米ドル、円ともに買い。相場全体が下方向に動いた一週間でした

米ドルも円も買われて、クロス円は軒並み下降中。

ユーロドルも米ドル円も下降しました。
またリスクオフ相場に戻っていくのか、調整の下降か。

来週以降の動き方次第でしょう。

2020年6月8日から一週間のFX相場私的考察

円が買われる相場はリスクオフ。
過去の相場観はそれでよかったんですが、コロナ以降少し変わってきています。

円も米ドルも変われて、米ドル円は動かない状況もでています。
今はクロス円の方が分かりやすい。

ユーロ円と豪ドル円のトレードを増やしています。

ユーロドル日足チャート

2020年6月13日ユーロドル日足チャート

上がって下がった一週間。
週の始値と終値の差は、40PIPS弱位でした。

下ヒゲで週の取引終了でしたが、もう少しさがりそうな陰線。
日足ではもう少し上方向に動いてから調整と思っていました。

1.1250まで戻してからの終了なので、来週早々は上でも下でもありそうな形。
過去のチャート形状からも、急上昇後の急下降もありえます。

上なら1.1420付近。
下なら1.1190付近。

それぞれまで引き付けてから、ラインが機能していればトレード。
レジスタンスになるかサポートになるか次第で、エントリーの方向は変えていきます。

まずは安値確定待ちです。

ユーロドル1時間足チャート

2020年6月13日ユーロドル1時間足チャート

1.1250付近まで戻っての終了。
ここがレジスタンスになっての下方向が第一候補。

上方向に動いたら、1.1320付近まで引き付けてから検討。
超えたら押し目買い、抑えられたら戻り売り。

上でも下でも対応ですが、割合的にはダウで考え下目線多めです。

米ドル円日足チャート

2020年6月13日米ドル円日足チャート

上方向で考えていましたが、週明け早々から下方向。
完全に当てが外れてしまいました。

調整とみるには下降の勢いが強かった。
完全に以前までのレンジ帯に戻っちゃいました。

チャート形状もキレイじゃないんで、日足は様子見します。

米ドル円1時間足チャート

2020年6月13日米ドル円1時間足チャート

強く下降してきてからの上昇で終了。
107.50付近で上昇を抑えられています。

107.50を抜けてきたら上目線。
そのまま下降を続けるか、もう一度抑えられたら下目線。

上方向の目安は108.00。
下方向の目安は106.50。

リスクリワードがいい条件の時に短期トレードしていきます。

今後のトレード方針

ユーロドルは日足では押し目と想定中。
ですが週明けの動き方次第で対応は変えていきます。

米ドル円は様子見です。

ちなみにユーロ円、豪ドル円は1時間足で安値切り上げかも知れない状況。
週明けの動き方次第ですが、基本は現時点でのダウ方向を優先して下目線です。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました