エリオット波動がダメでもダウ理論でエントリー

先日ご紹介したエリオット波動でのトレードルールは、私がFXを始めた8年くらい前に一番最初にお金を使って勉強したトレード手法でした。

この手法は上手くハマれば利益が伸びやすい反面、なかなかエリオット波動の状況にならない。
もしくは形が変則的でエリオット波動なのか判断がしにくい欠点がありました。

この手法には続きがあって実際にエリオット波動にならなかった時はその後のチャート形状によってはトレードできるケースがあります。

スポンサーリンク

エリオット波動がダメならダウ理論で

まず前提として

  • トレードする時間足より長期足(日足以上がベスト)で上昇トレンドを形成している。
  • 長期足が調整の下降とみられる状況下ではなく上昇の途中である。

この条件下で買いでのトレードをしていきます。
長期足でのトレンドが下方向に変わらない限りは売りでのトレードは考えません。

まず先日ご紹介させていただいたエリオット波動を利用したトレードルールの簡単なおさらいです。

エリオット波動を利用したトレードルール

詳しい説明はこちらの記事をご参照下さい。

トレードルールを簡単導入!初心者もエリオット波動で取引
トレードルールを作れない初心者の方に参考にしていただけたらと思い、エリオット波動を使ったトレードルールをご紹介します。簡単な資金管理術もあわせてありますのでFXを本格的に始めたい方の参考になると思います。

上昇のダウが継続しているのがトレード条件

エリオット波動の概念に第一波で形成された高値を第四波の下降が下回ることがないという要素があります。
ですが実際の相場ではそのまま下降を続けて第一波で作られた高値を下抜いた後に反転上昇するケースもあります。

エリオット波動は崩れていますが上昇のダウは継続されている
この場合は押し目買いでのエントリーポイントを探していきます。

エリオット波動崩れからダウ理論応用

上昇トレンドでの押し目買いがトレードの根拠

そのまま上昇するという想定でエントリーします。
第一波で作られた高値を超えずに再び下降を始めたら、建値で撤退できればベストです。
粘っても第四波の作った直近安値の少し下での損切りを設定します。

水平ラインがサポートラインとして機能している事がトレードの根拠

第一波で作られた高値から引いた水平ラインを上抜いてから再び下降してきた時は、サポートラインとして機能している確認がとれたら押し目買いでエントリーしてポジション追加していきます。
損切りは直近安値の少し下に設定

下降ダウに転換する可能性があるためトレード見送り。

第五波が第一波の高値を超えずに下降するケースもあります。
状況次第ではヘッドアンドショルダーの可能性も出てきます。

第二波で作られた安値を下抜いていくと安値の切り下げが確定します。
そのため更なる下降の可能性が出てきますので、買いでの上方向の目線から売りでの下方向への目線に切り替える必要があります。

トレードをする際のポイント

大きめの下降があった後の反転上昇からエリオット波動は始まっていきます。
エリオット波動も言ってしまえばダウ理論の動きをしていることになります。

細かなエリオット波動の成立条件はあまり気にせず、ダウが作られている方向へのトレードを5波のなかで完結させるイメージで取り組むと分かりやすいと思います。

そしてトレードの方向は長期足の向かっている方向と同じにする
反対方向のトレードはしない。

これを守るだけでも勝率は改善されると思います。

エリオット波動とダウ理論については下記の記事を参考にして下さい。

エリオット波動とフィボナッチを使った初心者向けFXトレード手法
エリオット波動はエントリー手法というよりは、相場の分析のために編み出された理論です。相場の波には一定の規則性があるという考え方で、株式市場の相場分析用にと考えられました。
ダウ理論でトレンド転換を知る!FXのチャートパターン手法に必須!
ダウ理論。チャールズ・ダウが提唱した市場の値動きに関する理論です。現在の相場分析にもダウ理論が取り入れられている。為替相場にも充分通用する偉大な理論です。私のFXトレードの基本はダウ理論をベースにしています。

まとめ

当時エリオット波動がよく理解できていないうえに、なかなかトレードできない事に我慢できずに自分勝手にルールをプラスしてトレードしていました。

一時的に勝ちが続いて調子に乗ってしまい、さらに自分でルールを作って結局は大失敗。
積み上げた利益をすっ飛ばしてしまいました。

とにかく結果を焦らない事。
じっくり取り組めば必ずFXで成功できます。

コメント

スポンサーリンク