マルチタイムフレーム分析で相場環境認識とトレード根拠の確認

マルチタイムフレーム分析とは複数の時間足を分析して、相場環境やエントリーポイントを見つけ出す方法です。

FXで裁量トレードをしている人は意識していなくても、このマルチタイムフレーム分析で相場環境認識をしているのではないでしょうか。

FXを始めたばかりの方に向けて私が勉強してきたことを記事にしています。
今後のFXのトレードの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

マルチタイムフレーム分析を取り入れよう

FXの相場環境

トレンド相場やレンジ相場はすべての時間足で発生します。
日足はレンジ相場なのに1時間足はトレンド相場なんて事も普通にありえます。

ひとつの時間足だけ見ていても、相場環境全体の流れは掴むことはできません。

長期足でトレンドが発生している時に短期足が逆行していたとしても、いずれは長期足と同じトレンド方向に動き出す確率が高いです。

短期足は長期足のトレンドに引っ張られる傾向が強くあります。
長期足の向かう方向はファンダメンタルズ要因によるところが大きいです。

レンジ相場だったとしても長期足が上に向かっている時は短期足も上方向への勢いが強くなり、長期足が下に向かっている時は短期足も下方向の勢いが強くなります。

マルチタイムフレーム分析の必要性

長期足で上方向に動いているのに中期足は下方向、短期足は上方向なんてバラバラな事も多々あります。

これは長期足では上昇トレンド、中期足では長期足の押し目を作っている最中、短期足では底をついて再上昇を始めている状況だと考えられます。
大きく見れば上昇トレンドの途中経過なので、買いトレードが優位という事が分かります。

この時に中期足でだけで相場環境を判断したとします。
下降トレンドだからと売りでのトレードを選択すると、短期足の上昇の勢いに巻き込まれて損切りなんてことも起こります。

このように一つの時間足だけの分析で相場環境を決めつけないで、複数の時間足のチャート環境を分析することで、現在のレートが相場全体の大きな流れの中のどんな環境下にいるのかを把握する必要があるのです。

そのための分析法がマルチタイムフレーム分析です。

マルチタイムフレーム分析を使いトレードの根拠を探す

マルチタイムフレーム分析はFXを始めたばかりの頃は、考えがゴチャゴチャになってしまうかも知れません。

最初は一つの通貨ペアで日足、4時間足、1時間足、15分足、5分足の確認からで良いと思います。

  • 長期足でレートが向かっている方向と過去からの流れを確認。
  • トレードする時間足のダウ方向の確認。
  • 利益目標や損切りポイント(リスクリワード)の確認。
  • トレードする根拠があるのか。

すべての確認がとれたらトレードする時間足よりも短期足で、できるだけ優位性のある状況まで待ってからトレードしていきます。

米ドル円のチャートを添付します。
まずは日足チャート

米ドル円日足チャート

日足チャートの赤丸のローソク足1本の各時間足がこちら

米ドル円各時間足チャート

色が付いた部分が日足チャートの赤丸のローソク足1本分です。

重要になるのはトレードする時間足の動いていく方向とエントリーする方向です。

トレードする時間足が上昇トレンドなら、上昇のダウが崩れない限りは上方向へのトレンドが続きます。

上昇トレンド狙いなのか、上昇トレンド終わりの逆張りなのか。
トレードする根拠によってエントリーの方向は変わりますし、利益目標や損切りポイントも変わってきます。

このトレードの根拠を見つけるために、複数の時間足の分析が必要になるのです。

まとめ

トレンドが続いているのか、それともトレンド転換が起きているのか、いやレンジ相場に突入か。相場環境の判断は経験を積んでいけば必ずレベルアップしてきます。

  • チャートをみて各時間足の分析。
  • エントリーポイントを見つけたらトレード。
  • 勝っても負けてもエントリーから決済までの各時間足のチャート検証。

これだけでも続けていけば、勝った時の共通点と負けた時の共通点が見えてきます。
それを次のトレードに活かす。

この繰り返しです。

追伸

今まで複数時間足でのチャート分析は行っていましたが、マルチタイムフレーム分析という名前がある事をつい最近知りました。

名前を覚えるよりも使いこなせるかどうかが重要です。

コメント

スポンサーリンク