FXを始めたい方へFXのチャートパターン勉強は通貨ペア一つで集中

チャートパターン勉強法の黒板 FXの事

これからFXを始めようとお考えの皆様、あるいは始めたばかりの方々、一つの通貨ペアでトレードしてますか?それとも複数の通貨ペアでトレードしてますか?ちなみに私がFXを始めたばかりの頃は米ドル円だけでトレードしていました。

スポンサーリンク

一つの通貨ペアか複数の通貨ペアか

FXで実際にたくさんの利益をあげている方々のなかでも、一つの通貨ペアだけでトレードしている方と複数の通貨ペアでトレードしている方がいます。

私が参考にさせて頂いている方も、お一人は一つの通貨ペアで集中してトレードするという考え方で、もう一人の方は複数の通貨ペアを見る事でエントリーチャンスを増やすとお話ししていました。

どちらの方もFXで成功してるといえる方々ですので、どちらの方法も正しいのかもしれません。
ただ私の考えではFXを始めたばかりの頃は米ドル円一本でトレードする事をお薦めしています。

その理由として日本では一番メジャーな通貨ペアでスプレッドも狭い設定のFX会社が多いからです。
スプレッドとは売りと買いのレートの価格差で一般的にはFX会社の利益(取引手数料)と考えられています。

スプレッドがあるのでエントリーするだけでマイナスからのスタートになるのがFXのトレードです。
エントリーしたらポジションを長期保有(スイングトレード)するなら影響は少ないかもしれません。

しかし昼間は仕事で夜の2~3時間しかトレードできない。だけど毎日トレードしたい。
なんて方々からすると、エントリーするたびにマイナスからのスタートとなり、ポジション保有期間も短いトレード(スキャルピング)で、次の日の事を考えると夜のうちの数時間しかトレードができない

こんな状況下で複数の通貨ペアをチェックするのはチョット忙しすぎます
一つの通貨ペアのトレードでも短期足から長期足までの流れの確認もしなければなりません。

まだFXを始めたばかりの頃は集中して一つの通貨ペアのレートの動きを観察する方が後々の為になると思います。

そしてもう一つの理由が、後々の為になるチャートパターンの勉強になるからです。

スポンサーリンク

チャートパターンを見つけ出せるようになるには

米ドル円5分足チャートでのヘッドアンドショルダー

ヘッドアンドショルダーと呼ばれるチャートパターンです。
呼び方よりも形が大切です。

時には違う動き方をしてチャートパターンを作らないケースもありますが、後からチャートを見返すとチャートパターンが完成する時のロウソク足の動き方はほぼ毎回共通しています。

チャートパターンそのものを見つけるためには複数の通貨ペアを見ている方が早いと思いますが、見つけた時には既に完成している事も多いのでロウソク足の動き方の観察はできません。

チャートパターンが出来上がるまでのロウソク足の動き方を見るためには、一つの通貨ペアを見続ける方が適しています

このチャートパターンを見分けられるようになる為にもチャートを見ている時間を長くする事が大切になります。一つの通貨ペアでチャートパターンが出来上がるまでを見ていると勉強になる事が多くあります

チャートパターンは使わないトレード手法でやるという方もチャートパターンは知っておいて損はないと思います。

最初は短期足(1~15分足)でチャートを眺めているだけでいいと思います。だんだんと「アレ、見たことあるような・・・」と思う事が出てくると思います。実際にトレードしなくていいのでチャートを見ている時間を増やすことが、FXで成功する第一歩だと思います。

「チャートを見ているのだからトレードもしたい」という方は少ないロット数であれば大怪我はしなくて済みます。ただトレードをしてしまうとレートの動きに夢中になってしまってチャートの形を見ていられなくなってしまう事がありますので要注意です。

私がFXを始めたころに参加したオンラインセミナーでの資料に記載されていた勉強方法です

これからFXを始める方へのお薦めの勉強方法です。ただ眺めているだけでOKです。ある日突然アレ・・・どこかで見たような・・・とチャートパターンができあがる前に気づく日が訪れます

コメント

スポンサーリンク