ECBも早期利上げ気配で米ドル売り、米ドル円の下降が続く

ECBの早期利上げ気配でユーロ買い、米ドル売り。

リスクオフの円買いもあり、ユーロドルは上昇で米ドル円は下降。

調整の動きが続きます。

スポンサーリンク

2022年5月16日からの動きと今後のFX相場私的考察

ユーロドル4時間足チャート

2022年5月22日ユーロドル4時間足チャート

週足で長い陽線となりました。
先週考察で書きましたが、調整の戻りになりそう上昇のダウです。

1.060まで上値をつけてから1.054で取引終了しています。
1.046までに反転し直近高値越えで上昇のダウ継続となります。

今後の動きの想定は、もう少し戻りの上昇と見ています。
まずは1.060に引き付けての売りを検討しています。

超えてきたら1.080までは売りチャンスだけトレード。
ここを超えてきてから買いを考えます。

取引再開早々に下降なら、1.046を下抜いてから戻り売り。
反転上昇がありそうな直近最安値1.034付近では様子見とします。

米ドル円4時間足チャート

2022年5月22日米ドル円4時間足チャート

今週も陰線となりました。
週足では実体の長い陰線が2連続。
日足では下降のダウになってます。

これまで売りの目安としていた127.00まで落ちました。
ですがまだ下抜いてません。

ここを下抜いたら売りも、と考えてましたが変更します。
125.00まで落ちる想定で考察していきます。

下降中は様子見。
反転後に上目線・上昇のダウで買い検討します。
125.00付近では反転で買います。

ユーロ円4時間足チャート

2022年5月22日ユーロ円4時間足チャート

136.68まで上昇してから133.9近辺まで下降。
それから135.44まで上昇して、また133.9近辺まで下降。
135.78まで上昇して134.56まで下降。
取引終了は134.99。

週足は上でも下でもアリなポイント。
日足ではヘッドアンドショルダーからの下降もありそう。
4時間足はレンジになりそうな感じ?

上か下かよくわかりません。

しばらく様子見します。
方向感が出るか、レンジ気配が出るまではトレードなし。

やるとすれば134.11を下抜いてからの戻り売りか、138.00での反転売り。

基本的には何もしない予定です。
ハッキリしてからで充分。

ポンドドル4時間足チャート

2022年5月22日ポンドドル4時間足チャート

レンジ天井と考えていた1.240をあっさり通過。
1.249まで上昇してから1.232まで下降。
再び1.252まで上昇してから横ばいで、1.248で取引終了です。

ここから下降ならダブルトップも見えます。
上昇なら週足レベルの戻りもありそうです。

週足・日足とも下目線の下降ダウ。
もうしばらく売り優先で考えていきます。

再開早々上昇なら1.263での反転売り。
これを超えるなら1.298での反転売り。

下降するならダブルトップ狙いの売り。
目標は直近最安値の1.215。

ライン付近以外は様子見とします。

今後のトレード方針

ユーロドル・ポンドドルは売り優先、上昇中は反転待ち。
米ドル円は買いのみ。
ユーロ円は様子見。

米ドル円はもう少し調整売りが続く想定です。
目安は125円。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました