今年も残すところ僅か、もう無理なポジションは控えます

今年も残すところあと僅かになりました。

ブレグジットに関する交渉も、取りあえずは決着したようです。

もう年明けまではトレードするつもりはありませんが、とりあえず考察だけはしたいと思います。

2020年12月21日から一週間のFX相場私的考察

ユーロドル4時間足チャート

2020年12月26日ユーロドル4時間足チャート

ラインは引いていませんが、トライアングルを形成しています。
抜けた方向へのトレードが基本線になります。

上に抜けた時は、1.2270付近での動き次第で。
反転売りが第一候補、上に抜けたら買い検討での高値確定待ち。

下に動いた時は、細かく反転すると想定中。

1.2070を下抜くまでは、トレードするなら短期足での反転狙い。
下抜いてからは売りメインで考えます。

米ドル円4時間足チャート

2020年12月26日米ドル円4時間足チャート

103.70付近で上昇を止められてますが、安値は切り上がっています。
抜けてくると上方向に動きそうな感じです。
トレードするならば、103.70を下回らない事を確認出来てからの押し目買い。

103.70で止められたら、下降中は待ちで安値確定ポイント次第。
小さな下降から反転上昇したら、再度のブレイクトライを待ちます。

大きく下降していったら、明確な戻り売りチャンスがあればトレードします。
チャンスがなければ、103.00からの反転買いを狙います。

ユーロ円4時間足チャート

2020年12月26日ユーロ円4時間足チャート

レンジ相場が続いています。

だいぶ以前から想定は変わらず。
レンジ相場の間は、天井と底からの反転狙い。
レンジブレイクしたら、ブレイク方向へのトレードをメインに。

とにかくレンジブレイク待ちです。

ポンドドル4時間足チャート

2020年12月26日ポンドドル4時間足チャート

大きく下降してから、上昇のダウを形成していきました。
上昇のダウが崩れない限りは上目線でいます。

現状のチャート形状では、ダブルトップも考慮しておきたい形です。

上に抜けた時は、高値確定後に再検討。
下降するようなら、短期足でラインからの反転買いを狙ってみます。

勢い次第では、1.3200まで一気に落ちるかも知れません。

ラインで止められることなく一気落ちなら、1.3200で止められたら反転買い。
下抜いたら、目線を下に切り替えて戻り売りのチャンス待ち。

まだまだ急変動がありそうな気がします。

来週のトレード方針

ユーロドル、米ドル円、ユーロ円はレンジで横方向だと想定。
動いたとしてもトレードはしないつもりです。
ただしポンドが急降下したら、タイミングがあえば飛び乗りするかもしれません。

今年は新型コロナウイルスで大変な一年になりました。

ワクチンの効果が完全に証明されるのは、もう少し先になりそうです。
まだまだ厳しい状況が続きます。

ただの一般人の私では、とにかく頑張って生きる以外に道はなし。

皆様、よいお年をお迎えください。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました