下値の堅かったユーロドルの来週はどっち|一週間のトレード成果

1時間足チャート2019年4月6日トレード

今週は下向きの流れがでていたユーロドル。一度は1.120を下抜いてきましたが、週の終わりには1.1215近辺まで戻しています。なかなか1.120は堅いようです。

スポンサーリンク

ユーロドル日足チャート

日足チャート2019年4月6日

1.120を下抜いて下ヒゲ陰線で終わった次の日のローソク足が、上ヒゲが付いてはいますが実体がそこそこある陽線が作られました。日足レベルでの戻りを期待していたのですが、その後は上ヒゲ陰線でほぼ横ばい状態で一週間が終わりました。

下降トレンドが作られるほど強い下方向の勢いはないが、上方向に戻していく強さもない状態が続いたようです。

細かくみれば安値と高値の切り上げが起きてはいますが明確な切り上げではありませんので、現状の日足では上下どちらの方向にもダウは形成されていないとみて良いと思います。

ユーロドル1時間足チャート

1時間足チャート2019年4月6日

1時間足では1.1215を中心としたレンジ相場にみえます。トレードチャンスとしてペナントブレイクがありました。

ペナント直前まで強い上昇でブレイクが下方向だったのでエントリーに迷いましたが、ペナントブレイクしたひとつ前の直近の安値を再度下方向にブレイクしたらエントリーする事にしました。

レンジの中心の1.1215近辺を利確ラインに設定して損切りラインを直近高値の少し上と設定しても、利益と損切りの割合がおおよそ2:1くらいになりそうなのでチャート図のようにIFO注文を入れておきました。

今回のようにチャートパターンがハマる時もあればダメな時もあります。 勝とうが負けようがエントリールールと資金管理を守っていれば資産は守る事ができます。

2019年4月1日から一週間のトレード成果

プラス  41PIPS
マイナス 0PIPS

トータル プラス 41PIPS

ペナントブレイクで20PIPS取れた後にレンジ相場なので再び上方向に動くと想定して、戻ってきたところを1.122で買いエントリーしてさらに21PIPSほど勝つ事ができました。

少し前にチョンボしてしまった分をほぼ取り返す事ができました。
損切りはきちんと入れておきましょう。

2019年4月8日以降のユーロドル考察

日足レベルでは来週も引き続き1.120を明確に下抜けていくのか、上方向に動いて戻りを作る、或いは1.150へ向かうレンジ相場の上昇局面に入るのか見極める必要がありそうです。

最低でも1時間足で下方向へのダウを作って1.120を下抜いていくまではレンジ相場と考えていく予定です。もし来週早々に一気に落ちていくような下降があったらエントリーは見送りします。

コメント

スポンサーリンク