グランビルの法則を使ったFXトレードのエントリー手法検証

スポンサーリンク
グランビルの法則 手法

グランビルの法則はもともと株の売買ポイントを探すために考えられた手法です。株価と200日移動平均線との位置関係でエントリーポイントを判断します。

FXではグランビルの法則は使えるのでしょうか。使える派と使えない派に分かれることが多いこの手法ですが、私は十分に使えると思います。ただしFX用にアレンジが必要になると思います。

FXを始めたばかりの方に向けて私が勉強してきたことを記事にしています。
今後のFXのトレードの参考になれば幸いです。

グランビルの法則

グランビルの法則には8パターンのエントリーポイントが定義されています。買いと売りでそれぞれ4パターンずつになります。

グランビルの法則8パターン

買いの4パターン

下降してきた移動平均線が平行もしくは上向きの時、レートが下から上に抜けてきたポイント
上向きの移動平均線をレートが下抜いてから上昇し始めたポイント(押し目買い)
上向きの移動平均線に下降を支えられて上昇し始めたポイント
下向きの移動平均線から大きくレートが下に離れているポイント

売りの4パターン

上昇してきた移動平均線が平行もしくは下向きの時、レートが上から下に抜けてきたポイント
下向きの移動平均線をレートが上抜いてから下降し始めたポイント(戻り売り)
下向きの移動平均線に上値を抑えられて下降し始めたポイント
上向きの移動平均線から大きくレートが上に離れているポイント

グランビルの法則をFXのチャートで過去検証

200日移動平均線でトレードするとなると、日足で200の期間の設定で使うことになります。長期のスイングトレードをするというのなら良いのでしょうが、少々設定期間が長すぎると思います。

そこで1時間足で期間25で移動平均線の設定をして実際のチャートでグランビルの法則が機能しているのか検証してみました。

  • ピンクの〇が買いのエントリー、ブルーの〇が売りのエントリーになります。
  • ローソク足が確定してからエントリーするという条件で検証しています。
  • 決済は次のエントリーパターンが発生するか、ローソク足が移動平均線に触ったら決済しています。

ユーロドルの1時間足での検証結果です。ちょっと何か所か決済のラインが間違ってしまいましたが、勝敗には影響はしていません。

上昇トレンドでのグランビルの法則
勝ちトレード9回、負けトレード4回

損失は最大で15PIPSでしたがそれ以外は10PIPS以下におさまっています。
このトレードのトータルはプラスで終われています。

下降トレンドでのグランビルの法則
勝ちトレード12回、負けトレード2回

こちらのケースでもトータルはプラスになっています。

ローソク足が確定してからエントリーして、次のエントリーパターンや移動平均線に触れたら決済する条件で検証していますので、決済についてはリアルタイムのチャートを見ながらのトレードとは多少の誤差があるかも知れません。

ですがチャート確認をしながら裁量で判断するなら、損切りを建値にしておいてポジションキープしておけば利益を伸ばせたケースも何回かありました。

スポンサーリンク

グランビルの法則の検証結果をみて

上の2つのチャートを見て頂ければピンときた方もいると思いますが、グランビルの法則はトレンド相場で威力を発揮する手法であるという事です。

平均より上にレートがあれば買いの勢力が優勢(上昇トレンド)、下にあれば売りの勢力優勢(下降トレンド)、平均値から離れすぎたら売りか買いのどちらかに偏りすぎ(押し目か戻りの形成)と、移動平均線とレートの関係でトレンドの流れを見つけていきます。

 

レンジ相場でも使えますがちょっと忙しくなるケースが多いです。

レンジ相場でのグランビルの法則
勝ちトレード7回、負けトレード5回

エントリーポイントも微妙なところが多いですし、利益も大きくとれるところは移動平均線から離れた時のエントリーが大半です。

まとめ

グランビルの法則は移動平均線の期間を20~25で設定してトレンドが発生したら使うようにすれば良い結果もでると思います。
レンジ相場ではレートが移動平均線から離れた時だけ使った方が良さそうです。

使う時間足はどれでもいいと個人的には思いますが、短期足の場合は決済のタイミングが難しくなるかもしれません。まずは1時間足以上で試してみるのがお薦めです。

すべての手法に言える事ですが、資金管理ができなければ何を使っても上手くはいきません。
グランビルの法則で上手くいかなかった経験のある方は、利確と損切りのルールを考え直したら結果も変わってくると思います。

コメント

スポンサーリンク