FXトレード一週間の成果とユーロドルのチャート分析1時間足画像付

先週末に、1.13での反発上昇を期待すると記事にしました。今週のユーロドルは1.13から80PIPSくらいですが上昇してくれました。「狙い通り!」と言いたいところだったのですが上昇する前、1.13を下抜いてから1.127まで30PIPSほど下降していったので、その日は警戒してエントリーせずに就寝しました。

翌朝チャートを確認してみると深夜2:00くらいから一気の上昇。結局エントリーできたのは1.1365くらいで、後からみるとほぼ上昇の天井でした。

一気の上昇後チョコチョコとスキャルピングで利益を出せたのですが、1.13を下抜いていった時に逆張りの買いを何回か試していたので損失を出してしまいました。

これが警戒した原因です。

トレード考察と成果

11月26日から一週間のFXトレード成果

プラス  51PIPS
マイナス 19PIPS

トータル プラス32PIPS

下降してきたユーロドルですが1.127付近から反発上昇して、日足での逆ヘッドアンドショルダーを作ってくれるのかと期待しましたが、その後は上昇分をほとんど戻して今週が終わりました。

ユーロドル1時間足チャート

2018年11月26日から一週間のユーロドル1時間足チャート

想定していた通りの動きだったのですが、深夜帯の寝ている時間に急に動かれても対応しようがありませんでした。なにせ寝てますので。

たしか要人発言があって急に動きがでたと思いますが、エントリーはチャートを見ながらすると決めていたので乗り損ねてしまいました。

これからのユーロドルですが、ちょっと分かりにくいチャートの形になってきました。

4時間足で見るとここまで高値は切り下げて、安値は切り上げるペナントのような形を作っています。直近安値を下抜いてくるのか、それとも上昇してペナントを継続するのか。

短期トレードで下方向狙いにいきたくても1.130のキリ番まで20PIPS弱しかありません。ちょっと動きずらいところで一週間が終わっています。

そして土、日曜日にかけてG20があります。相場を大きく動かすような展開があった場合、週明けは大きな窓開けスタートも考えられます。さらに週末には米雇用統計も発表されます。

来週は動きがあるまでは様子見で行こうと思います。まずはG20がどんな形で終わるのか次第で早起きするかどうか決めます。

2018年12月8日

米ドル円日足チャート

ここ最近はユーロドルでのトレードがメインだったのですが、米ドル円が日足で見ると完全にペナントを作っています。このまま三角保ち合いの状況が続くと何時かはどちらかにブレイクすると思われます。

2018年12月5日の米ドル円日足チャート

安値はかなり前からトレンドラインで支えられながらの上昇を続けています。

高値もしばらくは切り上げての上昇だったのですが10月初旬の114.5付近を頂点に、その後は高値を切り下げながらの下降をしています。

結果ペナントを作る形となったのですが、正直上でも下でもどちらに向かってもおかしくない形に見えます。

キーポイントになりそうなのは上が114.5、下が111.5だと私は想定しています。

上であれば114.5を抜いてきた後、115.0まですんなり上昇するのかどうか、下ならば111.5を割って111.0まで下降していくのかどうか。それぞれキリ番に近づいたときにどういう動き方をするのかがポイントだと思います。

どちらとも一度はキリ番で反転するとは思いますが、その後キーポイントで支えられてからのトレンド形成になると想定しています。もしもそれぞれキリ番を一気に抜けていくとすれば、その後の戻りや押し目でキリ番で支えられてからのトレンド形成となりそうです。

どちらにせよ、キーポイントを抜ければ動きが出るのではないかと予想しています。

ただこれまでの週足では下方向へ抜けていくことは何度かありましたが、上方向へはかなり以前まで戻らないと見受けられません。

上でも下でもキーポイントを抜けられずに反転していくようならば、114.5から111.5のレンジ相場が続くことになると思います。

今のところ米ドルの強さがありますので、個人的には上方向を期待しているのですがこの後の動きはどうなっていく事やら。

今年もあと一か月弱となりました。いい終わり方で年越ししたいところです。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました