米ドル円

米ドル円のトレードに関する記事がまとめてあります。

トレード

ドル高方向への動きが続いています。来週は米雇用統計。

ドル高方向に動いたのは先週と同じですが、ユーロドルは横方向で米ドル円は上方向。先週はユーロドルが下方向で米ドル円が横方向。動きが見えた通貨ペアが逆になりました。どちらにせよドル高の方向に変わりはありません。
トレード

ユーロドルは下方向に、米ドル円は方向感なし

ドル高方向に進みユーロドルは下方向に動いています。ですが米ドル円は方向感がなく横方向に動いています。アメリカ経済はまだ堅調なようでニューヨークダウ平均の高値更新のニュースも続いています。それでも米ドル円は円安方向には動いていきません。市場はまだ警戒感が強いのでしょうか。
トレード

サプライズ的な動きはなかったユーロドルと米ドル円

ユーロドル、米ドル円ともに先週末に想定した範囲内の動きでした。ユーロドルは下方向に動いてからキリ番で反発。米ドル円は相変わらず上に行ったら叩かれる。来週以降も同じような相場環境が続くのでしょうか。
2019.11.23
トレード

ユーロドルがダブルトップから下降。ドル高に動いた一週間

相場環境がリスクオン方向に動いた感じがします。クロス円は上方向に動いた通貨ペアが多いです。違うのはユーロ円とポンド円。どちらかといえば横方向に動いています。EU圏はまだまだ問題ありでしょうか。
2019.11.23
トレード

重要指標が多かった今週はユーロドルの方向が上になりました。

FOMCでは政策金利発表よりもその後の議長発言で動き、日銀政策金利発表、その後の会見でもほぼ市場の予想通り。米雇用統計では強い結果の割にはドル高の動きが少なかったように感じます。ユーロが強い訳ではないのでしょうがユーロドルは上昇しています。
トレード

ユーロドルが下降中。押し目なのか一気の下落になるのか

英国議会のブレグジット関連の決議は相場にたいした影響を与えませんでした。むしろECBの政策金利発表と総裁発言以降、ユーロが弱くなりました。来週はFOMCに日銀政策金利発表。他にも米雇用統計をはじめ重要指標がたくさんあります。忙しい一週間になりそうです。