2023年12月4日からの為替相場の流れと今後のトレードシナリオ

植田日銀総裁の発言から金融緩和策の解除が連想され、強い円買い相場となりました。

米ドル円は一時141円台前半まで落ちています。

本記事は広告・プロモーションが含まれています。

スポンサーリンク

FX相場私的考察

前回考察の結果

ユーロドル

シナリオ

1.0830までは反転買い
1.0750までは安値切り上げで買い
1.0660までは目線とダウが上で買い
上昇スタート時は押してから買い検討

12/05、1.0800での反転買い。
1分足グランビル買い③エントリー1.0812、損切り1.0800、利確1.0830
順行して指値利確。

米ドル円

シナリオ

上昇スタート時は基本押し目買い
一気に148.50越えならサポートになったら買い
146.50までは反転買い(148.50までのレンジ想定)
145までは安値切り上げで買い

12/04、4時間足146.65付近から長い下ヒゲ反転買い。
5分足グランビル③エントリー146.77、損切り146.40、利確147.30
逆行したがギリギリで損切り回避から順行して指値利確。

12/05、146.65がヒゲ先となり反転上昇。
15分足グランビル買い③(若干フライング)エントリー147.05、損切り146.82、利確147.55
ダブルトップっぽい形になったのでネックライン割れの146.90で損切り。

12/07、日銀総裁発言からの強い下降に乗ってみた。
5分足グランビル売り⑦エントリー144.82、損切り145.40、利確は裁量。
あっという間に144付近まで落ちてきたので損切り建値、利確143.65にして就寝。
起きたら指値決済されてた。
決済後も下降して141.57まで落ち、143台に戻っている。

ユーロ円

シナリオ

158までは安値切り上げで買い

12/08、4時間足と1時間足の長い下ヒゲが気になるが、前日からの強い下落に乗ってみた。
5分足グランビル売り⑦エントリー154.47、損切り155.00、利確153.25。
根拠(グランビル)が崩れたんで154.84で損切り。

ポンドドル

シナリオ

押してから買い
1.2450から1.2600のレンジも想定
1.2500まで反転買い
1.2350まで安値切り上げで買い

ノートレード。

4時間足チャートでの考察

ユーロドル

2023年12月10日ユーロドル4時間足チャート

落ちてから上げる想定でした。
その通りに落ちましたが1.0750付近まで戻りなく落ちています。
その後に1.0820付近まで戻してから1.0722まで下降。
週の終値は1.0756となってます。

日足の直近の流れは上昇ダウ。
1.0750がサポートになり反転上昇が考えられます。
上昇開始なら1.0800を超えてから押し目買い。
下抜いたら様子見します。

週足では大きな下降の戻りが終わり再下降に入った感じ。
1.0515まで落ちれば1.1000までのレンジの可能性あり。
このまま下降が強ければ1.0700を目安に対応を変えます。
1.0700で反転なら上目線で買い、下抜きなら下目線で売り。

ひとまず売り買い両対応で考えてます。

米ドル円

2023年12月10日米ドル円4時間足チャート

下げる週だとは思ってましたが、日銀総裁の発言で大きな下落です。
下値の目安にしてた145も割ってきています。
141.57まで安値更新しましたが、その後は戻して144.93で取引終了しています。

やはり145円が目安になりそうです。
ここより上なら押し目買い買い継続。
下にいるときは様子見。

まだ急変があり得るのでトレードは小ロット、短期決済で考えてます。

ユーロ円

2023年12月10日ユーロ円4時間足チャート

米ドル円と同じく大幅下落です。
159.49からスタートし153.12まで落ちた後、155.92まで戻して取引終了しています。
トレード対応も米ドル円とほとんど同じ。
ですがユーロ円は売りも考えています。

このまま戻りの上昇スタートなら156.50以上で押し目買い狙い。
158付近だけは反転下降があれば売り。
それ以外の動きは様子見。

トレードは小ロット、短期決済なところも米ドル円に同じ。

ポンドドル

2023年12月10日ポンドドル4時間足チャート

日足なら下ヒゲから上昇再開なるか。
週足の流れなら下降再開なるか。
ユーロドルと似たような状況です。
なのでポンドドルも売り買い両対応でいきます。

1.2500を目安に超えてれば上目線で買い。
下にいれば戻り売り狙い。
再開から急上昇で1.2600越えなら様子見再考察。
急下降時は戻り売り狙いだが、落ちても1.2300までと想定しています。

今後のトレードシナリオ

ユーロドルとポンドドルは目安ラインの上下で売り買いチェンジ。
米ドル円とユーロ円は、急変動に注意しつつ小ロット短期足で買い優先。

今週は政策金利発表や重要指標がゾロゾロ控えてます。
年末で取引量も減ってくると急変動も増えてきます。

稼ぐチャンスでもあり、大損する可能性も高い。
気を引き締めていきましょう。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました