米ドル高の流れが変わる?調整終了で買いが強くなる?どっち?

米ドル円は下でユーロ円は上。

これまでの米ドル高の流れが弱くなり、ユーロが買われるようになってます。

この流れは米ドル高の調整なのか、ユーロ高の本流なのか。

そろそろ次の流れが見えそうです。

スポンサーリンク

2022年5月23日からの動きと今後のFX相場私的考察

ユーロドル4時間足チャート

2022年5月29日ユーロドル4時間足チャート

「1.060に引き付けての売り」を第一候補に挑みましたがあっさり超えました。
1.074まで上げてから1.064まで押して1.076まで上昇。
取引終了は1.073でした。

上昇ダウ継続中です。
前回の考察で書きましたが、週足の戻りの一週間となったようです。
週足の下降トレンドが続くなら、そろそろ落ちてもいい価格帯です。

次は1.080での反転売りを狙います。
ここでは反転即売りでトレードします。

ここを超えてきたら様子見。
押しが入ったら買い検討します。

米ドル円4時間足チャート

2022年5月29日米ドル円4時間足チャート

127.00を割ってきました。
126.33まで落ちましたがその後は安値切り上げ中。
結局127.09で取引終了しています。

まだ下方向優勢ですが127円台に戻りました。
チャート形状は高値切り下げ安値切り上げでペナントに。

週足の押しと見るなら125.00までは落ちそう。
深い押しなら121.00もありえます。
日足も下目線です。

「ペナントブレイクで売り」もありなんですが、直近安値の126.33で跳ね返りそう。
ファンダメンタルズ優先で、もう少し買いチャンスだけでトレードしていきます。

127.00の下にいるうちは様子見。
超えているなら上目線の上昇ダウで買い。
128.00を超えたら押し目で追加します。

ユーロ円4時間足チャート

2022年5月29日ユーロ円4時間足チャート

前回考察に書いた通り、一週間様子見しました。

先週の高値付近の136.73を超えられず、安値を切り上げてきました。
アセンディングトライアングルになりそうです。

これはチャートパターン一択。

天井ブレイクで押し目買い。
下値のトレンドラインブレイクは様子見。
138.00で止められる想定でいきます。

ポンドドル4時間足チャート

ポンドドル4時間足チャート

上昇の一週間です。
1.266まで高値を付けました。
週の終値は1.262でした。

週足はまだ下ですが日足は上目線に。
週足レベルの戻りになっています。

1.300までは週足の流れを優先。
トレードは売りだけの検討と、引き続き今まで通りです。

現在の価格帯は週足の下降の流れに戻ってもいいポイント。
1.270を超えるのが重そうなら売りで入ります。

超えてきたら下目線の下降のダウ待ち。
1.300を超えてから買いを検討します。

今後のトレード方針

ユーロドル・ポンドドルは売り。
米ドル円は買い。
ユーロ円はトライアングルブレイク一本。

少し米ドルに弱さが見えます。

週末には米雇用統計の発表。

流れが変わるか注目です。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました