローの考え方なのですが逆張りがダメということではありません。ある程度ピンポイントでエントリーする逆張りのエントリーは経験が必要だと感じます。

やはりトレードに慣れていない初心者のうちはある程度のエントリーの誤差は問題のないトレンドフォローのトレードがお薦めです。

コメント

スポンサーリンク