フィボナッチを効果的に使ったトレードの有効性と気を付けるべき点

押し目買いや戻り売りでのトレードの際、押し目や戻りを計るためフィボナッチを使う事があります。

レンジ相場では使えない事もありますが、トレンド相場ではフィボナッチは有効に機能する分析方法です。

実際のチャートでフィボナッチの有効性を検証してみました。

フィボナッチを効果的に使ったトレードの有効性

FXを始めたばかりの方に向けて、私が勉強してきたことを記事にしています。
今後のFXのトレードの参考になれば幸いです。

ローソク足が並んで作られるチャートの形は、N字を作りながら形成されていきます。

どの時間足であれ、上昇をしたら下降する、下降したら上昇する。
小さな上下動で横に動いて見える状況もありますが、基本的には上下するN字の動き方をしています。

上昇トレンドの途中で起きる調整の下降、あるいは下降トレンドの途中の上昇。

これら調整の波動の目安を計る方法の一つに、フィボナッチ係数を利用したチャート分析法があります。
チャート上で使えるフィボナッチには、リトレースメントエキスパンションなどいくつか種類もあります。

フィボナッチの中でもよく使われるのは、フィボナッチ・リトレースメントではないでしょうか。

実際のチャートで、フィボナッチ・リトレースメントがどれだけ有効に機能しているかを検証してみたいと思います。

ユーロ円4時間足チャートでの検証

ユーロ円の上昇局面。
この時の下降の波に、フィボナッチ・リトレースメントを引いてみました。

4時間足での上昇トレンドの中の二つの波に、フィボナッチ・リトレースメントを引いてあります。

第1波では61.8%の下降から反転上昇しています。

第1波のフィボナッチ61.8%の調整

第3波では50%の下降から反転上昇です。

第3波のフィボナッチ50%の調整

この二つの波は、フィボナッチ数にピッタリの反転です。

今回はユーロ円でのフィボナッチ検証になりました。
他の通貨ペアでも探してみると、けっこうな割合でフィボナッチ数にピッタリの反転を見つける事ができます。

このようにフィボナッチは、相場の波の反転ポイントを探すのに効果的な分析法といえます。
特にトレンドが発生している相場では、フィボナッチでの反転ポイント探しが威力を発揮します。

調整の波は、大きかったり小さかったりと色々です。
トレンドの勢いが強い時は小さく、勢いが弱い時は大きく調整する傾向があります。

調整の傾向としては、小さい調整の時は23.6%から38.2%の間。
大きな調整は、50%から61.8%の間で反転するケースが多く見られます。

23.6%以下の調整波の場合

先ほど検証した4時間足チャートの中で、押し目が小さくて取り上げなかったポイントがあります。

第1波のフィボナッチ23.6%

23.6%の調整から、上昇に反転しています。

第3波でも同じようなポイントがあります。

第3波のフィボナッチ23.6%

フィボナッチ数に到達したので、このポイントで反転すると想定しても間違いではありません。

ですがリアルタイムでトレードしていると、この23.6%以下の調整ではエントリーのタイミングが難しい時が多くあります。

23.6%付近で横に動いてから、大きな調整が始まる事もあります。
この場面でエントリーしてしまうと、その後の大きな調整で含み損が大きくなってしまいます。

トレンド継続の推進波で戻ってくる想定とは言え、大きな含み損は気分が良いものではありません。

フィボナッチを使って反転ポイントを予測する時は、23.6%を超えてから判断した方が安全策になります。

まずはローソク足が23.6%を超えた事を確認。
61.8%までは調整が続く可能性も考慮しながら判断していきます。

61.8%を超えて調整が続くようなら、100%の全戻しも考慮する状況です。

フィボナッチは絶対ではありません
確率の高い分析法ですが、あくまで目安として活用するのが得策です。

まとめ

エリオット波動の推進5波と調整3波では、物凄くキレイにフィボナッチが当てはまる事があります。
これは、後から検証すれば誰でも分かる事です。

フィボナッチを使う理由は、動いているローソク足が反転するポイントを予測するためです。

リアルタイムで使いこなせなければ意味がありません。

そして予測だからこそ、想定外に備えてのトレードルール。
すなわち、資金管理や損切りが大切になります。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました