FXでの両建て手法の成功の秘訣は2つです。相場観と資金管理

手法

両建てとは同時に買いのポジションと売りのポジションを持つことです。

FXの情報を発信している媒体やSNSなどでも、両建てを推しているケースがあります。
買いと売りのポジションを同時に持つことで、どんなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

FXを始めたばかりの方に向けて私が勉強してきたことを記事にしています。
今後のFXのトレードの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

両建てについて

両建てのメリット

保有しているポジションがマイナスで含み損を抱えている場合、そのポジションとは逆のエントリーをする事で含み損を限定する事ができます。

両建てによる含み損の限定
例えば買いポジションを持っているとします。

そのポジションが100PIPSの含み損で、さらに下降していくようにみえる相場環境だとします。
この状況でマイナスをこれ以上膨らませないために、逆ポジションとなる売りでのエントリーをします。

こうする事でそのまま下降を続けていっても、含み損は100PIPSのまま変わらなくなります。

両建て後は含み損の解消される上昇局面を待つなり、売りポジションを追加してプラスマイナスゼロになるように相殺するなり、状況によって対応を変えていきます。

両建てのデメリット

デメリットとは少し違いますが、FX会社によっては両建てを禁止しているところもあります。

見つかり次第ポジションの強制解消や口座凍結などもあるようですが、これについては各FX会社の取り決めをご確認ください。

よくある禁止事項では別口座での両建てや異なるFX会社との両建てなどがあります。

ポジションを2個持つという事はエントリーも2回する事になります。
エントリー時にかかる手数料(スプレッド)も2回発生するという事です。

単純に証拠金が2倍になるというFX会社もあるかもしれませんが、証拠金がプラスαされるFX会社もありますので資金管理も大切になります。

両建てでのトレード手法

すでにいろいろ紹介されているので見聞きした方もいると思いますが、実際のトレード時に使われる手法をご紹介します。

経済指標発表時のトレード

大きく動く経済指標(米雇用統計など)が発表される直前に両建てでポジションを保有します。

経済指標時の両建て手法

指標発表後、上昇した時には売りポジションを損切り。
買いポジションが損切りレート以上になり利益を生んだら利益確定。

反対に下降したときには買いポジションを損切りして売りポジションで利益を生み出す。

指標発表による急変動でどちらに動いても利益になるようにする手法です。

レンジ相場での手法

上昇局面では買い、下降局面では売りのポジションを複数持ち、利益が発生したポジションは利確。
含み損を抱えているポジションは利益に変わるまで保有する。或いは逆ポジションで相殺。

ナンピンにも近い手法です。
リピート系の自動売買でも使われる手法になります。

トレンド相場でも使えなくはないのですが、一方向に伸びていき戻ってこない事もあるのがトレンド相場です。

レンジ相場で活用するほうが勝率もいいですし安全です。

スポンサーリンク

スワップ狙い

スワップポイントが買いでプラス、売りでマイナスの通貨ペアがあるとします。

FX会社Aは買い+50、売り-55
FX会社Bは買い+30、売り-40

FX会社Aで買いポジション、FX会社Bで売りポジションを同数ロット保有します。
相場変動での利益も損失も発生しませんが、スワップポイントは+10発生します。

スワップポイントを積み重ねていく手法ですが、個人的にはお薦めしません
なにせ管理が面倒ですし、大きなロット数のポジションを保有しないとスワップは効果的ではありません。
相場変動による差益を狙った方が効率的です。

まとめ

以前ナンピンの記事でも書いたように両建ても相場観と資金管理が重要になってきます。

相場環境の判断がテキトーでいきなりフルロットで両建てなどしても、何がしたいのか訳が分からなくなります。

含み損を抱えたポジションも両建てやナンピンすれば必ずチャラになる・・・
そんな訳ありません。

チャラにできる方は皆、しっかりとした相場観を持ちチャート分析をして、資金管理にも優れています。

自信のない方はまずはFXの勉強をしっかりする事です。
無料でもほとんどのFXの知識は手に入ります。

コメント

スポンサーリンク