大きなファンダメンタルズが出てこない限り米ドル買い方向が妥当な選択

ユーロドル・ポンドドルは下、米ドル円は上。
米ドル買い方向に動いた一週間でした。

金融政策の違いで考えても、米ドル円は買い方向が妥当な選択でしょう。

どの通貨ペアも基本的には米ドル買いを軸に考えてます。

スポンサーリンク

2021年11月8日から一週間のFX相場私的考察

ユーロドル4時間足チャート

2021年11月14日ユーロドル4時間足チャート

1.1616から1.1512のレンジ対応で考えていました。
天井からの売りは上手くいきましたが、底からの買いは失敗。
レンジを抜けて下降していきました。
抜けてからは戻り待ちの状況でしたが、1.1442付近で揉めています。

取引再開後、上昇中は反転待ち。
1.1616を超えてきたら様子見。
横に揉めるようなら売りチャンス(チャートパターンなど)待ち。
いきなり下の時は反転待ち(戻り売り)

明確に流れが変わるまで、トレードは売りだけで検討していきます。

米ドル円4時間足チャート

2021年11月14日米ドル円4時間足チャート

取引再開早々に113.24を下に抜けてきました。
戻りを待っていたら112.72付近から反転上昇。
目立った戻りなく、114.00を超えてきました。

114.00付近で少し揉めてから再上昇。
私のルール上、トレード出来たのはここだけでした。
その後は114.30付近で止められて、113.89で取引終了でした。

上昇の勢いは強いのですが、114.50付近になると止められる展開が続きます。
下の方では113.00を抜けてくると買い圧力が強めです。

現状は下に向かっていますので、下降中は様子見で反転買いだけ狙います。
いきなり上に向かったら、短期足で入れそうなら買い。
横に揉めたら買いチャンスだけ検討。

とにかく、なるべく下から買いたい。

ユーロ円4時間足チャート

2021年11月14日ユーロ円4時間足チャート

反転上昇のチャンスだけ狙ってました。
一度130.73付近から上昇しましたが、私のルールではエントリーはなし。
その後は再び下降しています。

日足上昇トレンドの調整下降なら、そろそろ反転してもいい頃合いです。
ここからは買いチャンスだけ狙ってみます。
押しとしては深くなりますが、129.50付近までは調整下降と見ます。
129.50を下抜いたら様子見から再検討で。

ポンドドル4時間足チャート

2021年11月14日ポンドドル4時間足チャート

戻り売りだけ狙ってました。
1.3600で上昇が止められ、1.3570付近で少し揉めてから下降。

ほぼ狙い通りになったんですが、1.3500付近で下降が止まると想定してました。
そのまま一気に1.3400付近まで落ちるとは思いませんでした。

1.3400付近で少し揉めてから再下降。
1.3350付近まで落ちてから、1.3413で取引終了です。

下降のダウが続く限り、トレードは売りだけで検討していきます。
上昇中は反転売りチャンス待ち。
いきなり落ちたら短期足で入れそうなら売り。

1.3600を超えるまでは、戻り売りが基本戦略です。

注意するのは、そろそろ下降5波終了でもいい頃合い。
そうだとすれば、修正波で上昇が強くなるかもしれません。

今後のトレード方針

ユーロドルとポンドドルは売り。
米ドル円はなるべく下から買い。
ユーロ円は下降継続に注意しながら買い。

はっきり下降のダウが形成されている、ポンドドルの売りがメインになりそうです。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました