FXを始める方へ、為替相場分析にはテクニカルとファンダメンタルズ

スポンサーリンク
テクニカルとファンダメンタルズの重要性 FXの事

ここ最近連敗が続き資金が減り続けていたので、心機一転エントリールールにテクニカルを加えてみようと思いました。エントリールールは今まで通りチャートパターンと21MAを基本としていますが、今までは使っていなかったMACDをルールの中に組み込んでみる事にしました。

焦りなのか気持ちが先走ってしまってチャートの形がでる前にエントリーしてしまい、思った通りのチャート形状にはならずに損切りというパターンが続いていました。

そこでチャートパターンができた時にMACDでもサインがでていたらエントリーするようにルールを追加してみました。

テクニカルとファンダメンタルズ

突然話が変わりますが皆さんはテクニカル分析ファンダメンタルズ要因のどちらに重点を置いていますか。

なんで急にこんな話になったのかというと、新しいルールを作ろうといろいろ調べている時に、ある方はテクニカル分析にファンダメンタルズ要因を加味するといい、またある方はファンダメンタルズなんて意識した事がない、と意見が分かれていました。

チャートを見ないでファンダメンタルズ要因だけでトレードするという方は恐らくいないのではないかと思いますが、ファンダメンタルズ要因を考えないという方が結構いたのには驚きました。

たしかにチャートにファンダメンタルズ要因が織り込まれるという考え方は私も賛成ですが、まったく意識しないでトレードするのは私には到底できない事です。ファンダメンタルズも為替相場の方向を決める大きな要因ですのでしっかりと把握しておいて損はないと思います。

特に各国の重要人物や金融、経済関係の要人によるちょっとした発言が為替相場の方向を変えてしまう事もよくあります。口先介入なんて言葉もあります。

余談ですが感情が一切入らないシステムトレードという手法もあります。
インヴァスト証券 シストレ24 口座開設
インヴァスト証券 シストレ24 口座開設

要チェックの経済指標

為替相場に影響の強い経済指標がいくつかありますので簡単にですがご紹介しておきます。

政策金利

  • 各国の中央銀行がそれぞれの国の一般の銀行へ融資する際の金利。景気が良い国ではこの金利が高く設定されることが多く、その国の通貨価値が上がり買われやすくなる。

特にアメリカやEUの政策金利を決める会合(FOMCとECB)後の政策金利発表や要人会見ではチャートが急激に上下する事がよくあります。

 

雇用統計

  • 就業者数や失業率を発表している。

毎月の第1金曜日に発表されるアメリカの雇用統計は特に注視されています。

 

GDP(国内総生産)

  • 上記2件よりは為替相場にあたえる影響が少ないとはいえ各国の経済状況を示す重要な指標です。

 

この他にも小売売上高個人消費支出景況感指数など為替相場に影響を与える経済指標があります。

 

参考までにファンダメンタルズの活用方法にはこういった手法もあります。
スキャルピングで脱サラした投資法β版
億越えスキャルトレーダーの4つの手法を初公開!

まとめ

私はチャートの形状だけで為替相場の方向を決めつけてしまうのは危険だと思います。経済指標の発表がある時、特にアメリカの重要指標の発表がある時はトレードはしない方が無難だと思います。

余程の自信がある場合はトレードする事も否定しませんが、発表された内容次第で急に方向転換なんてこともありますし、急激に動いていく事が多いため対応しきれない事が多くなります。

重要な指標発表の前後はスプレッドが拡大しているFX会社が多いのでそれだけでも不利になります。まだFXのトレードを始めたばかりの方はトレードを控えたほうが良いように思います。

指標発表が終わりチャートの動きが落ち着いてからでも十分トレードはできます。チャート分析をしてルール通りのエントリーをしていた方がトレードが上手くなっていくと思います。

チャート分析はできるようになった方が良いのは言うまでもありませんが、ファンダメンタルズ要因も加味した方が良い結果を生み出しやすいと思います。ただどちらにも強い思い込みは持たないほうが良いのは間違いありません。

目の前のチャートが作りだしている形がすべての答えです。

 

コメント

スポンサーリンク