米国と日本の金融政策発表でドル円上昇も介入で急降下

FOMCでは積極的な利上げ方向の姿勢がみられ、日銀は金融緩和継続を決定。

ドル買い円売りが続きそうなところで政府・日銀による円買い・ドル売りの為替介入。

一気に円高方向に動きました。

スポンサーリンク

2022年9月19日からの動きと今後のFX相場私的考察

これまで「いつでも介入する」という雰囲気は出してましたが、本気で介入してくると考えてた方は少ないでしょう。

5円近く円高に動いたので、突然の介入効果は大きかった方でしょう。

しかし追撃はなかったんでしょうか。
介入後すでに半分は戻しています。

ですが「警戒感」という効果が続くので成功と言えそうです。

ユーロドル4時間足チャート

2022年9月25日ユーロドル4時間足チャート

1.005から0.995の間で動いてましたがブレイク。
0.980で止まって0.990まで戻してから0.966まで下降。
取引終了は0.968でした。

下方向は様子見にしてましたが良い勢いで落ちていきました。
米ドル高の流れは変わっていないようです。

状況が状況だけにちょっと買いは考えにくい。
引き続き、なるべく上から売りで検討していきます。

米ドル円4時間足チャート

2022年9月25日米ドル円4時間足チャート

じわりじわりと上昇し145.00を突破。
145.89まで到達しましたが、円買い・ドル売り介入で一気に急降下。
140.34まで下降しています。
しかし押し上げも強く、143.34まで戻して取引終了でした。

押すという想定はありましたが介入での急落は想定外でした。
最大で137.50まで押すと見ましたが、介入があってもそこまでは落ちてません。

むしろ上昇気配すらあります。
しかし、なかなか買いにくい状況にはなりました。

145.00近辺まで上昇すると介入警戒感も強くなりそうです。
売りを狙ってみるのも一手ではありそうです。

ですがファンダメンタルズは変わらず米ドル買い円売り方向。
なので下から買いは崩さずに行きます。

しばらく様子見してからトレード検討します。

ユーロ円4時間足チャート

2022年9月25日ユーロ円4時間足チャート

米ドル円と同じく介入により急降下です。
138.70の安値から少し戻して140.25。
再下降して138.92で取引終了しています。

週足以下の形から「もう少し下げる」とは見てましたが一気すぎ。
何もすることなく一週間が終了でした。

これまで「大きな流れは上」と見てました。
基本的には変わりませんが、もうしばらく下に向かうと想定しています。

戻り売りの形がきれいならトレード。
上昇中は様子見。

円絡みは無理しない方針です。

ポンドドル4時間足チャート

2022年9月25日ポンドドル4時間足チャート

すこし戻りはありましたが下げ続けた一週間でした。
1.136からは戻りもなく1.083まで下降しています。

「上から売り」の想定は崩れました。
しかし25EMAに下からタッチしたところで15分足でヘッドアンドショルダー。
基本通りのネックラインの戻り売りで勝つことができました。

ファンダメンタルズが変わるまで米ドル買い方向のまま。
つまりは今まで通り「なるべく上から売り」

これ以外は考えません。

今後のトレード方針

ユーロドルとポンドドルは上から売り。
米ドル円は基本買いだけど様子見。
ユーロ円は直近は売り。

介入警戒感で145円前後の米ドル円買いはちょっとためらわれます。

ユーロドルやポンドドルを見ればわかる通り、ドルストレートが現時点では分かりやすいかなと。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました