米雇用統計は良好な結果、米ドル買いがさらに強くなるか?

米ドルが強い相場環境のままです。

米雇用統計の良好な結果で、さらにドル買いが強くなりました。

最後に少し売られましたが、そのまま米ドル売りに傾く要因は見つかりません。

スポンサーリンク

2022年7月4日からの動きと今後のFX相場私的考察

最近は米ドル円の押し目買いばかり。

他の通貨ペアは指値を入れてほったらかし。
ですがその方が成績が良いという・・・

ユーロドル4時間足チャート

2022年7月10日ユーロドル4時間足チャート

まず1.046で止められて大きく下降。
1.016まで落ちてから横に動いて1.022から再下降。
1.007の安値を付けて戻ってきている状況です。

ダイバージェンスから上げてますが、すぐにヒドゥンダイバージェンス。
日足は1.060まで下目線。
週足はダイバージェンスで上昇示唆。

直近の流れは下方向優位と見ます。
上昇中は様子見で、1.060を超えたら買いを検討します。

1.022近辺での反転売り。
1.034近辺では目線とダウが下になったら売り。

この2本のライン近辺での売り以外は様子見とします。

米ドル円4時間足チャート

2022年7月10日米ドル円4時間足チャート

134.75から136.57までを上下した一週間です。
高値・安値をジワリと切り上げています。

現状は直近高値を更新してません。
週足・日足のダイバージェンスは健在。
落ちても良さそうですが、落ちればすぐにヒドゥンダイバージェンス形成。

やはりまだ買いだけで考えていきます。

以前から引き続き、134.20までは押したら買いの繰り返し。

ユーロ円4時間足チャート

2022年7月10日ユーロ円4時間足チャート

142.36まで上げてから急降下。
137.26まで落ちて139.05まで戻して136.85へ。
取引終了は138.56でした。

「141.50近辺での押し目買い」或いは「138.00近辺からの買い」とシナリオ書いて挑んだ一週間。
結果は下降が強く138.00をあっさり下抜き。
まるっきり想定外でした。

ダイバージェンスから戻してますがヒドゥンダイバージェンス形成。
RSIは下降示唆、目線もダウも下。
下方向優位に見えます。

しかし136.50くらいまで落ちると週足でヒドゥンダイバージェンスになりそうです。
そうなれば反転上昇もありそうです。

しかし直近は下方向と見ます。
138.00がレジスタンスの戻り売り。
この形だけ狙います。

それ以外は目線とダウ次第。
今週は無理しない。

ポンドドル4時間足チャート

2022年7月10日ポンドドル4時間足チャート

1.216まで上げてから1.187まで下降。
そして1.205まで戻して1.191まで下降
またも戻して1.202で取引終了です。

前回考察で「やるとすれば」と想定したトレードが二つ的中でした。

「1.215での反転売り」はフラッグもできてタイミングばっちり。

「1.193での反転買い」は一度損切りでした。
ですがその後に1.187でダイバージェンス形成でエントリー。
大きく上昇で利益ものって、1勝1敗ですがプラス収支です。

現状はヒドゥンダイバージェンスから上昇して1.202。
1.205で止められたら再度ヒドゥンダイバージェンスになりそう。
ここでの売りを検討してます。

超えて上昇でも1.215まではヒドゥンダイバージェンスのままになりそう。
この近辺でも反転売りを検討します。

上は1.215を超えたら様子見。
下は1.187近辺から様子見します。

今後のトレード方針

ユーロドルは売り。
米ドル円は買い。
ユーロ円は無理しない。
ポンドドルは2か所で売りだけ。

米雇用統計は良い結果、しかし米ドル円に上方向の強さが戻りません。

そろそろ押し目買いも考え時か?

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました