米雇用統計後は若干下方向のユーロドル。この後はECB政策金利発表

トレード

英国議会の動きや米雇用統計などがあった一週間でした。
ユーロドルはそれなりに動きましたが、米ドル円は思ったほど動かなかった印象です。

来週も引き続きブレグジット絡みでいろいろありそうです。
ECBの政策金利発表もあります。更なる緩和策を打ち出してくるのでしょうか。

スポンサーリンク

2019年9月2日から一週間のFX相場私的考察

ユーロドル日足チャート

2019年9月7日ユーロドル日足チャート

日足での戻りを作った一週間とみるべきでしょうか。

1.0926という安値を作った後に1.1084まで上昇しています。
上ヒゲをつけた陰線で1.1020近辺で横に動いている状況で週末を迎えました。

下降のダウは継続中です。
直近最安値を作った一波のスタート、1.116を上抜いていくまでは下目線キープでいいと思います。

この後横方向への動きがフラッグのような形を作ってくると、上昇してくる可能性も出てきます。
1.1085を超えていくと上昇の勢いも出てくるかもしれません。

それでもダウを基本に考えると日足では1.116を超えてローソク足が確定するまでは、下方向へ動くことを前提に考えていきたいと思います。

米ドル円日足チャート

2019年9月7日米ドル円日足チャート

ゴチャゴチャしていたエリアを上に抜いてきました。
直近最安値を作ったスタートの106.80もローソク足の実体で超えてきました。

ダウ的にも直近高値を更新しています。
それでもまだ上方向強しとは言い難いチャート形状にみえます。

日足では107.20をローソク足の実体で超えてきたら、上目線に切り替えようと思います。
超えてからも押し目買いで狙えそうなチャート形状まで待ってからトレードしたいと思います。

それまではレンジ相場と想定して107.00付近から売り、105.70付近からは買いのチャンスを待ちたいと思います。

今後のトレード方針

ECBの政策金利発表、その後の総裁発言もあります。
ユーロドルは基本下目線。動きが少なければECBの結果待ち。

米ドル円は107.20を上に超えたら押し目を待ってからの買い。
それまでは107.00から105.70のレンジ相場とみて対応。

2019年8月のトレード成果

プラス  268PIPS
マイナス 95PIPS

トータル プラス 173PIPS

ユーロドル、ユーロ円でブレイクアウトのトレードなどでプラス。
米ドル円でもと調子にのってマイナスしています。

コメント

スポンサーリンク