ナンピンは効果的な手法なのでしょうか?FXでのナンピンの使い方

スポンサーリンク
ナンピン手法 手法

ナンピンはFXで効果的な手法になるのでしょうか。賛否両論のナンピンですが他のいろいろな手法と同じで、ナンピンが良いか悪いかではなく使い方だと思います。

FXを始めたばかりの方に向けて私が勉強してきたことを記事にしています。
今後のFXのトレードの参考になれば幸いです。

ナンピンについて

ナンピンの語源

ナンピンは漢字では難平と書きます。江戸時代の米相場でも使われていたようで難(ナン)を平(たいら)にする、ということでナンピンと言われるようになったようです。

ちなみに愚か者のことをナンピンと言っていたという話もあります。

ナンピンとは

ナンピンとは以下のような購入手法になります。
下図は買いポジションの場合ですが売りポジションの場合は反対に考えてください。

ナンピンの解説

あるレートで買いをいれてポジションを持った後、レートが下降していき含み損が発生している状況でさらに買いをいれてポジションを増やします。

次に上昇したときに含み損をはやくプラスマイナスゼロにするために、平均取得価格を下げることを目的にポジションを増やしていくことをナンピンと言います。

ナンピンを使う注意点

ではナンピンを使うのはどういった状況の時になるのでしょうか。含み損がでたから即ナンピンではいつかは破産してしまいます。ナンピンも使える状況と使えない状況があります。

ナンピンが成功する可能性の高い状況

レンジ相場のケース

レンジ相場は行ったり来たりの上下の波を作っています。ナンピンをしても戻ってくる可能性が高い相場環境といえます。
レンジ相場のブレイクを狙ってエントリーしたもののブレイクせずに元のレンジに戻ってしまった。こんなケースで含み損を早くプラスマイナスゼロにするためにナンピンを使ったりします。レンジ相場でのナンピン

このような状況下ではナンピンは非常に有効に機能します。できればプラススワップがつくポジションの時に利用するのがお薦めです。

いつプラスマイナスゼロまで戻ってくるかは誰にも分かりません。その間に僅かかもしれませんがマイナススワップで資産が減っていくのはあまりいい気になれないと思います。

マイナススワップのポジションを持った時に、損失方向に動き出したら潔く損切りしましょう。

トレンド相場のケース

例えば上昇トレンドの途中で直近高値を超えたところでブレイクアウト手法でエントリーしたケースです。

トレンド相場でのナンピン

ポジションを取ったあと思ったほど上昇しないで下降を始めてしまった時に、上昇トレンドが継続していて次の反転ポイントとなりうる目安となるレートまでナンピン。これは可能性でいえばありだと思います。

そのまま下降を続けてトレンドも転換してしまったら損切りしましょう。

ナンピンが失敗する可能性が高い状況

スポンサーリンク

レンジ相場のケース

レンジ相場もいつかは終わりトレンドを作り出します。トレンドが発生する直前にナンピンしてしまうと、いつまで待っても戻ってこない事もありえます。

トレンド相場のケース

トレンド相場で逆張り狙いのポジションを取った時はトレンドとは逆方向のポジションになりますので、ナンピンしたとしても戻ってこない確率が高くなります。

かなりの長期間でみればいつかは戻ってくるかもしれません。ですが相場に絶対はありません。戻るかも知れないし戻らないで終わるかも知れない。持っているのはトレンドには逆らったポジション。潔い損切りがベストだと思います。

ナンピンを成功させるためには

なんでもかんでも含み損がでたらナンピンではそうそう上手くはいきません。ナンピンを有効に使うためには何が必要になるでしょうか。

相場観(チャート分析)

レートが向かっていく方向が判断できないのであればナンピンは使わない方がいいと思います

トレンドが発生していて順張りでポジションを持ったら、トレンド転換してマイナス益方に動き出した。トレンドの調整だと思われた逆方向への動きが、新たなトレンドの始まりだった。

この状況下でナンピンしたとします。

自分ではすぐにもとのトレンドに戻ると信じていても、別の誰かがチャート分析してみると今までとは逆方向へのダウも形成されていてトレンド転換はあきらか。

こうなったらいくらナンピンしても戻ってくるとは思えません。お祈りしてみても思い通りに相場は動いてはくれません。

まずはチャート分析ができるようになることが先決です。ファンダメンタルズもふまえて相場観をつけていく事も大切です。

資金管理(損切り)

ナンピンすれば必ずプラスマイナスゼロになるとは限りません。どこまで耐えられるのかはそれぞれの資金量によります。

思った通りにならずに含み損が取り返しのつかない大きさにならないように、最大損失額を決めておく事をお薦めします。もしそこに到達してしまったら潔く損切り、そして次のトレードに集中。

損切りの大きさはそれぞれの資金量によりますが、とにかく破産だけしなければ取り返すチャンスは作れます。

ナンピンと似たその他の手法

リピート系自動売買

ナンピンを応用したような取引手法を自動売買でシステムが行ってくれます。買いで自動売買をスタートした場合に、下降局面でも買いをいれて上昇時に利益確定する動きはナンピンと同じです。

ドルコスト平均法

定期的に一定金額分を購入する手法。レートが高い時は購入量が少なく、レートが低い時は購入量が多くなり1ロットあたりの平均購入価格を下げる手法です。

マーチンゲール法

有名なカジノ必勝法。1万円負けたら次は2万円賭ける。2万円負けたら次は4万円賭ける。このように負けた額の倍の金額で次の勝負に挑み勝つまで続ける方法です。資金力が勝負の要です。

まとめ

ナンピンを薦めているトレーダーも多いです。ただしナンピンを薦めるトレーダーは結果をだしている上級者が多いです。皆さん相場分析はもちろんエントリールールや資金管理もしっかりしています。

ナンピンはFX初心者から中級者にはお薦めできない手法だと思います。

まずは確実に損切りする事を覚えたほうが好成績につながると個人的には思います。

コメント

スポンサーリンク