米ドル円が下降してますが調整売り?それともトレンド転換のドル売り?

米ドル円が調整の下降中です。

再上昇から高値更新のトレンド継続か。
それとも本格下降のトレンド転換か。

ユーロドルも上げています。
長期足の上昇の流れに乗るのでしょうか。

スポンサーリンク

2021年4月5日から一週間のFX相場私的考察

ユーロドル4時間足チャート

2021年4月10日ユーロドル4時間足チャート

上昇のダウを形成しながら上に動いてます。

さらに上に動いた時は、1.1945付近での押し目待ち。
押し目が無く一気の上昇なら様子見です。

下に動いた時は安値切り下げが確定したら、下降のダウ形成を見越しての戻り売り。
損切り浅めで狙ってみます。

水平ラインでの反転上昇は様子見。
再反転からの下降があれば売り。
下降が無ければ、1.1860を超えてきたら買い。

週足以上ではまだ上方向優勢。
日足以下では下方向優勢。

とりあえずは直近の勢い優先で売りメインでいきます。

米ドル円4時間足チャート

2021年4月10日米ドル円4時間足チャート

これまで上昇一辺倒でしたが、やっと大きな押しが来ました。
このまま週足でも押しとなるか、ふたたび上昇の勢いがつくか。

4時間足の現状では下降のダウ形成中です。
安値は切り下げですが、高値はほんの僅かに切り上げ。

まだ下降の勢いの方が強そうにも見えます。
それでも日足の目線切り替えポイントまでは、買い優先でいきます。

上昇した場合は、直近高値を超えてから押し目買い。
直近高値から反転下降したら再反転待ち。

下降した場合は、水平ライン付近やキリ番付近での反転買い。
反転なく直近最安値を超えたら再反転待ち。

日足の目線切り替えポイント108.39付近までは買い優先でいきます。

ユーロ円4時間足チャート

2021年4月10日ユーロ円4時間足チャート

130.67で高値を止められて下降。
129.60付近まで落ちてから再上昇しています。

130.60付近で2回止められていて、日足ではダブルトップの可能性も。
このまま上昇すれば、4時間足でもダブルトップの可能性が出てきます。

130.67を超えてきたら上目線に切り替え。
それまでは売り優先で考えていきます。

水平ラインやキリ番付近での反転上昇は待ち。
そこからの戻り売り狙いで考えています。

129.60を下抜いたら勢いも付きそうです。

ポンドドル4時間足チャート

2021年4月10日ポンドドル4時間足チャート

週足は上昇のダウ。
日足は下降のダウ。

直近の勢いを重視して、売りでのトレードメインで考えていきます。
特に昨年の最高値1.36850を下抜いたら、下降の勢いが強くなりそうです。

上昇中は待ち。
1.3770付近での反転は売り。
ここを超えてきたら様子見にします。

1.3900を超えてきたら買い優先で。

今後のトレード方針

ユーロドル、ユーロ円、ポンドドルはどちらかと言えば売り。
米ドル円は買い。

ひとまず直近の勢い優先です。

ユーロドル、ポンドドルも週足以上は上昇のダウ。
ドル売りの流れに戻っても不思議はありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました