FX初心者向けトレード手法ペナントブレイクのケース

チャートパターンはいろいろありますが、レンジ相場が大半だといわれているFXでは、ペナント(三角保ち合い)が発生する頻度も多いように感じます。

ここ最近、米ドル円とユーロドルでペナントが出来ていました。

ブレイクしたように見えましたが、またペナントに戻ってしまいました。
今回は「ダマし」のような形になりました。

そこで、私が取り入れているペナントでのトレード手法をお伝えします。

ペナント(三角保ち合い)ブレイク時のトレード手法

FXを始めたばかりの方に向けて、私が勉強してきたことを記事にしています。
今後のFXのトレードの参考になれば幸いです。

ペナント(三角保ち合い)をブレイクしてきた時、基本的にはブレイクしたら即エントリーでも間違いではありません

ただし、ブレイクで即飛び乗ってしまうと、「ダマし」にあって損切りというパターンも多々あります。

為替相場がこの先どう動いていくのかは誰にも分かりません

なるべく負ける確率を少なくする事。
すなわち、勝つ確率が高いところでトレードする事がFXでは大切です。

ペナントブレイクの二つの形

ペナントのブレイクといっても、二つの形が存在します。

  • それまでのトレンドと同じ方向にブレイクしていくケース
  • それまでのトレンドとは反転していくケース

ペナントブレイクしていった方向が、トレンド方向なのかトレンドから反転方向なのかによって、ブレイク即エントリーか一呼吸待ってからエントリーなのかを判断します。

この方が「ダマし」を避ける確率も上がってきます

ペナントブレイクのトレード手法の解説

詳しくは次項でご説明します。

ペナントブレイク時の注意点

以下に注意点を記載しておきますが、必ず損切りを入れることがエントリーの前提条件です。

トレンドと同じ方向へのペナントブレイク

トレンドと同じ方向にブレイクした時は即エントリーでOK

それまでのトレンドと同じ方向にペナントをブレイクする動きは、ダウ理論が形成されたままのケースが多いです。

高値と安値が切り上げ(切り下げ)を続けているので、上昇(下降)していくと想定できる根拠がある状況です。

即エントリーしても、そのままトレンド方向へ伸びていく可能性が高いと想定できます。

トレンドから反転してペナントブレイク

トレンドとは逆方向にブレイクした時は、ひとつ前の高値(安値)までの押し(戻り)を待ってからエントリー。

押し目買いや戻り売りでのエントリーをしていきます。

それまでのトレンドとは反転して、逆方向へブレイクするということは、それまでのダウも終了するという事になります。

それまで上昇(下降)してきた、高値と安値の切り上げ(切り下げ)という根拠がなくなる状況です。

そこから上昇(下降)するのであれば、上昇(下降)すると想定できる根拠が必要になります。

押し(戻り)をまって、高値・安値の切り上げ(切り下げ)が確定してからエントリーする。

ダウの形成を確認してからエントリーしたほうが、根拠のあるトレードになります。

ちなみに

最近あった「トレンドとは逆方向へのペナントブレイク」のチャート画像を以下に添付します。

ユーロドル4時間足チャート画像

チャートパターンペナントのダマシ

下降トレンドが続いた後にペナントを形成。
その後に、トレンドとは逆である上方向にブレイクしました。

その後すぐに元のペナント内に戻っています

押し目を待たずにエントリーしていたら含み損の状況になっていました。

ブレイクしたから即エントリーだけでは、昔の私みたいに損切りばかりになっちゃいますよ。

まとめ

ペナントもレンジ相場の一つですので、元のレンジに戻る確率も高いです。

無理矢理にエントリーするよりも、有利な状況の時だけトレードしていく事が、資産を増やしていく一番の方法です。

上記の手法はあくまでも基本としている事で、ブレイク直前のチャート形状によっては、トレンド方向へのブレイクであってもエントリーを待つケースもあります。

細かなパターンについては、別の機会に紹介させて頂きます。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました