動きが小さくなってきましたが今年最後のFOMCで急変動あるか?

オミクロン株警戒のリスクオフが続いてましたが、週末にかけて少し和らいだ印象も受けます。

ユーロドルや米ドル円はボラが小さくなってきました。

いよいよ今年最後のFOMCです。

スポンサーリンク

2021年12月6日から一週間のFX相場私的考察

今週は注目のFOMCがあります。
テーパリングだけでなく、利上げに関する言及があれば急変動もありえます。

現在のポジションはFOMCまでに決済予定です。
FOMC後は余程偏った動きをしない限り、トレードはしない予定で書いてます。

ユーロドル4時間足チャート

2021年12月12日ユーロドル4時間足チャート

レンジ相場です。
少し飛び抜けたところもありますが、大体1.1373から1.1260の間にいます。

取引再開後に上に向かったら天井付近でどうなるか。
いきなり下でもすぐにレンジの底です。

日足・4時間足共に上目線。
ひとまずは買い重視でトレード検討していきます。

レンジの底1.1260付近で反転買い狙い。
レンジ天井1.1373付近では反転売りで、超えたら押し目買い。

下方向は直近安値の1.1226を下抜いたら様子見。
さらに安値の1.1185を抜けてから売り検討します。

米ドル円4時間足チャート

2021年12月12日米ドル円4時間足チャート

前回考察したレンジを上に抜けてきました。
その後は113.95から113.20で上下して終了。
少し切り上げたところでレンジを作っています。

チャート形状はヘッドアンドショルダーに見えます。
このまま113.20を下抜いていくと、強いサポートラインである112.70まで落ちるかもしれません。
下に動いた時は戻り売りのチャンスを待ちつつ、112.70付近での反転買い狙いでいます。

上に動いた時は113.95付近での反転売り。
上昇のダウ形成なら押し目買い。

ただし、トレードはすべて短期で考えてます。
最大でも利益幅20PIPSまで、基本10PIPSで決済予定です。

ユーロ円4時間足チャート

2021年12月12日ユーロ円4時間足チャート

少しずつ安値を切り上げてます。
高値も129.00を超えてます。
週足も上ヒゲ付きだけど久々に陽線。

調整であれ転換であれ、そろそろ上に向かってもいい頃合い。
トレードは買い重視で検討していきます。

127.46までは買い場探し。
129.00付近ではポジションキープなら反転注意。

上昇のダウである限り、押し目買いだけ狙います。

ポンドドル4時間足チャート

2021年12月12日ポンドドル4時間足チャート

ここまで下方向優勢の相場環境が続いてましたが、ジワリと安値切り上げで終了しました。
最後は長い実体の陽線2本で上目線に。
そろそろ週足での調整に入っても良さそうです。

トレードは買いだけで検討します。

下降中は様子見で、1.3200までは反転買いチャンス待ち。
1.3200を下抜いたら売り重視に戻します。

今後のトレード方針

ユーロドル・ユーロ円・ポンドドルは買い重視。
米ドル円は売り買い両方。

新規ポジションは短期トレードで。
保有ポジションはいいとこで決済。

FOMC後に再検討。

以上。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました