米雇用統計も強い結果、今週は米ドル高でしたが本当に強くなった?

相場がドル買い方向になってます。
米雇用統計も強い結果でした。

ユーロドル・ポンドドル・ユーロ円は下降。
米ドルが強くなっていくのか、調整の下降か。

米中関係の悪化や大統領選もあります。
安定した米ドルの強さには見えない気がします。

2020年8月31日から一週間のFX相場私的考察

今週はポンドで負け続け。
そろそろ押してくると頭にはあったんですが、200PIPS以上押してくるとは想定外。

ポンドは久々の取引で、慣れていない通貨。
もう少し経験が必要そうです。

ユーロドル4時間足チャート

2020年9月5日ユーロ円4時間足チャート

1.200で止められて、1.178まで下降していきました。
少し戻して1.183で取引終了です。

日足では高値と安値の切り上げが続いています。
米ドルが買われているようですが、利益確定等の調整の下降だと思われます。

米雇用統計の結果も強かったので、このまま米ドル買いの流れになるかも知れません。
それでも日足での上昇のダウが崩れない限り、目線は上のままでいきたいと思います。

上に向かったら、直近高値を超えてからの押し目待ち。
下に向かったら、1.175付近での反転上昇待ち。

買いでトレードできるチャンスを待ちます。

米ドル円4時間足チャート

2020年9月5日米ドル円4時間足チャート

上昇してはいますが、勢いが強いとは言い切れません。
106.50付近で2回、上値を止められています。

このまま下降していけば、ダブルトップも考えられます。
ネックラインは106.00のキリ番付近。
下抜いてきたら、戻り売りを検討してみます。

週明け早々上昇なら、106.50付近での動き方次第。
107.00までは、トレードせず様子見で。
止められて下降なら、先に書いたとおりに。

どう動こうが、米ドル円は基本様子見がメイン。

ユーロ円4時間足チャート

2020年9月5日ユーロ円4時間足チャート

127.00まで上昇しましたが、その後は下降しています。
これまで上昇を続けていたので、調整の下降だと思われます。

日足では124.50を下抜かないと、下降のダウにはなりません。
まだ上目線有利と見ています。

上に動いたら、126.00付近での押し目待ち。
下に動いたら、125.20付近での反転上昇待ち。

124.50を下抜くまでは、買い方向でのトレードで考えていきます。

ポンドドル4時間足チャート

2020年9月5日ポンドドル4時間足チャート

これまで強く上昇を続けていたので、押してくることは想定内でした。
ただ、浅めの押しを想定していて、ここまで押してくるとは思っていませんでした。

それでもまだ、日足での上昇のダウは継続中。
目線は上方向のままでいきます。

現時点では、直近高値を抜けるまで様子見。
1.330を超えたら、短期足で押し目買いを検討します。

下方向に動いたら様子見。
1.317を下抜いたら、レンジ入りも考えます。

今後のトレード方針

ユーロドル・ユーロ円・ポンドドルは買い。
米ドル円は様子見。

米ドルの強さが本物か一時的か。

日足のダウが変わるまでは、ユーロ高の想定でいきます。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました