大負け経験者が感じたFXのトレードにおける待つ事の大切さ

過去検証していると、時々思う事があります。
「なんでココでエントリーしたの?」

このケースでの負けトレードを振り返ってみると、大体は見切り発車的にエントリーしていました。
しかも、負けトレードの直後にエントリーするケースも多くありました。

この問題を自分なりに考えてみました。

スポンサーリンク

負けトレード後の待てない心理

「すぐに損失を取り返そう」
「こう動くだろうからエントリーしておこう」

直前の負けを取り返そうとしている。
エントリールールに合致すると予想している。

取り返そうとする焦りと、予想は正しいという思い込み

どちらとも「待てない」ことが原因でした。

損失が膨らんでくると、早く取り返そうとする気持ちが出てきます。
こう思うのは自然の流れなので特に問題なし。

問題はこの後。

じっくりと計画通りに取り返すのか、一発逆転を狙うのか。

計画通りにとは即ち、ルール通りにトレードしていくという事。
一発逆転とは、要するにギャンブルトレード

ギャンブルトレードは全て負けになる。
こう言い切れないところが、FXをより難しくしています。

実際に一発逆転を経験した人も、少なからず存在する事は確かです。

ただし、その後も資産を増やしていくためには、ギャンブルトレードでは何時かは破産を迎えることでしょう。
やはり少しでも勝つ確率の高いトレードをするべきです。

トレードで勝つ(資産を増やす)ためには

やはり資産を確実に増やしていくためには、ルールを守ったトレードを繰り返す方が安全で確実です。

例えば5万円の利益を目標にトレードするとします。

  1. 証拠金10万円でスタート
  2. 証拠金5万円でスタート

同じレバレッジ・ロット数での取引で考えれば、証拠金10万円の方がトレード回数が多くなりチャンスも増えます。
ハイレバレッジでの取引であっても、獲得PIPS数を少なくできる証拠金10万円の方が低リスクです。

まずは、証拠金を大きく減らさない事が、資産増大の第一歩になります。
その証拠金を減らさないためには、

  • 優位性のある手法
  • 損小利大を実現するリスクリワード
  • 証拠金との比率を考えた損失許容額

他にもありますが、まずは確固たるトレードルールを確立する事。
そして、そのトレードルールを守り続ける事。

計画的に一歩ずつ資金を増やしていく道がベストです。

一発退場にならないためには、或る程度の負けを許容できるメンタルも大切になります。

それでも資金が増えないのなら、必ず原因があるはずです。
連敗続きなら手法を見直す、勝っているならリスクリワードを見直す。

一気に増やそうとしないで、少しずつでも増やしていく。

コツコツと資産が積み上がっていくのを焦らず待ちましょう。

それでも待てない方へ

チャートを見ているとローソク足の動きに勢いがあったり、高値圏や安値圏のキリ番付近で止まっていたりすると、成行でポジションを持ちたくなってしまう事もあります。

そんな時に飛び乗ってみたら、大きく伸びていたローソク足が戻ってきて逆行
或いは天井で反転すると思って逆張りしたら、高値ブレイクでドンドン含み損

こんな風に裏目になってしまった経験はないですか?

そんな事は分かってるけど、またやっちまった・・・

かつては私もそうでした。

見切り発車のエントリーを無くすため、一発ドカンの大きな損失を無くすため。
私が取り入れてきた方法をご紹介します。

エントリーは指値(逆指値)で、利確と損切りも同時に発注

成行でのエントリーはやめる。
指値(逆指値)で注文を入れて利益確定と損切りも同時に入れておく

この方法は見聞きした方も多いと思います。

飛び乗りや値頃感でのエントリーを無くしていく事は、無駄な負けを減らしていく対策になります。

そしてリスクリワードを考えたエントリーポイント探しをしていれば、同時に利益確定と損切りのポイントも確定済みなので問題なく入れる事ができます。

基本的な事ですが、エントリーポイントまで待つ
利確まで待つ、損切りまで待つ

まずはこんなところから始めてみましょう。

損切りを動かさないで待つための工夫

せっかく損切りを入れても、動かしてしまったら意味がありません。
絶対にダメなのが「損失が大きくなる方向に動かす」事です。

こんなことを繰り返していると、何時かは一発退場への道が開かれます。

それでも気になってどうしようもない。
そんな方には、ポジションを持った通貨ペアは決済するまで見ないという方法があります。

エントリーできる根拠がある、トレードルールに合致するからポジションを持ちます。
エントリー前に決めていますので、エントリー後にチャートを睨む必要はありません
想定通りなら利益確定に、根拠が崩れたら損切りになるだけです。

どうしてもチャートが見たいのなら、他の通貨ペアを見るようにします。
トレードチャンスを見つけるのも良いですし、リアルタイムのチャートの動き方を見ているだけでも勉強になります。

ポジション追加等の資金管理術は使えませんが、それは次の段階で。

決着が着くまで待つ
まずは損切りを動かさない事を優先しましょう。

ローソク足が確定したらチャートを見る

それでもチャートを見ていると、上下に動くローソク足に惑わされエントリーしたくなるポジポジ病の方もいます。
そういった方の対策としては、なるべくチャートを見ないようにする方法もあります。

正確に言うと、ローソク足が確定する時だけチャートを見る

1時間足なら1時間に一回。
5分足なら5分に一回。

ローソク足が確定した直後にチャートを見て、トレードできない状況ならチャートから離れる。
次にチャートを見るのは、次のローソク足が確定した時。

全ての判断はローソク足が確定してから

要するに待つことです。

私はこの3つをひたすら続けました。

ずっと続ける必要はありません。
知識が増えたら、実力がついたら、待てるようになったら、やり方を変えるのは自分次第です。

まとめ

FXで稼ぐためには、証拠金が多いほうが断然有利。
やはり、損小利大のトレードを目指すべきです。

その為にも早めの損切り、損失というダメージは最小限にするべきです。

一発ドカンの大負けを経験して、その後に何とか立ち直れた経験から感じた事があります。

そんなに焦らなくても、チャンスは意外と多くある

しっかりと待ってからトレードするのをおススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました