重要指標が多かった米ドルはそこそこで一番動いたのはポンドでした

ADPにFOMCに雇用統計と、米ドルに絡む重要指標が多かった一週間でした。

ですが織り込み済みだったのか、大きな流れになる事はありませんでした。

大きく動いたのは、政策金利の発表があったポンドでした。

スポンサーリンク

2021年11月1日から一週間のFX相場私的考察

ユーロドル4時間足チャート

2021年11月7日ユーロドル4時間足チャート

1.1556から1.1616へ上昇した後、反転下降して1.1556へ。
そして反転上昇して、ふたたび1.1616に到達。
また反転で1.1512まで下降し、そこで反転上昇で1.1552で取引終了。

大きな指標の連続で流れが出るかと思いきや、レンジ相場の様相になってきました。

下方向優勢に見ていますが1.1616から1.1512の間にいるうちは、レンジ対応のトレードで検討していきます。

レンジ天井からの売りとレンジ底からの買い。
レンジの中心1.1565付近での反転には要注意。

レンジを抜けたら、抜けた方向についていく事にします。

米ドル円4時間足チャート

2021年11月7日米ドル円4時間足チャート

僅かですが高値安値を切り下げながら下降しています。
ですが下向きに動いたようには見えず、114.45から113.24のレンジ相場が続いているようです。

週足・日足の形状から、まだ上方向優位と見ています。
基本的には押し目買いのチャンス待ち。
チャンスなく114.45付近まで上昇したら、反転売りも狙ってみます。

売り優先に考えるのは113.00を下抜けてから。
それでもまだ、週足の調整下降の範囲と見ています。

ユーロ円4時間足チャート

2021年11月7日ユーロ円4時間足チャート

132.71から131.59のレンジから少し下に抜けてきました。
まだ何とも言えませんが、現時点では日足の調整下降の途中と見ています。

少し大きく見て、130.00を下抜くまでは調整下降と見る予定です。

そのためトレードは買い重視で考えます。
基本的には反転買いチャンスを待ちます。

レンジ天井の132.71付近では反転売りも検討。
超えてきて133.00以上をキープしたら、日足の調整下降終了と見ます。

ポンドドル4時間足チャート

2021年11月7日ポンドドル4時間足チャート

大きく下降してきました。
週足の直近安値1.3410の直前まで下降しています。
そこから少し戻した1.3488で取引終了しています。

取引終了時の日足は、長い下ヒゲの陰線になってます。
週足で見ると上昇に転じても良さそうな価格帯です。

それでも勢いは下と見て、1.36850までは戻り売りだけ狙いたいと思います。
週明け早々から強い下降の時は、安値確定後にトレード検討します。

今後のトレード方針

ユーロドルはレンジ対応で、抜けた方向についていく。
米ドル円・ユーロ円は買い重視だが、調整下降が続く事も考慮。
ポンドドルは売り重視。

そろそろ米ドル円の上昇再開を期待したい。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました