米雇用統計の発表後から米ドル売りが強くなってます

米国と英国で政策金利発表。
各国中央銀行総裁の発言。
米雇用統計。

他にも政策金利発表や重要指標の多い一週間でした。

FOMCでも大きく動きましたが、金曜日の米雇用統計後は米ドル売りが強くなってます。

スポンサーリンク

2022年10月31日からの動きと今後のFX相場私的考察

ユーロドル4時間足チャート

2022年11月6日ユーロドル4時間足チャート

0.9957スタート。
高値0.9975で安値0.9729。
0.9957クローズ。
週足は実体のない下ヒゲの長い十字線となりました。

日足では4日かけて下降した分を長い陽線一本で戻してます。

木曜日までの流れはおおよそ前回考察の範囲内。
しかし金曜日の急上昇は想定外でした。

何もできずに終了しました。

米ドル売り要因も出てきましたが、重要な節目の1.000が目の前。
ここでの反転は売りで検討しています。
1.000以下ではライン付近での売りチャンス待ちが基本線です。

1.000を超えたら買い検討。
ですが1.010目標でリスクリワード次第とします。

戻りやパターンなく1.010に近づいたら様子見。
超えるか反落か見極めてから再考します。

米ドル円4時間足チャート

2022年11月6日米ドル円4時間足チャート

148.84まで上昇した後148から147の間をウロウロ。
145.66まで一気に落ちてからは148近辺をウロウロ。
取引終了は146.60でした。

横に動いたようでジワリジワリと下げた感じの一週間です。

前回考察に書いた通り、下向きの流れが出てきた印象です。
それでも「下にいったら買い場探し」は変えないつもりです。

145.00までは反転買いで考えてます。
ここを下抜いても142.00までは上昇ダウで買いを考えます。

上方向では148.00を超えてきたら売り場探しに変更です。

ユーロ円4時間足チャート

2022年11月6日ユーロ円4時間足チャート

147.74まで上昇した後は下降を続けます。
144.02の安値をつけた後は上昇。
145.96で取引終了でした。

日足では陰線4連続で下方向に強く動いてました。
しかし金曜日の陽線一本で半分近く戻してます。

そのため週足では陰線ですが長い下ヒゲになりました。

148.00から144.00のレンジになりそうな感じです。
しかし今週は上方向に動くと想定しています。

再開から下降しても144.00までは買い優先で検討。
下抜いてきたら売り優先で再考察。

いきなり上の時は押し目買いのチャンス待ち。
148.00付近からは売りを視野に入れた様子見とします。

ポンドドル4時間足チャート

2022年11月6日ポンドドル4時間足チャート

4日間下降して最後の1日で大きく戻す。
ユーロドル・ユーロ円と同じような展開でした。

取引終了は1.137です。
直近高値は1.164で安値が1.114。

上方向に勢いがついてますが目の前に1.140のキリ番。
いい感じの戻りにもなってます。
ですがここから落ちたとしても、1.114は何度か反転してるサポートラインになってます。
1.140から1.110のレンジもありそうです。

今週は上で止められると想定し、売り優先で考えていきます。

1.140を超えたらなるべく上から売り。
1.150付近では反転即売り。
1.160付近からは下降ダウやチャートパターンで売り検討します。

取引き再開早々から下降なら様子見。
1.114を下抜いたら売り検討します。

1.140から1.110の間は様子見で。

今後のトレード方針

ユーロドル・ポンドドルは売り優先に検討。
米ドル円はなるべく下から買い、上から売り。
ユーロ円は買い優先。

今週も重要指標(特に米CPI)や要人発言が目白押し。

年末までは急変動ありきで挑みたいと思います。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました