リスクオフの円買いと米ドル買いが続いてますが来週のポンドは要注意

米ドルと円が強いリスクオフ相場が続いています。
それでもまだ、明確な方向感はない印象です。

来週はポンドは要注意。

米ドルも、大きく動き出す要因となる米大統領選が近づいてきました。

2020年10月12日から一週間のFX相場私的考察

ユーロドル4時間足チャート

2020年10月17日ユーロドル4時間足チャート

週の前半は下方向に動いていたので様子見。
大きな陰線で1.1750を下抜いたので、下目線でのトレードになりました。

大きな陰線の後は、下降のダウを形成中。
来週は、下降のダウが崩れない限り下目線でいきます。

週明けは下方向に動きそうですが、上に向かったとしても売りのチャンス待ち。
1.1750近辺までは、戻り売りで考えています。

順調に下に向かった時は1.1680近辺から、反転上昇を考えながらの下目線。
日足でのレンジ相場も想定しています。

そのため上に向かっても、1.1800近辺までと想定中です。

米ドル円4時間足チャート

2020年10月17日米ドル円4時間足チャート

米ドルも円も買われている相場環境の為、米ドル円の動きは小さいです。
105.50から105.00の間を動いていた一週間です。

現状は更に狭いレンジになりそうですが、下目線重視でみています。

上方向に動いている間は様子見。
106.00までの間で売りのチャンスがあれば、最大でも20PIPS位を目標に細かくトレードします。

106.00を超えたら買いトレードも考慮。
105.00を下抜いたら下目線で様子見。
売るかどうかは勢い次第と考えています。

ユーロ円4時間足チャート

2020年10月17日ユーロ円4時間足チャート

上目線と想定していましたが、取引開始から下方向に動きました。
分かりやすかったので目線変更は用意でした。

現状は123.80から123.00の間のレンジ相場になりそう。
トライアングルになるかもしれない動きです。

トライアングルになったら、抜けた方向を追いかけます。

抜けてからは、123.80近辺では反転下降の売りチャンス待ち。
123.00近辺では、反転上昇からの買いチャンス待ち。

その後は123.80を超えたら上目線。
123.00を下抜いたら下目線。

現状では下方向優勢と考えています。

ポンドドル4時間足チャート

2020年10月17日ポンドドル4時間足チャート

今週も1.3000から1.2850の間を行ったり来たり。
先週の想定通り、1.2850近辺からの押し目買いで上手くトレードできました。

ポンド絡みで上手くいったのはいつ以来だったか…

現状では1.3000から1.2850のレンジが続き、レンジを抜けたらその方向に動き出す。
大雑把にこんな想定です。

本格的な考察は、EUとの貿易交渉の結果を見てからで良さそうです。

今後のトレード方針

ユーロドル、米ドル円、ユーロ円は下方向重視。
ポンドドルは週明けの動き待ち。

ブレグジット関連でも動きそうですが、米大統領選も迫ってきています。

今後は突発的な要人発言にも要注意です。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました