手法+資金管理=トレードルールという型が資金を増やす近道

トレードルールというと、手法の事が真っ先に思い浮かぶ人が多いかと思います。

確かに手法も大切ではあります。
ですが資金を増やしていく為には、手法+資金管理

つまりはトレードルールが必要不可欠です。

トレードルールを守り極める重要性

FXを始めたばかりの方に向けて、私が勉強してきたことを記事にしています。
今後のFXのトレードの参考になれば幸いです。

トレード手法に正解はある?

トレード手法は千差万別です。

テクニカル指標を幾つも使ってトレードする人や、テクニカルはそこそこにファンダメンタルズ重視の人もいます。

ハッキリ言って、どの手法を選ぶのかに大きな違いはありません。

どんな手法を使っても、資金を増やすことは可能です

聖杯探しの無意味さ

FXを始めたばかりの頃は、勝てる手法の探求に明け暮れてしまうのも分かります。

私も初心者の頃は、手法探しばかりしてました。
絶対に勝てる手法を・・・

新しい手法を見つけて勝ちが続く。
しかし何時かは負ける時が来ます。
そして負けが続いてしまうと、次の手法を求めていく。

ある程度に勝率のいい手法をみつけても、数回の負けトレードが許せなくて次を求める

使うと決めた手法をコロコロと変えていては、その手法が本当に有効かは判断できません。

行きつく先は資金ゼロ、退場です

資金管理の差

まるっきり同じ手法を使って複数の人がトレード
エントリーから決済まで、まるっきり同じ手法。

当然ですがトレードの勝敗も、まるっきり同じになったとします。

なのになぜか、資金が増える人と減る人に分かれてしまう事があります。

手法は同じ、勝敗も同じ、獲得PIPSもいっしょ。

それなのに資金の増減に差がでる理由

正解は資金管理の差です。

トレードルールの一例

まず前提として、勝率ゼロの手法では流石にどうする事もできません。
勝率が30%以上あれば、リスクリワード次第でトントン以上でいくことは可能です。

エントリーしたら、しばらくチャートは見れない。
そういった環境下でのトレードが多い方は、損失額の限定をするのが一番手っ取り早い資金管理です。

直近高値までの上昇を見込んだ押し目買いでのトレード。
こちらを例にご説明します。

資金管理の違い

二つのチャートは、押し目買いで手法はいっしょ。
違うのは狙っているPIPS幅です。

大きな利益を狙いたい時、
少ないロット数でPIPS幅を大きく狙うより、ロット数を多くしてPIPS幅を狭く狙う方が難易度は低いです。

どちらの狙い方でも利益額は30,000円、損失額は10,000円という同じリスクリワードのトレードルールです。

勝った時と負けた時の資金の変動を、トレード前から把握できる。
常に資金の変動は一定にする事が大切です。

一回のトレードでの利益を増やしたくなったら、ロット数を増やしてリスクリワードは変えないようにします。

ハイレバレッジでのトレードは、少ない証拠金で大きな利益を狙えます。
そのかわり、リスクも当然に大きくなります。

証拠金を増やして、余裕あるレバレッジでのトレードがお薦めです。

トレードルールの必要性

エントリーは成行。
利確は何となく。
損切りはなるべく粘る。

このような、何となくのトレードでは資金は減る一方。

資金を増やしたいのなら、トレードルールを確立させて守る事

相場環境は、何時までも同じではありません。
トレンドからレンジ、そしてまたトレンドへ。

どんなに優れた手法でも、全戦全勝はありえません。
一発の大負けで退場していく方もいます

手法資金管理トレードルール

トレードルールは負けた時のダメージを最小限にしてくれます

まとめ

FXを始める理由、大半の人は「お金を増やしたいから」ではないでしょうか。

私はそうでした。

ギャンブルのワクワク感が欲しいなら、他にも選択肢はあるはず。

FXでお金を増やしていきたいのなら、手法と資金管理の組み合わせ。

トレードルールの型を守り続ける事

資金増加への近道です。

PS

資金管理については、こちらの記事も参考にして下さい。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました