エントリーだけじゃないゴールデンクロスとダイバージェンスの使い方

私は普段は水平線とチャートパターンでトレードをしています。

表示させているテクニカル指標は移動平均線だけです。
水平線だけでもエントリーポイントは判断できますが、エントリー以外で判断に迷ったときはテクニカル指標に頼る事があります。

初歩的なシグナルといえますが、判断に迷ったときは参考になるシグナルです。
ゴールデンクロスデッドクロスダイバージェンスヒドゥンダイバージェンスを紹介します。

テクニカル指標などで表されるシグナルは絶対ではありません。
あくまでも可能性が高いことを教えてくれるものです。
最終判断と責任はご自分でとるのが投資の大前提です。

FXを始めたばかりの方に向けて私が勉強してきたことを記事にしています。
今後のFXのトレードの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

ゴールデンクロスとは

短期移動平均線が長期移動平均線を下から上に抜けていく現象。
相場の上昇の勢いが強くなっていく可能性がでてきたサイン。
買いのエントリーポイントのシグナルとして使う手法もある。

デッドクロスとは

短期移動平均線が長期移動平均線を上から下に抜けていく現象。
相場の下降の勢いが強くなっていく可能性がでてきたサイン。
売りのエントリーポイントのシグナルとして使う手法もある。

ゴールデンクロスとデッドクロス

ゴールデンクロスとデッドクロス

ゴールデンクロスとデッドクロスはエントリーポイントとしても有効に働くケースがあります。

上記のチャート図でもゴールデンクロスで買いエントリー、デッドクロスで決済(売りエントリー)する事で大きく勝つことができています。

ダイバージェンスとは

ローソク足の動きとテクニカル指標(オシレータ系)の動きが逆行する現象。

上昇の局面ではローソク足の高値を結んだラインとテクニカル指標の上側の波の頂点を結んだライン、下降の局面ではローソク足の安値を結んだラインとテクニカル指標の下側の波の頂点を結んだラインで判断する。

ダイバージェンスの意味

ダイバージェンスの英語の翻訳では相違や発散と明記されています。

ダイバージェンスの使い方

トレンドの転換点に現れる

ダイバージェンスの説明

ローソク足が上昇をしているなか、テクニカル指標は下降をしている。テクニカル指標の波の頂点が確定して、ダイバージェンスが形成されたすぐ後からローソク足の下降が始まっている。
上昇トレンドが終了して下降トレンドに転換したポイントに現れている。

ヒドゥンダイバージェンスとは

ダイバージェンスが現れた後に反対側の頂点(上昇局面ではローソク足の安値の頂点)を結んだラインがテクニカル指標の頂点(上昇局面では下側の波の頂点)を結んだラインと逆行する現象。

ダイバージェンスが現れたあとに形成されることが多い。

ヒドゥンダイバージェンスの使い方

トレンドの継続を示唆する

ヒドゥンダイバージェンスの説明

ダイバージェンスの始まりの高値Ⓐから下降して作られた安値Ⓑがヒドゥンダイバージェンスの始まりとなっている。
ダイバージェンスが形成されてローソク足が下降していくも、ヒドゥンダイバージェンスが形成されてから上昇に転じている。
トレンド全体で見ると上昇トレンドが続いている状況。

スポンサーリンク

まとめ

買いでポジションをとった時、利益が伸びそうだったら次のデッドクロスまでポジションキープする。
ダイバージェンスが形成されたのでトレンドの終わりとみて利確を考える。
そこからヒドゥンダイバージェンスが形成されればもう少しポジションキープする。

テクニカル指標はエントリーだけではなく、利益確定や損切りのいい判断材料になります。

コメント

スポンサーリンク