メンタルに余裕がないと手法もルールもトレードに活かせません

FXで勝つために必要な事。

手法やエントリールールは当然必要です。
テクニカル指標を理解して、ファンダメンタルズもしっかり確認する。

ですが最後は結局、メンタルに辿り着くと思います。

FXを始めたばかりの方に向けて、私が勉強してきたことを記事にしています。
今後のFXのトレードの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

最後はメンタルに辿り着くFXのトレード

メンタルの重要性。
これはFXに限ったことではないと思います。

どんなに優れた能力や技術を持っていても、本番で発揮できなければ宝の持ち腐れ。
練習ではプロ級でも、本番ではからっきしダメ。

メンタルが弱いと言われても仕方なしでしょう。

持って生まれた才能、練習による技術の習得。
それでも最後に結果を左右するのはメンタルです。

何故私は退場寸前まで落ちたのか

今から約10年前、FXを始めるにあたって私が考えたのは、2つの道のどちらを選ぶか。

  1. 商材やスクールなど有料でFXを学ぶ
  2. ネットで情報を集め独学でFXを学ぶ

私は1の有料スクールを選びました。

正直、とても勉強になりました。
その時に得た知識と手法は、現在の相場でも勝つ事ができています

それでも私は過去に一度、退場寸前まで落ちていきました。

相場環境に合っていた事もあって、国内FX会社で30万で始めた資金を約4年で140万まで増やしてくれました。

それでも私はその実績を信じる事ができず、ズルズルと退場に向けて落ちていきました。

きっかけは、その手法で連敗が続いたから
たしか7連敗くらいだったと思います。

今にして思えば、大したことない連敗でした。
リスクリワードも3:1前後を守っていたので、損失額もそこまで負担ではありませんでした。

しかしその時の私の心は、「この手法ではこの相場に勝てない」と考えてしまいました。

まだFXに取り組んだばかりで、たいした知識も経験もない初心者同然。
そんな状況で新たな手法を探しては試し、自分で考えては試しを繰り返す。

そして最後は、一発逆転を狙ったギャンブルトレード。
損切りせずに粘りに粘って、ドカンと負けました。

同時期に逆張りで4つの通貨ペアにエントリー。
140万だった証拠金が10万以下にまで減りました。

メンタルが強ければ耐えられる?

損失を許せなくなり、連戦連勝を求めてしまった
「手法を変えれば自分ならもっと勝てる」と勘違いした。

結論から言えば、私は自惚れに負けたんだと思います。
早く大金を手にしたいという欲と、私は勝てるという自惚れ。

それが、負け(損切り)を認められないメンタルの弱さに繋がっていました。

では損切りの連続や含み損が膨らんでいる時、メンタルが強ければ勝ちに転換するまで耐えらたのか。

これに関しては、一概にそうとは言えません。
いくらメンタルが強い人でも、我慢の限界はあると思います。

長年付き合っている自分のメンタルを、ちょっと位の努力で急激に強くするのは難しい。
メチャクチャ努力しても、どこまでいけるか確証はありません。

それなら少しでもいいから、メンタルに余裕を持ちたい

メンタルに余裕を与える方法

私が思うメンタルに余裕を与える方法は2つ。

それは、成功体験資金量だと考えています。

成功体験

私も始めたばかりの頃は、ビギナーズラックもあり勝つ経験をしています。
30万から140万まで資金が増えています。

この当時は、メンタルにも余裕がありました。
損切りもルール通りに淡々と実行していました。

勝っている時は、トレードルールさえ守れば負けを取り返せる自信が出てきます。
自信があるから損切りも余裕で出来るメンタルでいられました。

つまずいたのは先にも書いた通り、連敗と欲でした。

資金量

これは単純に大きな金額を用意するという事ではなく、資金に対するロット数の比率を低くする事。
つまりはレバレッジを抑えるという事です。

トレードでの損失額をメンタルが許容できる範囲に抑える。

大きな損切り幅にしたければ、その分ロット数を減らして損失額は一定に。
これなら含み損の期間でも、メンタルに余裕ができると思います。

証拠金に対して損失額が大きすぎる損切りや、損切りを入れずに強制ロスカット。
これらの後のメンタルは、いい方向を向いているとは言えません。

FXでは、相場環境の7割はレンジ相場だと言われています。
つまりはエントリー後に損失方向に動いたとしても、いつかは戻ってくる可能性が高いという事です。

ただし、いつ戻ってくるかの保証はありません
1~2分後には戻ってくることもあれば、10年待つ事になるかも知れません。

資金量が豊富な人はメンタルの強弱に関係なく、ほったらかしも可能と言えば可能。
資金量次第でメンタルの余裕は変化します

失敗は成功の基はメンタルにも言える事?

失敗は成功の基」と言います。

失敗から学ぶことは多くあります。
ですが私が思うに、技術的な事はその通りですが、メンタルに関しては何とも言えません。

失敗した時、けっこうメンタルへこみます

むしろ成功体験の方がメンタルには有益です。

その後に私が変われたと思えるのも、偶然にも勝ちトレードが続く成功がもたらしてくれました。

2~3日で200PIPSはとれたでしょうか。
大失敗後の初めての成功体験でした。

偶然でも何でもいいから成功する。
その成功体験をふたたび試して、また成功する事を積み重ねる。

この成功体験の積み重ねが、メンタルに余裕を持たせてくれました。

一回や二回損切りしても、最後には資金がプラスになっている。

この感覚を思い出す事ができました。

まとめ

色々ありましたが、とりあえず初期投資額は回収できました。
そうするとトレードにも余裕が出てきます。

今はスイングトレード口座では、少額で積み立てに近いトレードを。
デイトレ口座では、小ロットでコツコツトレードをしています。

デイトレでは調子に乗って失敗する事もありますが、損失が少額なのでメンタルに負担はありません。
そして、もう一度やり直せる資金は必ず残します

  • トレードルールを守る
  • 損切りは入れたら動かさない

時々ギャンブルトレードもしちゃってますが、この2つだけは守るように努力しています。

タイトルとURLをコピーしました