ファンダメンタルズ要因は為替相場の環境を変える重要な要因です

皆さんはFXのトレードをする際に、テクニカル分析とファンダメンタルズ要因のどちらに重点を置いていますか。

個人的な見方では、テクニカル重視の方が多いように思います。
ですが、ファンダメンタルズを軽視してはいけません。

ファンダメンタルズは、相場環境に大きな影響を与える要因です。

スポンサーリンク

ファンダメンタルズは為替相場に影響する要因

ファンダメンタルズとは

ファンダメンタルズとは、日本語では「経済の基礎的条件

経済活動に影響を与える要因全般の事を表します。
経済状態を表す指標や中央銀行の金融政策、各国の重要人物や金融・経済に影響力のある要人による発言などが該当します。

特に各国の金融政策や要人発言では、相場の流れが急激に変化することも見られます。

実際に金融政策には、口先介入なんて言われるファンダメンタルズ要因も存在します。

口先介入とは

口先介入とは、政府や中央銀行の要人たちが市場に介入するような発言をする事で、実際の行動を起こさないで為替相場の動きを変えようとする行為。

要チェックの経済指標

経済指標とは

経済指標とは、経済状況に関する要因を数値化したものです。
その国の経済の動向をみる指針となるもので、各国の政府や行政機関が発表しています。

経済指標のなかには、為替相場に強く影響を与えるものがあります。
簡単にですが紹介しておきます。

政策金利

中央銀行が一般の銀行へ融資する際の金利

景気が良い国では金利が高く設定される事が多く、その国の通貨価値が上がりやすくなる。
そのため為替相場では、その国の通貨が買われやすくなる。

各国の政策金利の発表後や要人会見では、チャートが急激に変動する事がよくあります。

雇用統計

就業者数や失業率を発表している。

毎月の第1金曜日に発表される、アメリカの雇用統計は特に注視されています。

GDP(国内総生産)

上記2件よりは、為替相場に与える影響は少な目です。
とは言え、各国の経済状況を示す重要な指標となります。

これら以外にも、小売売上高、個人消費支出、景況感指数など、為替相場に影響を与える経済指標は色々あります。

経済指標発表時のトレード

特に大きな影響力のある経済指標の発表時

アメリカの重要指標の発表の前後などは、チャートが頻繁に上下動する事も多々あります。
そんな時はトレードしない方が無難

余程の自信があるのなら、トレードする事も否定はしません。
ですが急激な変動が多く、対応できない状況も見られます。

さらに重要な指標発表の前後は、スプレッドが拡大しているFX会社が多いです。
それだけでもトレードには不利な状況です。

まだFXを始めたばかりの方は、大きな変動がある経済指標発表前後はトレードは控えるべきです。

指標発表が終わり、チャートの動きが落ち着いてからでもチャンスはあります。

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析

FXの情報集めをしていると、二つの考え方を見つけました。

  • テクニカル分析にファンダメンタルズ要因を加味する
  • ファンダメンタルズなんて意識した事がない

この二つです。

「チャートを見ないでファンダメンタルズ要因だけでトレード」
こういう考えの方は、ゼロとは言い切れませんが多いとも思えません。

ですが逆に「ファンダメンタルズ要因を考えない」という方が多数いた事に、個人的には驚きがありました。

たしかにファンダメンタルズ要因は織り込まれると言います。

ファンダメンタルズによる影響を加味しながらチャートは作られていく」という見方です。
この考えには私も賛成です。

「だから注意してファンダメンタルズを意識する必要はない」という意見に対しては、私は賛成できません。

ファンダメンタルズも為替相場の環境を決める大きな要因です。

急変動の大半は、突然のファンダメンタルズ要因。
しっかり情報収集しておいて損はないと思います。

まとめ

ファンダメンタルズ要因は、チャートに急変動を与えるくらいの影響力があります。

チャート分析をして、ルール通りのトレードをしていく。
確かにFXの上達の道です。

テクニカル分析はとても大切
そこにファンダメンタルズ要因も考慮したトレード。

この方が良い結果を生み出しやすいと思います。

ただし、思い込みは厳禁です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました