FOMC後も相場の流れは変わらず結局ドル売りは加速中です。

今週はFOMCがあったのですが、たいした影響は見られませんでした。

先週末からのドル売りが加速中。

取引終了前に米ドル円は急上昇しましたが、米ドルは弱いままです。

2020年7月27日から一週間のFX相場私的考察

米ドル売り相場になってます。
トレンドも発生していますので、考える事は少なくて済みました。

トレンド方向にエントリーして、損切り食ったら様子見の繰り返し。
一気に上昇している通貨ペアが多いので、押し目を計るのは1時間足以下で見ていました。

ユーロドル日足チャート

2020年8月1日ユーロドル日足チャート

米ドルが弱い相場環境のままでした。
1.1815は日足では機能せず、上昇を続けた一週間です。

1.190付近で止められました。
まずは、この後さらに下降するかの確認から。

日足での押し目になるようなら、少し深めになる事も考慮してます。
4時間足以下での押し目なら、来週早々から上昇も考えられます。

1.175がサポートになるようなら、一気に1.190突破の上昇も視野に。
ここを下抜くのなら、日足での押し目になると想定。

どちらであれ、4時間足で下降のダウになるまでは上目線キープ。

米ドル円日足チャート

2020年8月1日米ドル円日足チャート

下方向に動いていたんですが、金曜日だけで全戻し。
週足では実体の小さい、長い下ヒゲの陰線で終了しました。

下向きの勢いが優勢のようですが、この一気の戻しで何とも言えない状況です。

取引終了のレートは、レジスタンスになりそうな106.00付近です。
基本的には、ここからの売りで考えています。

週明けも上昇のままなら、しばらく様子見で。

ユーロ円日足チャート

2020年8月1日ユーロ円日足チャート

週初めはジリジリ下方向に、週後半で上昇して直近高値124.42を超えていきました。
日足でキレイに押し目を作ってからの上昇です。

週足での上昇のダウも成立しました。
来週からは、日足以下は上目線でいきたいと思います。

週足での上値の目安は126.80付近。
この近辺までの上昇はあると、頭に入れておきたいです。

取引終了間際の下降で、1時間足では押し目を作った感じです。
もう少し押すかもしれませんが、上昇に転じたら買いエントリーしていきます。

124.00を下回ったら、深い押し目になる可能性も。
その時は、1時間足で上昇のダウが成立するまで待ちます。

123.00を下抜いたら、日足での上昇のダウが終了。
目線の仕切り直しです。

ポンドドル日足チャート

2020年8月1日ポンドドル日足チャート

ポンドが強いですね。
先週の想定通り、1.2814ブレイクでエントリーできたんですが、100PIPSで利確しちゃいました。

押し目なしでここまで伸びるなんて、ポンドらしいっちゃぁ、らしいんですが・・・

結局上昇を続けて、直近高値の1.3200付近で止められて取引終了です。

1.3200が機能して押し目を作るのか。
ここも突破して、押し目なしの上昇を続けるか。

ブレイクでの買い、押し目からの買い。
1時間足のダウが下向きになるまでは買い一本。

今後のトレード方針

ドル買いのファンダメンタルズ要因がでない限り、しばらくはドル売り一択。

特にドルストレートでの買いメインでいきます。

米ドル円は、金曜日の戻り方が気になるので様子見から。
それでも目線は下向きでいます。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました