お休み前の調整か米雇用統計の影響か少しドル高方向に動きました

それまでのドル売りから、少しドル買い方向に変わりました。

お休み前の調整なのか、トランプ大統領が先走ってコメントしていた米雇用統計のためか。

どちらであれ、来週から多くの日本の企業は夏休み。

相場も閑散としてきそうです。

2020年8月3日から一週間のFX相場私的考察

先週の想定通りにユーロ円が動いたので、トレードチャンスと待ち構えていました。

ですが、新しく取り入れたエントリールールではサインなし。
ルールを破る訳にもいかず、見送ったら100PIPS弱の上昇。

考えても仕方ないんですが、ちょっと引きずりました・・・

ユーロドル日足チャート

2020年8月8日ユーロドル日足チャート

週明け早々1.175を下抜いたと思ったら、上まで戻って長い下ヒゲの陰線で終了。
1.170で反転上昇で1.190までいったんですが、金曜日に1.178近辺まで落とされました。

1.190がレジスタンスラインになっています。
これで2回上昇を止められています。

このまま落ちていけば、ダブルトップが見込める状況。
ふたたび上昇すれば、トリプルトップかレジスタンスブレイクか。

上昇なら1.190、下降なら1.170。
この二つラインを抜けた方向を追っていこうと思います。

ダウの方向は、4時間足では何とか上昇といえそう。
1時間足では下降のダウが進行中。

1.170を下抜いてくれば、4時間足でも完全な下降のダウです。

週足で見ても、長い上ヒゲのローソク足が続いた状況。
そろそろ週足での押し目も考えていきたい価格帯です。

米ドル円日足チャート

2020年8月8日米ドル円日足チャート

ジリジリ下降のフラッグから、上昇に転じて取引終了。
昨日の上昇で106円近辺まで戻りました。

戻り売りするには良さそうなポイントです。

週明けに106.60損切りで、売りエントリーしていきます。

ただし来週の取引開始から上昇で、106.00を超えていくなら様子見に変更です。

それでも基本的には売り目線キープ。

ユーロ円日足チャート

2020年8月8日ユーロ円日足チャート

週明け早々の下降で124.00を下抜きました。
結局は戻って下ヒゲの陽線に。

そのまま上昇を続け125.50近辺までいきましたが、下降して124.80付近で取引終了でした。

高値と安値の切り上げが続いています。
来週以降も上目線のままでいきます。

124.50を下抜いていくと、1時間足では下降のダウが勢いづきそうな感じ。
その時は日足での押し目になると想定してます。

124.50を下抜いたら様子見。
それまでは押し目買いのサイン待ち。
来週はサインがでるか・・・

ポンドドル日足チャート

2020年8月8日ポンドドル日足チャート

一度押してから上昇していきましたが、今週も1.3200で上値を止められて下降。
レジスタンスラインとして1.3200が機能しているようです。

下降するようなら、1.300がサポートラインになるか次第。

1.300上で安値確定なら、1.3200が利確目安でリスクリワードがよければ買い。
下で安値確定なら、戻り売りのタイミング待ち。

上昇なら1.3200の少し上でブレイクアウトの買い。
これは、押し目は待たずにエントリーしてみます。

1.3200で止められたら、トリプルトップの可能性も出てくるので安値確定待ち。

安値が確定したら、あとは先に記述した通りに動きます。

今後のトレード方針

来週は日本ではお盆休み。
海外勢も夏休みの真っただ中。

いろいろ想定しましたが、無理にトレードする必要なし。

2020年7月のトレード成果

プラス  322PIPS
マイナス 92PIPS

トータル プラス 230PIPS

新エントリールールでのトレードは、いい感じでスタートできました。

ドル売りで方向感がでていたのが、勝ちが増えた要因の一つでしょう。
負けトレードの大半は、トレンドの戻りや押しの深さに引っかかったもの。

まだ一ヵ月なのであくまで仮定ですが、レンジ相場に対応するアレンジルールも考えた方が良さそう。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました