パワーをためているのか方向感なく動いている印象です

新型コロナのワクチン普及が進み、アメリカの経済回復への期待感が高まっています。

ですがワクチン接種率は思うように伸びていないようです。

インフレ懸念もあり、米ドルが強いのか弱いのか、何とも言えない相場環境です。

スポンサーリンク

2021年5月17日から一週間のFX相場私的考察

ユーロドル4時間足チャート

2021年5月23日ユーロドル4時間足チャート

上昇していき1.2240付近から反転下降。
1.2160付近から再上昇して、またしても1.2240付近から落下。

もう一度1.2160付近まで下降してから少し反発。
1.2180付近で取引終了になりました。

このまま落ちればダブルトップになり、再上昇してまた止められればトリプルトップの可能性もあります。

大きな流れは上方向に見ています。
ですが4時間足では、ひとつ前の流れでもダブルトップが形成されました。

ダブルトップ成立後、再び上昇して高値更新から今回のダブルトップ。
そろそろ下向きの流れが強くなるかもしれません。

すぐ上には昨年の最高値1.23089もあります。
上に行ったら反転売り、下に行ったらダブルトップ狙いの戻り売り。

今後は売りをメインに考えてみたいと思います。

買いでのトレードは、1.2050付近と1.2000付近での反転だけ狙います。

米ドル円4時間足チャート

2021年5月23日米ドル円4時間足チャート

少しずつ落ちていきましたが、109.00を中心に上下に動いている感じです。
108.60付近から反発して、109.00付近で取引終了しています。

109.30を超えて上昇なら押し目買い。
110.00付近では反転売り。
109.00以下なら、戻り売りのチャンスがあればトレード。

ザックリこんな感じで考えてます。

米ドル円は基本様子見で。

ユーロ円4時間足チャート

2021年5月23日ユーロ円4時間足チャート

100PIPS位を上下しています。
この動きで週足のローソク足は、上ヒゲのピンバーになってます。

週足での押し目がくるかもしれません。
それでも日足のダウが下向きになるまでは、トレードは買い優先で考えます。

高値切り下げしていますが、ここから上昇して高値更新なら上向きの流れ変わらず。
押し目買いのチャンスを待ちます。

下に向かっても131.00を下抜くまでは買いがメイン。
節目ラインでの反転待ちです。

ポンドドル4時間足チャート

2021年5月23日ポンドドル4時間足チャート

1.4220付近で2回上値を止められて、ダブルトップも見えてきました。
ここから下降が強くなれば、週足でもダブルトップが見えてきます。

4時間足ヘッドアンドショルダー成立からダブルトップになりそうな展開。
大きな流れは上方向ですが、下向きの流れに変わりそうな印象。

ユーロドルと同じようなチャート形状です。

週足での押し目を期待して、売りで検討していこうと思います。

上に動いたらトリプルトップ期待での反転売りも検討。
1.4100を下抜いたらダブルトップ期待の戻り売り。

1.4000付近だけは、ダブルトップ成立後の反転上昇を狙って買いも検討。
抜けたら週足ダブルトップ期待の戻り売り。

下向きになる確証はないので、日足のダウが下向きになるまでは売りは細かな利確で。

今後のトレード方針

ユーロドル、ポンドドルは売り。
米ドル円は基本様子見。
ユーロ円は買い。

米ドル買い方向を期待します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました