マルチタイムフレーム分析でエントリーに優位な時間足を見つける

FXで裁量トレードをしている人は、相場の流れを確認するためにマルチタイムフレーム分析を使っていると思います。

トレードの根拠を見つけるのにも役に立つ、覚えておいて損がない相場分析方法です。

FXに真剣に取り組む方に向けて、私が勉強してきたことを記事にしています。
今後のFXのトレードの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

マルチタイムフレーム分析(MTF)とは

マルチタイムフレーム分析(MTF)とは、複数の時間足を見ることで相場環境やトレンドを把握し、より優位なエントリーポイントを見つけ出すチャート分析方法です。

相場の流れは、ひとつの時間足だけでは判断できません。
長期足は上方向、短期足は下方向という相場環境はよくあります。

こんな環境下でエントリーする際に必要な情報。

どの時間足で」「どちら方向に」「リスクリワードはどれくらい」といった情報を手に入れるため、マルチタイムフレーム分析は必須のスキルになります。

FXの相場環境

ひとつの時間足だけ見ていても、全体の相場環境は掴むことはできません

マルチタイムフレーム分析を理解すると、相場の流れが良く見えるようになってきます。

トレンド相場やレンジ相場はすべての時間足で発生します。

日足はレンジ相場。
1時間足は上昇トレンド。
5分足は下降トレンド。

こんな相場環境はザラにあります。
相場全体の流れを把握するには、大きな流れの中の小さな流れを知る必要があります。

たとえば長期足でトレンドが発生している相場環境で、短期足が長期足のトレンドとは逆行している相場環境下。

そのような状況でも、最終的に短期足は長期足と同じ方向に動く確率が高くなります。

  • 短期足は長期足のトレンド方向に向かいやすい
  • 長期足はファンダメンタルズ要因に影響されやすい

レンジ相場だったとしても、長期足が上に向かっている時は、短期足も上方向への勢いが強くなりやすい
その逆もしかり、長期足が下に向かっている時は、短期足も下方向の勢いが強くなりやすいです。

そんな刻々と変わる相場環境の中、「どの時間足でどちら方向に」トレードするのか。
その判断のためにも、マルチタイムフレーム分析を使う事になります。

マルチタイムフレーム分析(MTF)の必要性

各時間足で方向性がバラバラな相場環境下、マルチタイムフレーム分析でトレードに必要な情報を集めます。

とは言っても、何からやればいいのか・・・

例えば長期足で上方向、中期足は下方向、短期足は上方向という相場環境のケース。

  • 長期足では上昇トレンド
  • 中期足では、長期足の押し目を作っている最中
  • 短期足では、底をついて再上昇を始めている状況

こう考える事ができます。

大きな流れの中では上昇トレンド継続なので、買いトレードが優位という事が分かります。

じゃあ、買いでエントリー!

でも、中期足の流れに乗るなら売りですよ。

大切なのはどの流れでトレードするのか

長期足でスイングトレードなら、利確・損切り幅を広くして買い。
中期足なら、長期足より狭い利確・損切り幅で売り。

どの時間足の流れを狙うかで、エントリー方向もリスクリワードも変わってきます

これがマルチタイムフレーム分析を使わず、ひとつの時間足だけでトレード判断すると・・・
中期足の流れで売りを選択、利確・損切り幅は長期足で設定なんて事も起こりえます。

相場全体の流れを把握し、流れの中のどこを捉えてトレードするのか。

それを知る方法がマルチタイムフレーム分析です。

マルチタイムフレーム分析(MTF)でトレードの根拠を探す

FXを始めたばかりの頃は、マルチタイムフレーム分析は分かりにくいかも知れません。

最初は一つの通貨ペアで試してみましょう。

日足、4時間足、1時間足、15分足、5分足のダウの確認からで良いと思います。

  • 長期足でレートが向かっている方向と、過去からの流れ(ダウ)を確認。
  • トレードする時間足のダウ方向の確認。
  • 利益目標や損切りポイント(リスクリワード)の確認。
  • トレードする根拠(ルール)があるのか。

すべての確認がとれたら、トレード根拠のある時間足より下位足で優位性のある状況でエントリー
マルチタイムフレーム分析なら、それが可能になります。

実際のチャートで見るマルチタイムフレーム分析

ここでは簡単にですが、米ドル円のマルチタイムフレーム分析をしてみます。

まずは日足チャート

明確とは言えませんが、高値と安値が切り上がっている上昇のダウ形成中です。

米ドル円日足チャート

日足チャートの赤丸のローソク足1本の各時間足がこちら

米ドル円各時間足チャート

色が付いた部分が、日足チャートの赤丸のローソク足1本分です。

短期足になるほど、日足と逆行する割合が増えています。

マルチタイムフレーム分析の細かなポイントについて、別の記事でも取り上げています。
末尾にリンクを貼ってありますので、よろしければご参照下さい。

長期足で上昇トレンドでも、トレードする時間足では下降のダウ形成中。

確かにレートが動く方向は、長期足の方向に流れやすいのは事実です。
ですがトレンドはいつかは終わるもの(トレンド転換)です。

トレードで重要になるのは、エントリーする時間足の向かっている方向と勢いです。

日足で下降トレンドでも、短期足が上昇トレンドの時。
上昇のダウが崩れない限りは、上方向へ動く可能性が高いと判断します

日足での下降トレンド狙いの売りなのか、短期足での戻りを狙った買いなのか。

トレードの根拠(ルール)によってエントリーの方向は変わりますし、利益目標や損切りポイントも変わってきます。

このトレードの根拠を見つけるために、複数の時間足の分析(マルチタイムフレーム分析)が必要になるのです。

まとめ

トレンドが続いているのか。
それともトレンド転換が起きているのか。
いやレンジ相場に突入か。

マルチタイムフレーム分析で、相場環境を判断します。

相場環境の判断は、経験を積んでいけば必ずレベルアップしてきます

  • チャートをみて各時間足の分析。
  • エントリーポイントを見つけたらトレード。
  • 勝っても負けても、エントリーから決済までの各時間足のチャート検証。

これだけでも続けていけば、勝った時の共通点負けた時の共通点が見えてきます。

それを次のトレードに活かす

この繰り返しです。

こちらの記事では、もう少し詳細にマルチタイムフレーム分析を取り上げています。
よろしければご覧ください。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました