上昇気配が出てきたなかで米ドル円の戻りの大きさが気になります

ユーロドル、米ドル円、ユーロ円、ポンドドルは上昇中。
ただ米ドル円だけは、戻りが強いようです。

大きな流れになるかは微妙ですが、もう少し上に動きそうに見えます。

しばらく要注意なのは要人発言等での、突然のファンダメンタルズ要因でしょうか。

2020年10月5日から一週間のFX相場私的考察

米ドル・ユーロ・円は、先週末の想定とは反対の動きをしていきました。
目線切り替えラインを早々に超えてしまい、トレード方針再検討になりました。

ポンドだけは思っていた通り、上昇気配が出てきました。
来週吹き上がってくれると嬉しいんですが・・・

ユーロドル4時間足チャート

2020年10月10日ユーロドル4時間足チャート

取引開始早々に、目線変更の目安ラインを超えてきました。
直近高値のヒゲ先も超えて、上目線に切り替えでした。

一度ラインを下抜いて、ふたたび下目線のエリアに入りました。
ですがすぐに上昇して、完全に上目線のエリアに入って取引終了でした。

来週は引き続き上目線。
基本は押し目買いのチャンス待ちです。

先週からの目安1.1750を下抜くまでは、下方向に動く間は待ち。
反転上昇の気配がでたら、買いでのエントリーで考えています。

1.1750を下抜いたら下目線に切り替えて、トレード方針も再検討します。

米ドル円4時間足チャート

2020年10月10日米ドル円4時間足チャート

想定とは違う上方向に動いたので、米ドル円はノートレード。
一度は買いの目安ラインを超えたのですが、すぐに戻ってしまいました。

取引終了時は105.60近辺。
基本的には上目線でいます。

まずは反転上昇待ち。
押し目買いで狙えれば、買いエントリーしていきます。

105.40を下抜いてきたら様子見。
105.00までは、反転上昇も考えながらの様子見です。

105.00を下抜いてきたら、目線を下に切り替えて戻り売りチャンス待ちです。

ユーロ円4時間足チャート

2020年10月10日ユーロ円4時間足チャート

こちらも取引開始早々に上目線に変更でした。
フラッグからの上昇もあり、来週は基本線は上目線です。

現状のチャート形状も、フラッグを作りそうな動き。
このまま横方向に動くようなら、ブレイク狙いの買いで考えています。

上昇していったら、押し目を待っての買いエントリー。
124.20を下抜くまでは、上目線でいきたいと思います。

124.20から123.60の間は様子見。
123.60を下抜いたら、下目線に変更です。

ポンドドル4時間足チャート

2020年10月10日ポンドドル4時間足チャート

1.3000から1.2850の間を上下していましたが、取引終了前には1.3000を超えてきました。
上昇の気配がでてきました。

そのまま上昇しそうですが、まずは押し目買いチャンスを待ってみます。
一気に行きそうなら、短い時間足での押し目買いで。

1.3000を下抜いても、1.2850までは上目線でいます。

下に動いている間は様子見。
反転上昇気配がでたら買い。

来週はこの繰り返しで考えています。

今後のトレード方針

ユーロドル、ユーロ円、ポンドドルは上目線重視。
米ドル円は上目線重視ですが、105円台でのレンジになりそうな気もしてます。

想定は想定。
動いていく方向とライン付近での動きに対応するのみ。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました