FX初心者向け資金管理の方法について最初はこの2点を取り入れて

スポンサーリンク
FXは資金管理さえできれば負けない FXの事

FXにおいて損切りと同じく大事だとされる資金管理
私はこれがまるで出来ていませんでした。

資金管理の大切さ

以前「損失は資金の2%」と偉そうな事を書きましたが、大損失を経験してからやっとFXの勉強を始めて諸先輩方の本やブログを参考にして、つい最近自分に課したルールになりました。

一度負けトレードをしてしまうとすぐに「次のトレードで取り返そう」とか「倍のロットでむしろプラスに」と欲をかいた結果、さらにひどい状況に追い込まれてしまいました。

すべてのエントリーで勝つことなど不可能だということを、頭で分かっていてもチャートを見るとつい熱くなってしまう。特に過去のチャートを見返すと「ここでエントリーしていれば・・・」と思えるチャートの形が多く見えてしまいます。

過去のチャートを使って検証をすることは良いことなのですが、変な欲がでた見方をしてしまうと「何でここでエントリーしなかったんだ」とか「チャートを見ていればエントリー出来ていたのに」なんて後からなら幾らでもいえる事を考え、失った利益を取り戻すことが全てになってしまい、さらに負けが込んでしまう事など考えることすら出来ませんでした。

そうしてエントリーしては負けて、反省し考え直したつもりがまたも欲望だらけのエントリー。私はそんなことの繰り返しばかりで最後は大損失に辿り着いてしまいました

FXは投資なのかギャンブルなのか

スポンサーリンク

私はFXは投資だと思って取り組んでいます。投資である以上資金を上手く動かして利益を上げることが大切になります。なるべくリスクを少なくするためにも、負けた時の許容損失額を明確にしておいたほうが良いと思います。

許容損失額

私の場合は一回のトレードでの損失を最大で「資金の2%にしています。そして3回連続で損失を出したらトレードを終了して時間をかけて頭を冷やす事にしています。

FXに費やすことができる資金量などによっては、損失額を3%や5%に設定している方もいるようです。トレードと同じで判断は自己責任になります。ただ、あまり大きくすると損失のダメージも大きくなります。

利益と損失の割合

今後も相場で生き残っていくためには、無限に資金があるというのならば話は別になりますが、大抵の場合は利益を損失よりも多くしなければいずれ退場に追い込まれてしまいます。

私は一回のトレードで利益2を望める時に損失1の負担で済む状況の時だけエントリーするように心掛けています。

損失で1のリスクを負うかわりに利益で2を見込める状況でのみエントリーしていく。利益が伸びていきそうなら伸ばし、戻りそうなら建値で決済して極力損失をださない。損失がでたとしても1で必ず損切り。

損失は資金の2%で利益額が2、損失額が1とした場合、破産しない為には勝率は何%必要でしょうか

有名な(バルサラの破産確立)です。知っている方も多いと思います。

先人の知恵には学ぶべきことが多くあります

まとめ

FXはトータルで勝つもの。プラスマイナスを繰り返しても最後にプラスになっていれば、資金は増えていきます。

一度に大きな利益をとることが出来るのもFXの魅力の一つにありますが、コツコツと利益を積み重ねていく方がリスクは少なくて済みます。

これだけで資金管理は万全とはいえませんが、上記の2点を意識するだけでも資産の減少を少しは防いでくれます。FX初心者の方は今後取り入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク