ユーロドルのレンジ相場継続中、米ドル円はボラの小さな相場に

ユーロドルはレンジ相場が継続中です。

米ドル円は、去年までのボラティリティに戻ってしまいました。

米ドル円はもともと動きが少ない通貨ペアですが、新型コロナ相場を経験してしまうと物足りなさがあります。

2020年5月18日から一週間のFX相場私的考察

ユーロドルは狙い通りのレンジ相場になりました。
現在1.097の売りポジション保有中。

建値損切りで、しばらく放置してみます。

ユーロドル日足チャート

2020年5月23日ユーロドル日足チャート

1.099付近まで上昇してから反転下降。
見事にレンジ相場を継続しました。

来週は素直に1.077付近までの下降とみます。

上は1.100、下は1.070.
これらを明確に抜けたとしても、結局は1.09前後に戻ってきそう。

レンジを抜けだすトレンドの発生には、大きなファンダメンタルズが必要そうです。

ユーロドル1時間足チャート

2020年5月23日ユーロドル1時間足チャート

明確な波ではありませんが、下降のダウの流れになってはいます。

週明け早々下ならば、短期足でチャンスがあれば売りエントリー。

横に動くようなら、売りエントリーのチャンス待ち。
上方向に動くなら、止まったところから戻り売り。

戻りの目安は1.0918から1.0938くらいまで。
このエリアで、短期足が下方向のダウを形成したら売りでのエントリー。

1.0938を上に抜いていったら、高値確定まで様子見。

日足での下目線を考慮して、売りでのトレードのみ考えています。

米ドル円日足チャート

2020年5月23日米ドル円日足チャート

108.00を抜けそうだったんですが、結局戻されました。
100PIPSの間を横方向に動いた一週間でした。

米ドル円はボラティリティーが無くなってきました。
元に戻ったといった方が正しいかも知れません。

上が108.00、下が107.00。
これらを抜いたとしても、大きく動くかどうか。

基本的には米ドル円でのトレードは考えていません。

米ドル円1時間足チャート

2020年5月23日米ドル円1時間足チャート

1時間足は狭い範囲でのレンジ相場です。
あえてエントリーするとしたら、107.765か107.311まで引き付けてから。

レンジ狙いの逆張りか、ライン抜けの順張りか。
短期足でのダウ次第で、10~20PIPS狙いでしょうか。

よっぽどの明確な動きが無い限りは、米ドル円には手出ししません。

今後のトレード方針

ユーロドルはレンジ相場想定。
米ドル円は日足での明確な動き待ち。

長期的な目線では、リスクオフで円高方向という見方です。

リスクオンになるとすれば、新型コロナウイルスに関する明るい材料。
或いはアメリカと中国の関係が、きわめて良好になるなど。

大きなファンダメンタルズ要因が必要でしょう。

動きが少ないので、他の通貨ペアでのトレードも検討してみます。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました