いきなり介入スタート?ボラティリティの大きな相場環境が続いてます

月曜日の早朝から介入と見られる荒れた動きの米ドル円。

大きく下がり大きく上げて、ボラティリティの大きな相場環境が続いてます。

スポンサーリンク

2022年10月24日からの動きと今後のFX相場私的考察

147.72で持ち越してた米ドル円の買いポジション。
前回考察の最後にチラッと書きましたが、まさかの早朝介入と思われる急変動がありました。

いきなりの急下降でどうなるかと思ってたところ、損切り一歩手前で反転上昇へ。

なんとか100PIPSプラスで終われました。

そんな事もあったので、今週はノーポジで取引再開を待ってます。

ユーロドル4時間足チャート

2022年10月30日ユーロドル4時間足チャート

「FRBが利上げペースを減速か」というファンダもあり、ユーロドルは1.000を超える上昇をしていきました。
1.0092まで上げてからは下降して、取引終了は0.9964となっています。

パリティ割れで週を終えました。
週足ではまだ下ですが、日足では上方向優位となりました。

これから上に向かうにしても、今週はもう少し下と見ています。

まずは1.000近辺で下降のチャートパターンで売り。
この一本で考えています。

いきなり上の場合は1.010を超えたら買い検討します。

いきなり下の時は反転上昇は様子見。
上昇の流れなら買い検討します。

0.980を下抜いたら下方向優位と見ます。
下降のチャートパターンや戻り売りでトレード検討します。

米ドル円4時間足チャート

2022年10月30日米ドル円4時間足チャート

147.64からスタートして149.69まで上昇。
すると介入があったのか不明ですが145.44まで急降下していきました。
再び149.45まで上げてからはジリジリ下降。
145.10の安値をつけました。

この後は週末の日銀政策金利発表を控えてジワリと上昇。
発表から総裁会見後にかけ上昇が強くなりました。
その後は介入らしき動きはなしで147.46で取引終了しました。

下向きの流れが出てきました。
これまでは買い一本でしたが、ここからは売りも検討したいと思います。

まずは再開後の流れを見たいと思います。

現時点でのシナリオでは上に向かったら様子見。
149.00辺りから売りの流れを待ってみます。

下に向かったらラインでの反転買い。
短期足でリスクリワード設定し、148.50辺りを目標に考えます。

145.00を下抜いたら安値確定まで様子見します。

ユーロ円4時間足チャート

2022年10月30日ユーロ円4時間足チャート

こちらも介入?の影響で荒れた動きのスタートとなりました。
安値は143.69、そこから上がって高値は147.70。
再び下降で145.54まで落ちてから、少し戻して146.91で取引終了でした。

140.00を下抜くまで押し目買いで挑んだ一週間。
週後半で狙い通りのラインで反転上昇してくれました。

週足では上方向優勢ですが、日足と4時間足は高値切り下げの雰囲気があります。

まだ買いだけでいきますが、少し様子見してからトレード検討したいと思います。

現時点でのシナリオは、一気の上昇の時は様子見。
高値圏での売りを狙える形まで待ってみます。

下降なら反転後に安値切り上げ確定で買い。
144.00を下抜いたら様子見再考察とします。

ポンドドル4時間足チャート

2022年10月30日ポンドドル4時間足チャート

米ドル安の流れで上昇していきました。
1.1395から始まりじわじわ下がり1.1257へ。
そこから上昇スタートで1.1644まで。
その後は下げて上げてとなり、1.1612で取引終了でした。

基本様子見だったんでノートレードです。

週足はヒドゥンダイバージェンスで下降示唆。
ですが日足はヒドゥン解消で上昇気配です。

日足で上目線となるラインもすぐ目の前。
ここを超えたら買い優先で考えていきます。

それまでは戻り売りメインで検討します。
下降のダウ形成がトレード条件です。

今後のトレード方針

ユーロドルは売りだけど、1.000を超えたら買いも頭に入れて。
米ドル円は149円以上から売り、145円以下では買い。
ユーロ円は買いだけど高値圏なので注意。
ポンドドルは日足目線変更までは売り。

今週はFOMCに米雇用統計。
英国も政策金利発表があります。

ギャンブルトレードの誘惑に負けない事。
急変動する時は静観するのが一番です。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました