ダウ理論とは?FXトレードに必須なトレンド判断の基準で多くの手法の源

ダウ理論はかなり昔に発表された理論ですが、現在の相場分析にも取り入れられるほど、有名かつ実用できる理論です。

もともと株式市場を見据えた理論だったのですが、為替相場にも充分通用する偉大な理論です。

私のFXトレードの基本は、ダウ理論をベースにしています。

FXを始めたばかりの方に向けて、私が勉強してきたことを記事にしています。
今後のFXのトレードの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

ダウ理論とは

ダウ理論とは、チャールズ・ダウが提唱した、市場の値動きに関する理論です。

ダウ理論は6個の法則から成り立っています。

  • 平均はすべての事象を織り込む
  • トレンドには3種類ある
  • 主要トレンドは3段階からなる
  • 平均は相互に確認されなければならない
  • トレンドは出来高でも確認されなければならない
  • トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

FXトレードをする際に、ダウ理論すべての法則を当てはめる必要はないと思います。

私が重要視しているのは、6番目の一文です。

ダウ理論でトレンド判断

トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続するというダウ理論の一文。

相場環境を把握するためには、ダウ理論のこの一文が重要になってきます。

為替相場にはトレンド相場レンジ相場があります。
どちらの相場環境であっても、利益を得られるようになるのが理想です。

しかしFX初心者のうちは、まずはトレンド相場でトレードするのが良いと思います。

では、相場がトレンド相場なのか、レンジ相場なのかをどう判断するのか。

トレンド転換の判断はダウ理論で

ダウ理論の6番目の一文にある「明確な転換シグナル」とは、高値と安値の作る波のリズムが変わる事を意味します。

上昇トレンドとは

ローソク足で作られる高値の波の頂点が、それ以前の高値以上になり続ける。
安値の波の最下点も、それ以前の安値以上になり続けている。

高値の切り上げ、安値の切り上げです。

下降トレンドとは

上昇トレンドの反対になります。

高値の波の頂点がそれ以前の高値以下になり、安値の波の最下点がそれ以前の安値以下になり続けている。

高値の切り下げ、安値の切り下げです。

トレンド転換とは

それまで高値、安値が切り上がっていた波のリズムが、高値を切り下げるか安値を切り下げる事で波のリズムが変わる。

ダウ理論では波のリズムが変わる事で、トレンドの終了と判断します。

新たに上昇トレンド(上昇のダウ)、下降トレンド(下降のダウ)が形成されるまでは、レンジ相場と判断されます。

レンジ相場とは

トレンド相場に当てはまらない(ダウが形成されていない)相場環境の時です。

一定のレート幅を行ったり来たりだったり、高値を切り上げたあと安値を切り下げたり。
レートが向かう方向に、ダウ理論が当てはまらない波を作っている時レンジ相場になります。

ダウ理論の活かし方

トレンド相場がトレードしやすい理由

FXでよく言われている事の中に、「トレンド相場のほうがリスクが少ないトレードができる」と言うものがあります。

この事もダウ理論で説明する事ができます。

ちょっと極端な説明になりますが、以下の図がトレンド相場が有利になる理由です。

上昇トレンドでのトレード

ダウ理論で言う上昇トレンドが発生している相場環境で、トレンド方向にエントリーしていった時の図になります。

上記の図は「上昇トレンド形成中の押し目買いでのトレード」を表したものです。

含み益になって「レートが反転したら利益確定」
「安値を下回ったら損切りする」という条件。

4回のエントリーのなかで3回の利益
損失になったのは、最後のエントリーの1回になります。

上記の図はあくまで理想論です。

ですが決済の条件を「ダウ理論でいう明確な転換シグナルが現れるまで決済しない」とした場合、最初のエントリーから押し目ごとにポジション追加で、大きな利益も考えられる状況です。

ポジション追加なしでも、大きく利益幅を狙える状況です。

ダウ理論を使ったトレンド相場でのトレード。
トレンドが続く限りはトレンド方向にポジションを持つようにトレードしていきます。

トレンド継続の判断は、ダウ理論の6番目の一文です。

トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

つまりは明確な転換シグナルが現れたら損切りします。

明確な転換シグナルとは、高値と安値の切り上げ(切り下げ)が続く波のリズムが崩れた時

上記「上昇トレンドでのトレード」の図でいえば、直近安値のすぐ下に損切りを入れています。
すなわち損切りされた時が明確な転換シグナルとなり、ダウ理論で判断するトレンドの終了となります。

ダウ理論を使う事で、トレードの方向性も止め時も分かりやすくなります。

このようにダウ理論によって、リスクの少ないトレードはトレンド相場が向いている理由が説明できます。

エントリーの最終判断はダウ理論で

チャートパターンを使ったFXのトレード手法に取り組んでいる方は、ダウ理論は必ず使う事になります。
テクニカル指標を使った手法や自動売買などでも、ダウ理論によってエントリー方向とタイミングを計るロジックも多いです。

実戦のトレードでは、ダウ理論の成否でエントリーのタイミングの判断をすることが多くなります。

例えチャートパターンが形成されても、ダウ理論に反する際にはエントリーを見送るケースもあります

ダウ理論のトレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続するという部分はとても大切です。

FXのチャートを見ている大多数のトレーダーが、ダウ理論によってトレンドの判断をしています。

ダウ理論によるトレードは、ローソク足に水平ラインを引けば使える、簡単ですが奥が深い分析法です。

手法は完璧。
私に必要なのはメンタルのみ!

ダウ理論を使ったトレードをする時には、押し安値戻り高値を理解する事も重要になります。

ダウ理論とグランビルの法則を活かしたトレード手法

ダウ理論を活かしたトレード手法の一つをご紹介。

移動平均線グランビルの法則を使ってトレードしていきます。

  • 移動平均線の期間は25
  • グランビルの法則は「買いの3番目の法則」を利用します。

ダウ理論でいう「上昇トレンド」が形成されているのが前提条件です。
下降トレンド時は逆に考えて下さい。

エントリールール(買いトレードのケース)
  • 移動平均線がサポートになり反転上昇、ローソク足が(陽線)で確定してからエントリー
  • 利益確定は、次に移動平均線にタッチしてローソク足が確定した時
  • 損切りはエントリーポイント直前の安値の少し下
    (ダウ理論でいうトレンド転換するポイント)

以下のチャート図をご覧ください。
米ドル円4時間足のチャート図です。

ダウ理論でトレードしたチャート図

①で高値と安値の切り上げが確定し、上昇のダウが形成されます。
その後も波のリズムがしばらく続き、ダウ理論でいう上昇トレンドが継続しています。

安値の切り上げポイントに注目してください。
25日移動平均線がサポートになって、反転上昇が始まっています。

移動平均線なしでダウ理論だけで見ても、押し目買いのポイントになっています。

移動平均線を明確に下回るのは、のポイントになります。
ダウ理論の波のリズムが崩れるのも、このポイントを過ぎてからです。

それまではのポイントで利益確定、あるいはポジションの追加も狙っていけます。

毎回こう上手くいく訳ではありませんが、トレンド相場の初動では試してみる価値はあります

ちなみにこのエントリールールは、レンジ相場ではあまり機能しません。

エントリーのタイミングを計るのにも、ダウ理論による相場環境認識が大切になります。

まとめ

たしかにテクニカル指標も役に立つツールです。
ですが相場に参加している人の心理は、ローソク足がつくるチャートの形に現れています。

チャートを分析する方法として、ダウ理論はとても頼りになります

ダウが形成され、トレンド相場になっているのか?
明確なダウが確認されないレンジ相場なのか?

相場参加者の心理は、どちらに向かっているのか?

答えはダウ理論が教えてくれます。

参考記事

グランビルの法則は、ダウ理論を活かしたエントリー手法と相性のいい法則です。
こちらの記事で紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました