先週の米ドル買いから一転して米ドル売りの相場環境に

先週の考察で、「米ドル買いの相場環境が転換するのは何時になるやら」と書きました。

早速、今週は米ドル売りの相場になりました。
コロコロ変わる相場環境に、ついていくのも一苦労です。

難しいですが、来週はどっちに動くか考察してみます。

2020年3月23日から一週間のFX相場私的考察

相場環境はリスクオフ。
そう考えると、円買いが強くなっても良さそうです。

ですが今のところ、極端な円高には動いてません。

ユーロドル日足チャート

2020年3月28日ユーロドル日足チャート

上昇一辺倒の一週間でした。
1.065付近から1.113付近まで、500PIPS弱の上昇です。

先週の下降分をほとんど戻した形です。
行ったり来たり、良く動く相場環境が続いています。

上値の目安は直近高値の1.115、下値は1.065.
かなり広い幅で見ておく必要があります。

今週の終値は、ほぼ中間と見ていいと思います。
過去に強く機能していた1.118が目の前です。

ユーロドル1時間足チャート

2020年3月28日ユーロドル1時間足チャート

1時間足でみると上昇を続けるにしても、1.118で一度押し目を作りそうです。

この近辺で一度揉めてくれれば、テクニカルで考えることも出来そうです。
横に動けばブレイク上昇待ち、反転すれば安値がどこで止まるか次第。

ですがこれまでの流れを見ると、一気に上昇してしまう可能性もあります。
まずは1.118で止まってくれるか、週明けの始値次第でしょうか。

アメリカの情勢次第で、大きく上に窓を開ける可能性もあります。
どちらにせよ、来週もファンダメンタルズ重視で考えます。

米ドル円日足チャート

2020年3月28日米ドル円日足チャート

米ドル売りの影響で下降しています。
木、金曜日の2日で約400PIPSの下降です。

高値の切り下げが確定しています。
ダウ理論で考えると、安値がどこで止まるのかで対応が変わります。

安値切り下げまでは、まだ大分離れています。
それでも今のボラティリティなら、来週中に切り下げるかも知れません。

安値を切り上げてきたら、日足でペナントを作る可能性もでてきます。
ボラティリティが大きい、方向感のない相場環境入りも考えています。

米ドル円4時間足チャート

2020年3月28日米ドル円4時間足チャート

安値切り上げのペナントから、下方向にブレイクしていきました。
テクニカルで見ると、107.60付近で一度止まるように見えます。

この近辺で横方向に動けば、売りでのエントリーもイケそうです。
戻りが強かったら、110.00まで戻すことも考慮しておきます。

ダウ理論で考えれば、直近安値を下抜くまでは上目線。
下向きの勢いが強そうですが、4時間足ではまだ上昇のダウ継続中です。

今後のトレード方針

アメリカの新型コロナウイルスの感染者数が世界一になりました。
強かった経済にブレーキがかかりそうな情勢です。

テクニカルも効果的に使えてますが、今はファンダメンタルズ重視に変わりなし。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました