ユーロドルが下降中。押し目なのか一気の下落になるのか

英国議会のブレグジット関連の決議は、相場にたいした影響を与えませんでした。
むしろECBの政策金利発表と総裁発言以降、ユーロが弱くなりました。

来週は、FOMCに日銀政策金利発表。
他にも米雇用統計をはじめ、重要指標がたくさんあります。

忙しい一週間になりそうです。

スポンサーリンク

2019年10月21日から一週間のFX相場私的考察

ユーロドル日足チャート

2019年10月26日ユーロドル日足チャート

1.1180近辺から下降し始めました。
ほぼ想定通りの動きになってくれています。
この後は下降がどこまで続くのか、そして反転上昇は何時になるのかの見極めです。

今のところ、1.1060か1.1000での反転を想定しています。
最安値を作ったスタートの高値1.110を上に超えていますので、目線は上方向で良いと思います。

上昇の勢いが強めですので浅めの押し目になると、過去に1.1060近辺でサポレジラインとして機能した実績もありますので、この近辺からの反発と想定しています。

深く押すのだとすれば、強いレジスタンスラインになっていた1.100が目安になると思います。
ここを下抜いてくるようなら、目線を下方向に変更していきます。

米ドル円日足チャート

2019年10月26日米ドル円日足チャート

108.25付近まで下降したので、下方向に動き出すのかとタイミングをみていましたが、結局戻って日足で見る限り横方向へ動いています。

ブレイク待ちの状況が続いています。
上ならば109.00、下なら108.50。

狭いレンジですが、この間を完全に抜けた方向で押し目なり戻りなりを作ったらトレードを考えたいと思います。
現時点では切り上がりのフラッグに見えますので、下方向に動き出す確率の方が高そうですが・・・

今後のトレード方針

米ドルも円も強い状況です。
そのため、米ドル円は横方向の動きで一週間を終わりました。

米ドルと円絡みの重要指標が多い来週は、無理にポジションをとる気はありません。

よくある事ですが、先に発表された指標で下方向に動き、次の指標で上方向へ動く。
トレードする時間がとれたら、指標後の流れにのった短期足でのスキャルピングで考えます。

基本的には1時間か4時間足でのエントリーで考えていますので、日足でハッキリした流れがでるまでは動かない予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました